Exchange からのインポートによる API インスタンスの作成

Design Center または他のアプリケーションを使用して作成した API を管理するには、まずその API を Anypoint Exchange (Exchange) にインポートする必要があります。次に、API を API Manager にインポートし、API Manager から API バージョン、状況、他の情報を変更できます。変更を保存したら、API を CloudHUb または他のランタイムにデプロイします。

この手順を実行する前に、組織の Exchange 内の API へのアクセス権限があることを確認します。

Exchange からのインポートにより API インスタンスを作成する手順は、次のとおりです。

  1. API Manager で、​[Manage API (API を管理)]​ > ​[Manage API From Exchange (Exchange から API を管理)]​ を選択します。

    environment
  2. [API Name (API 参照名)]​ で、API 参照名の最初の数文字を入力し、検索アイコンをクリックします。

  3. Exchange で使用可能な API のリストから、管理する API を選択します。

    [Asset type (アセットタイプ)]​、​[API version (API バージョン)]​、および ​[Asset version (アセットバージョン)]​ 項目は自動的に入力されます。

    現在、OpenAPI 仕様 (OAS) 3.0 は API Manager でサポートされていません。API Manager を使用してこれを管理するには、API を RAML または OAS 2.0 に変換する必要があります。仕様を OAS 2.0 に変換する場合、APImatic などのサードパーティツールを使用する必要があります。
  4. [Managing Type (管理種別)]​ で、作成する API エンドポイントの種別を選択します。

    • Basic Endpoint (基本エンドポイント)

      API Manager 以外で API を作成し、ポリシーを適用する場合はこのオプションを使用します。それ以外の場合は API Manager を使用して API を管理します。たとえば、Mule Runtime を使用して API を作成する場合、プロキシは必要ありません。

    • Endpoint with Proxy (プロキシを使用したエンドポイント)

      API に追加のセキュリティを提供する場合、このオプションを使用します。

  5. 作成するエンドポイントの種別に基づいて、基本エンドポイントのアプリケーション種別、またはプロキシを使用したエンドポイントのプロキシデプロイメント対象を指定します。

  6. Mule 4 以降を使用して API を管理する場合は、​[Mule version (Mule バージョン)]​ チェックボックスをオンにします。 [Implementation URI (実装 URI)]​ で、API をホストするサイトの URL を入力して例を置き換えます。

    たとえば、Exchange の API アセットの URL を使用できます。この場合、API は JSONPlaceholder API をコンシュームするため、「​http://jsonplaceholder.typicode.com​」と入力します。

  7. プロキシを使用したエンドポイントを作成する場合、​[Path (パス)]​ 項目でプロキシエンドポイントのデフォルトパス ​/​ を受け入れるか、別のパスを入力します。

    たとえば、パスを ​/users​ に変更すると、実装 URI ​http://jsonplaceholder.typicode.com/users​ でサービスへの REST コールが実行されます。

  8. 必要に応じて、​[Advanced options (詳細オプション)]​ セクションを展開して、その他の詳細を指定します。

    • API の検証および API インスタンスの表示ラベルを指定します。

    • プロキシを使用したエンドポイントを作成する場合、スキーム (HTTP または HTTPS) とポートも指定するか、デフォルトを受け入れます。

    • 必要に応じて、応答タイムアウトを指定します。

    • プロキシデプロイメント対象として ​[Hybrid (ハイブリッド)]​ を選択した場合、​[Reference user domain (ユーザドメインを参照)]​ チェックボックスをオンにして、API ゲートウェイドメインを使用します。

      Mule 3.8 以降の API ゲートウェイドメインをインストールする必要があります。

  9. [Save (保存)]​ をクリックします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!