カテゴリ

ポリシーがすでに適用されている場合、または提供される保護が、適用されたポリシーによってすでに達成されている場合、そのポリシーは使用できなくなったように見えます。リストをポリシーのカテゴリで絞り込むことができます。

  • コンプライアンス

  • セキュリティ

  • サービス品質

  • 変換

  • トラブルシューティング

カテゴリを選択した後、ポリシーにより達成される保護の種別でリストをさらに絞り込むことができます。

policy filters

ポリシーのカテゴリ

次の表に、提供ポリシーの名前、カテゴリ、およびポリシーにより達成される特性を示します。
各特性のポリシーを 1 つのみ適用できます。

ポリシー カテゴリ 達成されること

基本認証 - LDAP

セキュリティ

認証

基本認証 - シンプル

セキュリティ

認証

クライアント ID 適用

コンプライアンス

クライアント ID の要求

CORS

コンプライアンス

CORS-enabled

ヘッダーの挿入

変換

ヘッダーの挿入

ヘッダーの削除

変換

ヘッダーの削除

HTTP キャッシュ

サービス品質

HTTP キャッシュ

IP ブラックリスト

セキュリティ

IP の絞り込み

IP ホワイトリスト

セキュリティ

IP の絞り込み

JSON 脅威保護

セキュリティ

JSON 脅威の保護

メッセージログ

トラブルシューティング

メッセージログ

外部プロバイダを使用した OAuth 2.0 アクセストークンの適用ポリシー

セキュリティ

OAuth 2.0 の保護

OpenAM アクセストークン適用

セキュリティ

OAuth 2.0 の保護

PingFederate アクセストークン適用

セキュリティ

OAuth 2.0 の保護

レート制限

サービス品質

レートの制限

レート制限、SLA ベース

サービス品質

レートの制限、クライアント ID の要求

スパイク制御

サービス品質

調整、レート制限

XML 脅威保護

セキュリティ

XML 脅威の保護

Tokenization (トークナイゼーション)

セキュリティ

セキュリティ

デトークナイゼーション

セキュリティ

セキュリティ

JWT

セキュリティ

セキュリティ

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub