ワークフロー: API の作成、テスト、実装

このワークフローは、例を示すために http://jsonplaceholder.typicode.com の無料のオンライン REST サービス JSONPlaceholder を使用します。 JSONPlaceholder サービスは、JSON 形式のユーザ情報を提供します。自分で RAML API 仕様を設計し、RAML に基づいて Studio で APIkit プロジェクトを作成します。API コールをシミュレーションし、プロジェクトを Mule アプリケーションとして実装するロジックを追加します。リソースは /users と /userbyid です。/users リソースは、すべてのユーザ情報を取得します。/userbyid リソースは、特定のユーザの情報を取得します。

  1. Design Center で RAML API 仕様を設計します。

    または、Design Center の代わりにテキストエディタを使用して、RAML 仕様および連動する JSON サンプルファイルを作成できます。

  2. API 仕様をインポートして APIkit プロジェクトを開始します。

  3. APIkit プロジェクトを実行します

  4. API への API コールをシミュレーションしてテストします。

  5. API にビジネスロジックを追加します。

  6. API 実装をテストします

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub