MongoDB コネクタリファレンス

MongoDB はスキーマを使用しない高パフォーマンス、ドキュメント指向のオープンソースデータベースで、BSON ドキュメントのコレクションを管理します。

設定


設定

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

この設定に指定できる接続型。

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

動的設定インスタンスがアイドル状態になってからランタイムで失効の対象とみなされるまでの最短時間を設定します。これは、対象になった瞬間にプラットフォームでインスタンスの有効期限が切れるという意味ではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、インスタンスが実際にパージされます。

Enable Metadata (メタデータの有効化)

Boolean (ブール)

collectionMetadataSamples: ドキュメントパラメータの結合に基づいてメタデータを構築するテンプレートを格納します。Key (String): コレクション名。List: 特定のコレクションの ObjectIDs ドキュメントのリスト。

true

Collection Metadata samples (コレクションメタデータのサンプル)

Object (オブジェクト)

接続種別

Connection (接続)
パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Servers (host:port) (サーバ (host:port))

String (文字列)

host:port 形式の MongoDB インスタンスのカンマ区切りのリスト。

 例: 127.0.0.1:27017, 192.168.1.2:27017 

localhost:27017

Connections Per Host (ホストあたりの接続数)

Number (数値)

ホストあたりの接続許容数 (プールサイズ、ホストあたり)

100

Threads Allowed To Block For Connection Multiplier (接続のブロックが許容されるスレッドの乗数)

Number (数値)

ブロック可能なスレッド数に対する connectionsPerHost の乗数。

5

Max Wait Time (最大待機時間)

Number (数値)

プールからの接続のスレッドをブロックするまでの最大待機時間 (ミリ秒単位)。

120000

Connect Timeout (接続タイムアウト)

Number (数値)

接続タイムアウト (ミリ秒単位)。ソケット接続 (オープン) の確立に使用します。デフォルトは 0 (無限) です。

30000

Socket Timeout (ソケットタイムアウト)

Number (数値)

ソケットのタイムアウト。デフォルトは 0 (無限) です。

0

Username (ユーザ名)

String (文字列)

Password (パスワード)

String (文字列)

認証に使用するパスワード。パスワードが null または空白のみの場合は、コネクタが認証を使用せず、ユーザ名も空にする必要があります。

Database (データベース)

String (文字列)

SSL

Boolean (ブール)

SSL 接続の有効化に使用します。デフォルトでは無効になっています。

false

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連付けられている再接続戦略の限界に達する前にパスしなければ、デプロイに失敗します。

接続文字列
パラメータ
名前 説明 デフォルト値 必須

Connection URI (接続 URI)

String (文字列)

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされると、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連付けられている再接続戦略の限界に達する前にパスしなければ、デプロイに失敗します。

操作

Add User

<mongo:add-user>

データベースに新しいユーザを追加します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Username (ユーザ名)

String (文字列)

ユーザの名前。

x

Password (パスワード)

String (文字列)

認証に使用するパスワード

x

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Count Documents

<mongo:count-documents>

指定したクエリに一致するドキュメント数をカウントします。クエリが渡されなかった場合は、コレクション内の要素数を返します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

対象コレクション。

x

Condition Query (条件クエリ)

Binary (バイナリ)

ドキュメントをカウントするための省略可能な文字列クエリ。条件に一致するドキュメントのみがカウントされます。指定されていない場合は、すべてのドキュメントがカウントされます。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Type (型)

Number (数値)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Create Collection

<mongo:create-collection>

新しいコレクションを作成します。コレクションがすでに存在する場合は、MongoException が表示されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

作成するコレクションの名前。

x

Capped (上限あり)

Boolean (ブール)

コレクションに上限を設定するかどうか。

false

Max Objects (最大オブジェクト数)

Number (数値)

新しいコレクションに含めることができるドキュメントの最大数。

Collection Size (コレクションサイズ)

Number (数値)

新しいコレクションの最大サイズ。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Create File From Payload

<mongo:create-file-from-payload>

データベースに新しい MuleGridFSFile を作成し、その content、filename、contentType、extraData を保存して回答します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Content (コンテンツ)

Binary (バイナリ)

新しい gridfs ファイルの必須コンテンツ。java.io.File、byte[]、InputStream のいずれかにできます。

#[payload]

Filename (ファイル名)

String (文字列)

新しいファイルの名前 (必須)。

x

Metadata (メタデータ)

Binary (バイナリ)

新しいコンテンツタイプの省略可能な文字列メタデータ

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Object (オブジェクト)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Create Index

<mongo:create-index>

新しいインデックスを作成します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

インデックスを作成するコレクションの名前。

x

Field Name (項目名)

String (文字列)

インデックスを付ける項目の名前。

x

Order (順序)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ASC

  • DESC

インデックスを付ける順序。

ASC

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Drop Collection

<mongo:drop-collection>

コレクションとそのコレクションに含まれるすべてのオブジェクトを削除します。コレクションが存在しない場合は何も行われません。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

削除するコレクションの名前。

x

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Drop Database

<mongo:drop-database>

現在のデータベースを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Drop Index

<mongo:drop-index>

既存のインデックスを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

インデックスのあるコレクションの名前。

x

Index Name (インデックス名)

String (文字列)

削除するインデックスの名前。

x

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Dump

<mongo:dump>

指定した出力ディレクトリへのデータベースのダンプを実行します。出力ディレクトリが指定されていない場合は、デフォルトの /dump ディレクトリが使用されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Output Directory (出力ディレクトリ)

String (文字列)

出力ディレクトリへのパス。出力ディレクトリが指定されていない場合は、デフォルトの /dump ディレクトリが出力ディレクトリとみなされます。

dump

Output Name (出力名)

String (文字列)

出力ファイル名。指定されていない場合は、データベース名が使用されます。

Zip (圧縮)

Boolean (ブール)

作成されたダンプファイルを圧縮するかどうか。

false

Oplog

Boolean (ブール)

バックアップする時点 (oplog が必要)。

false

Threads (スレッド数)

Number (数値)

ダンプを実行するスレッド数。

5

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Execute Command

<mongo:execute-command>

データベースでコマンドを実行します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Command Name (コマンド名)

String (文字列)

データベースで実行するコマンド。

x

Command Value (コマンド値)

String (文字列)

コマンドの値。

x

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Exists Collection

<mongo:exists-collection>

名前を指定して、コレクションが存在するかどうかを回答します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

コレクションの名前。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Type (型)

Boolean (ブール)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Find Documents

<mongo:find-documents>

指定したクエリに一致するすべてのドキュメントを検索します。クエリが指定されていない場合は、コレクションのすべてのドキュメントを取得します。項目オブジェクトが指定されていない場合は、すべての項目を取得します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

対象コレクション。

x

Condition Query (条件クエリ)

Binary (バイナリ)

省略可能な文字列クエリドキュメント。指定されていない場合は、すべてのドキュメントが返されます。

#[payload]

Fields (項目)

Array of String (文字列の配列)

項目をリテラルリストとして渡す代替法。

Num To Skip (スキップ数)

Number (数値)

ドキュメントのスキップ数 (オフセット)。

Result Limit (結果の制限)

Number (数値)

返されるドキュメントの制限。

Sort By (並び替え基準)

Binary (バイナリ)

結果の並び替えに使用する文字列を示します。

Return Id (ID を返す)

Boolean (ブール)

応答で ID を返すかどうかを示すブール値。

true

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Find Files

<mongo:find-files>

+ 指定したクエリに一致するすべてのファイルをリストします。+

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Find Query (検索クエリ)

Binary (バイナリ)

文字列クエリ。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Array of Object (オブジェクトの配列)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Find One And Update Document

<mongo:find-one-and-update-document>

指定したクエリに一致する最初のドキュメントを検索して更新します。returnNew = true の場合、元のドキュメントではなく更新されたドキュメントが返されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

対象コレクション。

x

Find Query (検索クエリ)

Binary (バイナリ)

返されたオブジェクトと一致する文字列クエリ。

Content To Update (更新するコンテンツ)

Binary (バイナリ)

クエリに一致するオブジェクトと置換する必須の文字列オブジェクト。

x

Fields (項目)

Array of String (文字列の配列)

項目をリテラルリストとして渡す代替法。

Return New Document (新規ドキュメントを返す)

Boolean (ブール)

返される org.bson.Document を、元のドキュメントではなく、更新されたドキュメントにするかどうかを指定するフラグ。デフォルトは false で、変更前のドキュメントが返されます。

false

Sort By (並び替え基準)

Binary (バイナリ)

結果の並び替えに使用する文字列を示します。

Remove (削除)

Boolean (ブール)

クエリ項目に指定した内容を削除します。デフォルトは false です。

false

Upsert (更新/挿入)

Boolean (ブール)

データベースに要素が存在しない場合に作成するかどうか。

false

Bypass Document Validation (ドキュメント検証のスキップ)

Boolean (ブール)

検証要件を満たしていないドキュメントを更新できます。デフォルトは false です。

false

Return Id (ID を返す)

Boolean (ブール)

応答で ID を返すかどうかを示すブール値。

false

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Find One Document

<mongo:find-one-document>

指定したクエリに一致する最初のドキュメントを検索します。指定したクエリに一致するドキュメントがない場合は、MongoException を表示します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

対象コレクション。

x

Find Query (検索クエリ)

Binary (バイナリ)

返されたオブジェクトと一致する必須の文字列クエリドキュメント。

#[payload]

Fields (項目)

Array of String (文字列の配列)

項目をリテラルリストとして渡す代替法。

Fail On Not Found (見つからなかった場合は失敗)

Boolean (ブール)

オブジェクトが見つからなかった場合に例外を表示するかどうかを指定するフラグ。後方互換性のデフォルト値は true です。

true

Return Id (ID を返す)

Boolean (ブール)

応答で ID を返すかどうかを示すブール値。

true

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Find One File

<mongo:find-one-file>

指定したクエリに一致する最初のファイルを回答します。どのオブジェクトも一致しない場合は、MongoException が表示されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Find Query (検索クエリ)

Binary (バイナリ)

必須の文字列クエリ

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Object (オブジェクト)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Get File Content

<mongo:get-file-content>

指定したクエリに一致する最初のファイルの内容に対する InputStream を回答します。どのオブジェクトも一致しない場合は、MongoException が表示されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

File Id (ファイル ID)

削除するファイルの MuleBsonObjectId。

#[payload]

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Incremental Dump

<mongo:incremental-dump>

データベースの増分ダンプを実行します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Output Directory (出力ディレクトリ)

String (文字列)

出力ディレクトリへのパス。出力ディレクトリが指定されていない場合は、デフォルトの /dump ディレクトリが出力ディレクトリとみなされます。

dump

Incremental Timestamp File (増分タイムスタンプファイル)

String (文字列)

最後に処理されたタイムスタンプを追跡するファイル。ファイルが提供されていない場合は、出力ディレクトリに作成されます。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Insert Document

<mongo:insert-document>

ドキュメントをコレクションに挿入し、必要に応じてその ID を設定します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

指定したドキュメントを挿入するコレクションの名前。

x

Document (ドキュメント)

Binary (バイナリ)

文字列インスタンス。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

String (文字列)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Insert Documents

<mongo:insert-documents>

ドキュメントのリストをコレクションに挿入し、必要に応じてその ID を設定します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

指定したドキュメントを挿入するコレクションの名前。

x

Document (ドキュメント)

Binary (バイナリ)

文字列の java.util.List。

#[payload]

Write Ordered (Write の順序付け)

Boolean (ブール)

Write 操作のリストに順序が付けられているかどうかを示します。デフォルトでは、いずれかの Write 操作の処理時にエラーが生じた場合、MongoDB がリストの残りの Write 操作を処理せずにエラーを返します。

false

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

List Collections

<mongo:list-collections>

このデータベースで使用可能なコレクションの名前をリストします。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

ファイルのリストの作成

<mongo:list-files>

指定したクエリに一致するすべてのファイルをリストし、ファイル名順に並び替えます。クエリが指定されていない場合は、すべてのファイルがリストされます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Find Query (検索クエリ)

Binary (バイナリ)

省略可能な文字列クエリ。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Array of Object (オブジェクトの配列)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

List Indices

<mongo:list-indices>

コレクションの既存のインデックスをリストします。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

コレクションの名前。

x

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Map Reduce Objects

<mongo:map-reduce-objects>

付属の要素マッピング関数を各要素に適用して、コレクションを集約グループのコレクションに変換します。この関数は、各要素をキー-値のペアに変換し、変換後のペアをキー別にグループ化して、最終的に付属の 'reduce' 関数を適用して各グループの値を減らします。付属の各関数は JavaScript でコーディングされています。こうした関数の正しい記述方法が明白でないことがあるため、記述する場合は MongoDB ドキュメントを参照してください。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

マップして減らすコレクションの名前。

x

Mapping Function (マッピング関数)

String (文字列)

JavaScript でエンコードしたマッピング関数。

x

Reduce Function (縮約関数)

String (文字列)

JavaScript でエンコードした縮約関数。

x

Output Collection (出力コレクション)

String (文字列)

結果を書き込む出力コレクションの名前。以前のコレクションがあれば置換されます。結果が 16MB を超える可能性がある場合は必須です。outputCollection が指定されていない場合は、演算がメモリ内で行われ、保持されません。

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Remove Documents

<mongo:remove-documents>

指定した省略可能なクエリに一致するすべてのドキュメントを削除します。クエリが指定されていない場合は、すべてのドキュメントが削除されます。ただし、通常はこの操作のほうが、コレクションを削除してそのインデックスとともに作成し直すよりもパフォーマンスが劣ります。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

要素を削除するコレクション。

x

Find Query (検索クエリ)

Binary (バイナリ)

省略可能な文字列クエリオブジェクト。一致するドキュメントが削除されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Remove Files

<mongo:remove-files>

指定したファイル ID に一致するファイルを削除します。ファイル ID が指定されていない場合は、すべてのファイルを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

File Id (ファイル ID)

削除するファイルの MuleBsonObjectId。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Restore

<mongo:restore>

ダンプから出力を取り出して復元します。復元時にインデックスが作成されます。復元するデータを挿入するだけで、既存のデータがある場合に置換することはありません。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Input Path (入力パス)

String (文字列)

ダンプファイルへの入力パス。ディレクトリ、zip ファイル、単なる bson ファイルのいずれかになります。

dump

Drop Collection (コレクションの削除)

Boolean (ブール)

復元する前に既存のコレクションを削除するかどうか。

false

Oplog Replay (oplog の再生)

Boolean (ブール)

復元の時点で oplog を再生します。

false

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Save Document

<mongo:save-document>

object_id に基づいてドキュメントを挿入または更新します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

オブジェクトを挿入するコレクション。

x

Document (ドキュメント)

Binary (バイナリ)

挿入する必須の文字列ドキュメント。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Update Documents

<mongo:update-documents>

指定したクエリに一致するドキュメントを更新します。クエリが指定されていない場合は、すべてのドキュメントが取得されます。multi パラメータが false に設定されている場合は、クエリに一致する最初のドキュメントのみが更新されます。それ以外の場合は、クエリに一致するすべてのドキュメントが更新されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

更新するコレクションの名前。

x

Find Query (検索クエリ)

Binary (バイナリ)

更新する要素の検出に使用する文字列クエリオブジェクト。

Content To Update (更新するコンテンツ)

Binary (バイナリ)

クエリに一致するオブジェクトを置換する必須の文字列オブジェクト。

x

Multiple Update (複数の更新)

Boolean (ブール)

クエリに一致するすべてのドキュメントを更新するか、最初のドキュメントのみを更新するか。

true

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Update Documents By Function

<mongo:update-documents-by-function>

mongo 関数を使用してドキュメントを更新します。クエリが指定されていない場合は、すべてのドキュメントが取得されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

更新するコレクションの名前。

x

Function (関数)

String (文字列)

更新の実行に使用する関数。

x

Find Query (検索クエリ)

Binary (バイナリ)

更新する要素の検出に使用する文字列クエリドキュメント。

Content To Update (更新するコンテンツ)

Binary (バイナリ)

クエリに一致したオブジェクトと置換する必須の文字列ドキュメント。

x

Upsert (更新/挿入)

Boolean (ブール)

データベースに要素が存在しない場合にデータベースで作成するかどうか。

false

Multiple Update (複数の更新)

Boolean (ブール)

クエリに一致するすべてのドキュメントを更新するか、最初のドキュメントのみを更新するか。

true

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Update Documents By Functions

<mongo:update-documents-by-functions>

1 つ以上の ongo 関数を使用してドキュメントを更新します。クエリが指定されていない場合は、すべてのドキュメントが取得されます。重複する演算子がある場合、最後の演算子のみが実行されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Collection Name (コレクション名)

String (文字列)

更新するコレクションの名前。

x

Find Query (検索クエリ)

Binary (バイナリ)

更新する要素の検出に使用する文字列クエリドキュメント。

Functions (関数)

Binary (バイナリ)

更新の実行に使用する関数の文字列 (例: <$set,{"key":123}>)。

x

Upsert (更新/挿入)

Boolean (ブール)

データベースに要素が存在しない場合に作成するかどうか。

false

Multiple Update (複数の更新)

Boolean (ブール)

クエリに一致するすべてのドキュメントを更新するか、最初のドキュメントのみを更新するか。

true

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

反復可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力が保存される変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価される式で、その式の結果は対象変数に保存されます。+

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラー時の再試行戦略。

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

スロー

  • MONGO:WRITE_CONCERN

  • MONGO:RETRY_EXHAUSTED

  • MONGO:UNKNOWN

  • MONGO:SERVER_ERROR

  • MONGO:BULK_WRITE

  • MONGO:IO_EXCEPTION

  • MONGO:SOCKET_READ_ERROR

  • MONGO:WRITE

  • MONGO:CLIENT_EXCEPTION

  • MONGO:QUERY_ERROR

  • MONGO:NODE_IS_RECOVERING

  • MONGO:MONGO_GRID_FS

  • MONGO:INVALID_CREDENTIALS

  • MONGO:EXECUTION_TIMEOUT

  • MONGO:SOCKET

  • MONGO:COMMAND_ERROR

  • MONGO:MongoExecution

  • MONGO:SOCKET_CLOSED

  • MONGO:SECURITY

  • MONGO:WAIT_QUEUE_FULL

  • MONGO:CURSOR_NOT_FOUND

  • MONGO:SOCKET_OPEN

  • MONGO:INTERNAL_EXCEPTION

  • MONGO:INTERRUPTED

  • MONGO:SOCKET_WRITE_ERROR

  • MONGO:CONNECTIVITY

  • MONGO:NOT_PRIMARY

  • MONGO:TIMEOUT

  • MONGO:DUPLICATE_KEY

  • MONGO:INCOMPATIBLE_DRIVER

  • MONGO:SOCKET_READ_TIMEOUT

  • MONGO:MAPPING_EXCEPTION

  • MONGO:ILLEGAL_ARGUMENT

Reconnection (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Fails Deployment (デプロイに失敗)

Boolean

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

使用する再接続戦略。

Reconnect (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続する頻度 (ミリ秒)。

Count (カウント)

Number (数値)

再接続の試行回数。

Reconnect Forever (繰り返し再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続する頻度 (ミリ秒)。

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

Repeatable In Memory Stream (反復可能なメモリ内ストリーム)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

これは、ストリームを消費し、ストリームへのランダムアクセスを提供する目的で割り当てられるメモリの容量です。ストリームに含まれているデータがこのバッファに適合できる量を超えている場合、bufferSizeIncrement 属性に従って拡張され、上限は maxInMemorySize となります。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

バッファサイズが初期サイズを超えた場合に、どれくらい拡張されるか。0 以下の値を設定すると、バッファは拡張されません。つまり、バッファがいっぱいになると STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これより大きい値が使用されると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

これらのすべての属性の単位。

Repeatable File Store Stream (反復可能なファイルストアストリーム)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

データをメモリ内に保持するためにストリームで使用する最大メモリを定義します。これを超えると、ディスクへのコンテンツのバッファが開始されます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Mule BSON オブジェクト ID

項目 説明 デフォルト値 必須

Value (値)

オブジェクト ID

項目 説明 デフォルト値 必須

Counter (カウンタ)

Number (数値)

Date (日付)

Date (日付)

Machine Identifier (マシン識別子)

Number (数値)

Process Identifier (プロセス識別子)

Number (数値)

Time (時間)

Number (数値)

Time Second (時間 (秒))

Number (数値)

Timestamp (タイムスタンプ)

Number (数値)

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub