CloudHub のデプロイメントパスの設定方法

リリースノートに記載されているように、APIkit では RAML 1.0 および 0.8 バージョンがサポートされています。APIkit プロジェクトは、オンサイトまたは CloudHub で実行できます。API をデプロイするリージョンに関係なく、CloudHub には一意のアプリケーション名が必要です。

アプリケーション名にリージョン名を追加して、一意性を確保します。次に例を示します。

test-customers-eu

test-customers-na

デフォルトでは、APIkit は各 API にベースパス /api を追加します。CloudHub にデプロイされる API の最終的な URL は、次のようになります。

http://test-customers.eu.cloudhub.io/api/customers

http://acceptance-customer.eu.cloudhub.io/api/customers

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub