HTTP コネクタの移行の概要 (Design Center)

Mule Runtime 4.0 以降の HTTP コネクタの以下の主要な変更は、移行に影響する可能性があります。

  • http:listener-config および http:request-config には内部接続要素が新規追加されています。

  • 要求のソースパラメータは HTTP 本文オプションに置き換えられ、Listener の応答とエラー応答に導入されます。

  • HTTP Listener および Request コンポーネントは属性を返します。この属性には以前のプロパティがすべて含まれます。

  • HTTP 解析は削除されました。DataWeave が特殊な MIME タイプを処理するようになりました。こうしたペイロードの読み取りと書き込みの両方に使用できます。

  • static-resource-handlerload-static-resource という名前に変更されました。

  • ソースの HTTP Listener および HTTP Request 属性にアクセスするために、次の DataWeave 構文で Mule Expression Language (MEL) 式が置き換えられ、過去のプロパティにアクセスできるようにします。

    #[attributes.<parameter>]

「HTTP コネクタ XML リファレンス」で Mule 3.x MEL 式と Mule 4.0 DataWeave 式がマップされています。

Mule Runtime 4.0 で次の構成要素が削除されました。

  • 要求ビルダー http:request-builder と応答ビルダー http:response-builder

  • ワーカースレッドプロファイル

ビルダーは、要求、応答、エラー応答に置き換えられました。DataWeave 式を使用することで、パラメータを作成する必要がなくなりました。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub