Exchange からのインポートによる API インスタンスの作成

この手順を実行するには、組織の Exchange の API へのアクセス権が必要です。たとえば、Design Center で、API を作成して Exchange にパブリッシュします。Exchange から管理できるように API を設定すると、API バージョン、状況などの情報が API Manager に表示されます。これがセットアップされると、API を設定して管理できます。

この手順には、API の設定が含まれます。設定を保存すると、API をデプロイできます。

  1. Anypoint Platform ナビゲーションバーで [API Manager] をクリックします。

    デフォルトの環境 (Sandbox など) で [API Administration (API 管理)] が開きます。

  2. [API Administration (API 管理)] で、[Manage API (API を管理)] > [Manage API From Exchange (Exchange から API を管理)] を選択します。

    environment
  3. [Manage API from Exchange (Exchange から API を管理)] - [API Configurations (API 設定)] で、オプションを設定します。

    • [API Name (API 参照名)] に、API 参照名の最初の文字を入力すると、API Manager が選択候補の API を表示します。Exchange で使用可能な API のリストから、管理する API を選択します。[API Version (API バージョン)] で、API のバージョンを選択します。[Asset Version (アセットバージョン)] で、Exchange アセットのバージョンを選択します。

      表示のための RAML/OAS 仕様へのリンクが表示されます。

    • [Managing Type (管理種別)] で、[Basic Endpoint (基本エンドポイント)] または [Endpoint with Proxy (プロキシを使用したエンドポイント)] を選択します。

      API Manager 以外で API を作成し、ポリシーを適用する場合は基本エンドポイントをセットアップします。それ以外の場合は API Manager を使用して API を管理します。たとえば、Mule Runtime を使用して API を作成する場合、プロキシは必要ありません。

    • [Implementation URI (実装 URI)] で、API をホストするサイトの URL を入力して例を置き換えます。

      たとえば、Exchange の API アセットの URL を使用できます。この場合、API は JSONPlaceholder API をコンシュームするため、「​http://jsonplaceholder.typicode.com​」と入力します。

    • [Endpoint With Proxy (プロキシを使用したエンドポイント)] を選択した場合、プロキシデプロイメント対象の CloudHub またはハイブリッドを選択します。

      ハイブリッドは、サーバを管理するための製品です。

      [Endpoint With Proxy (エンドポイントとプロキシ)] を選択する場合、さらにプロキシエンドポイントとしてデフォルトのパス ​/​ を受け入れるか、別のパスを入力します。たとえば、パスを ​/users​ に変更すると、実装 URI ​http://jsonplaceholder.typicode.com/users​ でサービスへの REST コールが実行されます。

  4. [Save (保存)] をクリックするか、必要に応じて [advanced options (詳細オプション)] を設定して保存します。

  5. [Advanced Options (詳細オプション)] で、必要に応じてインスタンスの表示ラベルを基本エンドポイントまたはプロキシに割り当てます。

    複数のインスタンスを作成する場合は、表示ラベルをユーザにわかりやすい名前にすることをお勧めします。

  6. 応答タイムアウトを設定します。

  7. [Endpoint With Proxy (エンドポイントとプロキシ)] を選択する場合、スキーム (HTTP または HTTPS) とポートも指定するか、デフォルトを受け入れます。

  8. プロキシデプロイメント対象として [Hybrid (ハイブリッド)] を選択した場合、[Reference User Domain (ユーザドメインを参照)] をオンにして API Gateway ドメインを使用します。

    Mule 3.8 以降の API Gateway ドメインをインストールする必要があります。

    [API Administration (API 管理)] ダッシュボードに API が表示されます。

    manage exchange end task

保存すると、デプロイメントオプションが表示されます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!