Microsoft Service Bus コネクタリファレンス

Service Bus コネクタ。

設定


設定

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

この設定に指定できる接続種別。

x

Encoding (エンコード)

String (文字列)

メッセージにエンコードが指定されていない場合に使用されるメッセージ本文のデフォルトのエンコード。

Content Type (コンテンツタイプ)

String (文字列)

メッセージにコンテンツタイプが指定されていない場合に使用されるメッセージ本文のデフォルトの contentType。

/

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。これは、インスタンスが有効期限の対象となった瞬間にプラットフォームでそのインスタンスが期限切れになるということではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、インスタンスが実際にパージされます。

Ack Mode (肯定応答モード)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • IMMEDIATE (即時)

  • AUTO (自動)

  • MANUAL (手動)

  • DUPS_OK (重複 OK)

メッセージをコンシュームするときに使用する org.mule.jms.commons.api.config.ConsumerAckMode。メッセージソースレベルで上書きできます。transactionType が LOCAL (ローカル) または MULTI (マルチ) の場合、この属性は IMMEDIATE (即時) である必要があります。

AUTO (自動)

Consumer Type (コンシューマ種別)

メッセージをコンシュームするときにデフォルトで使用される ConsumerType。メッセージソースレベルで上書きできます。

Selector (セレクタ)

String (文字列)

メッセージをコンシュームするときに絞り込みに使用されるデフォルトのセレクタ。メッセージソースレベルで上書きできます。

Persistent Delivery (永続的な配信)

Boolean (ブール)

Message#getJMSDeliveryMode のデフォルト値を設定します。true の場合、DeliveryMode#PERSISTENT モードが使用されます。これにより、JMS プロバイダで障害が発生してもメッセージが送信中に失われないように格別の注意を払うことが JMS プロバイダに指示されます。

false

Priority (優先度)

Number (数値)

メッセージを送信するときに使用するデフォルトの Message#getJMSPriority を定義します。

4

Time To Live (存続期間)

Number (数値)

有効期限が切れて破棄されるまでメッセージがブローカーに残るデフォルトの時間を定義します。

0

Time To Live Unit (存続期間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)
 MICROSECONDS (マイクロ秒)
 MILLISECONDS (ミリ秒)
 SECONDS (秒)
 MINUTES (分)
 HOURS (時)
 DAYS (日)

#timeToLive 属性に使用できる TimeUnit。デフォルトは MILLISECONDS (ミリ秒) です。

MILLISECONDS (ミリ秒)

Disable Message Id (メッセージ ID の無効化)

Boolean (ブール)

ブローカーでの Message#getJMSMessageID 生成を無効にするために、メッセージを生成するときに使用するデフォルト値を定義します。プロバイダによっては、効果がある場合とない場合があります。

false

Disable Message Timstamp (メッセージタイムスタンプの無効化)

Boolean (ブール)

ブローカーでの Message#getJMSTimestamp 生成を無効にするために、メッセージを生成するときに使用するデフォルト値を定義します。プロバイダによっては、効果がある場合とない場合があります。

false

Delivery Delay (配信遅延)

Number (数値)

メッセージ配信の遅延時間を判断するために使用されます。送信方法で指定された deliveryDelay 値をメッセージが送信された時間に加算して計算されます。JMS_2_0 でのみ使用されます。

Delivery Delay Unit (配信遅延単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

#deliveryDelay 属性に使用できる TimeUnit。デフォルトは MILLISECONDS (ミリ秒) です。

MILLISECONDS (ミリ秒)

Jms Type (JMS 種別)

String (文字列)

メッセージが送信されるときにクライアントによって指定されるメッセージの JMSType 識別子。

接続種別

Shared Access Signature (共有アクセス署名)

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Skip connectivity test (接続性テストをスキップ)

Boolean (ブール)

(省略可能) コネクタのスタートアップ時の接続テストをスキップします (アクセスポリシーが制限されている場合に使用)。

false

Max Connections (最大接続数)

Number (数値)

プロデューサが再利用できるようにプール内で保持する接続の最大数。-1 に設定すると、毎回新しい接続が作成されます。

-1

Caching Strategy (キャッシュ戦略)

次のいずれかになります。

セッションと接続のキャッシュに使用される戦略。

Service Namespace (サービス名前空間)

String (文字列)

x

Storage Account Name (ストレージアカウント名)

String (文字列)

(省略可能) 大きなメッセージの保存に使用される Blob ストレージのアカウント名。

Storage Access Key (ストレージアクセスキー)

String (文字列)

(省略可能) 大きなメッセージの保存に使用される Blob ストレージのアカウントキー。

Container Name (コンテナ名)

String (文字列)

(省略可能) 大きなメッセージの保存に使用される Blob ストレージのコンテナ名。このパラメータを指定しないと、デフォルトのコンテナが作成されます。

Shared Access Signature (共有アクセス署名)

String (文字列)

SAS tokens provider (SAS トークンプロバイダ)

SharedAccessSignatureProvider

必要時に SAS トークンを提供するプロバイダインスタンス。

SAS tokens list (SAS トークンリスト)

Array of String (文字列の配列)

必要時に使用される SAS トークンのリスト。

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

ユーザ名パスワード

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Skip connectivity test (接続性テストをスキップ)

Boolean (ブール)

(省略可能) コネクタのスタートアップ時の接続テストをスキップします (アクセスポリシーが制限されている場合に使用)。

false

Max Connections (最大接続数)

Number (数値)

プロデューサが再利用できるようにプール内で保持する接続の最大数。-1 に設定すると、毎回新しい接続が作成されます。

-1

Caching Strategy (キャッシュ戦略)

次のいずれかになります。

セッションと接続のキャッシュに使用される戦略。

Service Namespace (サービス名前空間)

String (文字列)

x

Storage Account Name (ストレージアカウント名)

String (文字列)

(省略可能) 大きなメッセージの保存に使用される Blob ストレージのアカウント名。

Storage Access Key (ストレージアクセスキー)

String (文字列)

(省略可能) 大きなメッセージの保存に使用される Blob ストレージのアカウントキー。

Container Name (コンテナ名)

String (文字列)

(省略可能) 大きなメッセージの保存に使用される Blob ストレージのコンテナ名。このパラメータを指定しないと、デフォルトのコンテナが作成されます。

Shared Access Key Name (共有アクセスキー名)

String (文字列)

x

Shared Access Key (共有アクセスキー)

String (文字列)

x

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Windows

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Skip connectivity test (接続性テストをスキップ)

Boolean (ブール)

(省略可能) コネクタのスタートアップ時の接続テストをスキップします (アクセスポリシーが制限されている場合に使用)。

false

Max Connections (最大接続数)

Number (数値)

プロデューサが再利用できるようにプール内で保持する接続の最大数。-1 に設定すると、毎回新しい接続が作成されます。

-1

Caching Strategy (キャッシュ戦略)

次のいずれかになります。

セッションと接続のキャッシュに使用される戦略。

Service Namespace (サービス名前空間)

String (文字列)

x

Username (ユーザ名)

String (文字列)

x

Password (パスワード)

String (文字列)

x

Fully Qualified Domain Name (完全修飾ドメイン名)

String (文字列)

x

Port (ポート)

String (文字列)

9355

Disable SSL certificate validation (SSL 証明書検証の無効化)

Boolean (ブール)

false

Reconnection (再接続)

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

関連付けられたソース

操作

Ack

<servicebus:ack>

JmsAckMode#MANUAL モードが選択されている場合、ユーザはメッセージのコンシューム中に ACK を実行できます。JMS 仕様に従い、単一のメッセージに対する肯定応答は自動的に同じ JmsSession で生成されるすべてのメッセージの肯定応答として機能します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Ack Id (肯定応答 ID)

String (文字列)

肯定応答するメッセージの AckId。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Queue Create

<servicebus:queue-create>

Service Bus インスタンスにキューを作成します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Path (キューパス)

String (文字列)

キューの名前。

x

Queue Description (キューの説明)

作成されるキューのプロパティの目的の値を含む InternalQueueDescription オブジェクト。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Queue Delete

<servicebus:queue-delete>

Service Bus インスタンスの指定されたキューを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Path (キューパス)

String (文字列)

キューの名前。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Queue Get

<servicebus:queue-get>

Service Bus インスタンスから指定されたキューを取得します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Path (キューパス)

String (文字列)

キューの名前。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Queue Send

<servicebus:queue-send>

キューにメッセージを送信します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Destination Queue (宛先キュー)

String (文字列)

キューの名前。

x

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

  • NOT_SUPPORTED

トランザクションアクションの種別。

NOT_SUPPORTED

Send Correlation Id (送信相関 ID)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • AUTO (自動)

  • ALWAYS (常時)

  • NEVER (指定しない)

操作の相関戦略 ID。

AUTO (自動)

Body (本文)

Any (任意)

メッセージの本文。

#[payload]

JMS Type (JMS 種別)

String (文字列)

メッセージの JMSType 識別子ヘッダー。

Correlation ID (相関 ID)

String (文字列)

メッセージの JMSCorrelationID ヘッダー。

Send Content Type (コンテンツタイプの送信)

Boolean (ブール)

本文のコンテンツタイプをプロパティとして送信するかどうか。

true

Content Type (コンテンツ種別)

String (文字列)

メッセージ本文のコンテンツ種別

Send Encoding (エンコードの送信)

Boolean (ブール)

本文の outboundEncoding をメッセージプロパティとして送信するかどうか

true

Encoding (エンコード)

String (文字列)

メッセージ本文のエンコード。

Reply To (返信先)

このメッセージへの返信を送信する宛先。

User Properties (ユーザプロパティ)

Object (オブジェクト)

このメッセージに設定されるカスタムユーザプロパティ。

JMSX Properties (JMSX プロパティ)

このメッセージに設定される JMSX プロパティ。

Persistent Delivery (永続的な配信)

Boolean (ブール)

true の場合、メッセージは PERSISTENT JMSDeliveryMode を使用して送信されます。

Priority (優先度)

Number (数値)

メッセージを送信するときに使用されるデフォルトの JMSPriority 値。

Time To Live (存続期間)

Number (数値)

有効期限が切れて破棄されるまでメッセージがブローカーに残るデフォルトの時間を定義します

Time To Live Unit (存続期間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

timeToLive 属性に使用する時間単位。

Disable Message Id (メッセージ ID の無効化)

Boolean (ブール)

true の場合、MessageID を生成しないようにメッセージにフラグが付けられます。

Disable Message Timestamp (メッセージタイムスタンプの無効化)

Boolean (ブール)

true の場合、送信タイムスタンプを生成しないようにメッセージにフラグが付けられます。

Delivery Delay (配信遅延)

Number (数値)

JMS 2.0 のみで使用: メッセージの配信を延期するために適用される配信遅延を設定します。

Delivery Delay Unit (配信遅延単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

deliveryDelay 属性に使用する時間単位。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Queue Update

<servicebus:queue-update>

Service Bus インスタンスの指定されたキューを更新します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Queue Path (キューパス)

String (文字列)

キューの名前。

x

Queue Description (キューの説明)

更新されるキューのプロパティの目的の値を含む InternalQueueDescription オブジェクト。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Queues

<servicebus:queues>

Service Bus インスタンスから既存のすべてのキューを取得します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Recover Session

<servicebus:recover-session>

JmsAckMode#MANUAL モードが選択されている場合、ユーザはメッセージのコンシューム中にセッションの回復を実行できます。JMS 仕様の定義により、セッションリカバリを実行すると、そのリカバリ以前にコンシュームされていて肯定応答されていなかったすべてのメッセージが再配信されます。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Ack Id (肯定応答 ID)

String (文字列)

回復するメッセージセッションの AckId。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Rule Create

<servicebus:rule-create>

指定されたトピックとサブスクリプションにルールを作成します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Rule Path (ルールパス)

String (文字列)

ルールの名前。

x

Rule Description (ルールの説明)

作成されるルールのプロパティの目的の値を含む InternalRuleDescription オブジェクト。

#[payload]

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

x

Subscription Path (サブスクリプションパス)

String (文字列)

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Rule Delete

<servicebus:rule-delete>

指定されたトピックとサブスクリプションから指定されたルールを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

x

Subscription Path (サブスクリプションパス)

String (文字列)

x

Rule Path (ルールパス)

String (文字列)

x

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Rule Get

<servicebus:rule-get>

指定されたトピックとサブスクリプションから指定されたルールを取得します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

x

Subscription Path (サブスクリプションパス)

String (文字列)

x

Rule Path (ルールパス)

String (文字列)

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Rule Update

<servicebus:rule-update>

指定されたトピックとサブスクリプションの指定されたルールを更新します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Rule Description (ルールの説明)

更新されるルールのプロパティの目的の値を含む InternalRuleDescription オブジェクト。

#[payload]

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

x

Subscription Path (サブスクリプションパス)

String (文字列)

x

Rule Path (ルールパス)

String (文字列)

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Rules

<servicebus:rules>

指定されたトピックとサブスクリプションからすべてのルールを取得します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

x

Subscription Path (サブスクリプションパス)

String (文字列)

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Subscription Create

<servicebus:subscription-create>

指定されたトピックにサブスクリプションを作成します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

トピックの名前。

x

Subscription Path (サブスクリプションパス)

String (文字列)

サブスクリプションの名前。

x

Subscriptione Description (サブスクリプションの説明)

作成されるサブスクリプションのプロパティの目的の値を含む InternalSubscriptionDescription オブジェクト。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Subscription Delete

<servicebus:subscription-delete>

指定されたトピックから指定されたサブスクリプションを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

x

Subscription Path (サブスクリプションパス)

String (文字列)

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Subscription Get

<servicebus:subscription-get>

指定されたトピックから指定されたサブスクリプションを取得します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

x

Subscription Path (サブスクリプションパス)

String (文字列)

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Subscription Update

<servicebus:subscription-update>

指定されたトピックの指定されたサブスクリプションを更新します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Subscriptione Description (サブスクリプションの説明)

更新されるサブスクリプションのプロパティの目的の値を含む InternalSubscriptionDescription オブジェクト。

#[payload]

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

x

Subscription Path (サブスクリプションパス)

String (文字列)

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Subscriptions

<servicebus:subscriptions>

指定されたトピックからすべてのサブスクリプションを取得します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

トピックの名前。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

Array of [ServiceBusSubscriptione] (の配列)

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Topic Create

<servicebus:topic-create>

Service Bus インスタンスにトピックを作成します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

トピックの名前。

x

Topic Description (トピックの説明)

作成されるトピックのプロパティの目的の値を含む InternalTopicDescription オブジェクト。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Topic Delete

<servicebus:topic-delete>

Service Bus インスタンスから指定されたトピックを削除します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

トピックの名前。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Topic Get

<servicebus:topic-get>

Service Bus インスタンスから指定されたトピックを取得します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

トピックの名前。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Topic Send

<servicebus:topic-send>

トピックにメッセージを送信します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Destination Topic (宛先トピック)

String (文字列)

トピックの名前。

x

Transactional Action (トランザクションアクション)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • ALWAYS_JOIN

  • JOIN_IF_POSSIBLE

Send Correlation Id (送信相関 ID)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • AUTO (自動)

  • ALWAYS (常時)

Body (本文)

Any (任意)

メッセージの本文。

#[payload]

JMS Type (JMS 種別)

String (文字列)

メッセージの JMSType 識別子ヘッダー。

Correlation ID (相関 ID)

String (文字列)

メッセージの JMSCorrelationID ヘッダー。

Send Content Type (コンテンツタイプの送信)

Boolean (ブール)

本文のコンテンツタイプをプロパティとして送信するかどうか。

true

Content Type (コンテンツ種別)

String (文字列)

メッセージ本文のコンテンツ種別

Send Encoding (エンコードの送信)

Boolean (ブール)

本文の outboundEncoding をメッセージプロパティとして送信するかどうか

true

Encoding (エンコード)

String (文字列)

メッセージ本文のエンコード。

Reply To (返信先)

このメッセージへの返信を送信する宛先。

User Properties (ユーザプロパティ)

Object (オブジェクト)

このメッセージに設定されるカスタムユーザプロパティ。

JMSX Properties (JMSX プロパティ)

このメッセージに設定される JMSX プロパティ。

Persistent Delivery (永続的な配信)

Boolean (ブール)

true の場合、メッセージは PERSISTENT JMSDeliveryMode を使用して送信されます。

Priority (優先度)

Number (数値)

メッセージを送信するときに使用されるデフォルトの JMSPriority 値。

Time To Live (存続期間)

Number (数値)

有効期限が切れて破棄されるまでメッセージがブローカーに残るデフォルトの時間を定義します

Time To Live Unit (存続期間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

timeToLive 属性に使用する時間単位。

Disable Message Id (メッセージ ID の無効化)

Boolean (ブール)

true の場合、MessageID を生成しないようにメッセージにフラグが付けられます。

Disable Message Timestamp (メッセージタイムスタンプの無効化)

Boolean (ブール)

true の場合、送信タイムスタンプを生成しないようにメッセージにフラグが付けられます。

Delivery Delay (配信遅延)

Number (数値)

JMS 2.0 のみで使用: メッセージの配信を延期するために適用される配信遅延を設定します。

Delivery Delay Unit (配信遅延単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

deliveryDelay 属性に使用する時間単位。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Topic Update

<servicebus:topic-update>

Service Bus インスタンスの指定されたトピックを更新します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

トピックの名前。

x

Topic Description (トピックの説明)

更新されるトピックのプロパティの目的の値を含む InternalTopicDescription オブジェクト。

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Topics

<servicebus:topics>

Service Bus インスタンスから既存のすべてのトピックを取得します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

出力

次の設定の場合

スロー

  • SERVICEBUS:INVALID_TOKEN

  • SERVICEBUS:RETRY_EXHAUSTED

  • SERVICEBUS:CONNECTION_EXCEPTION

  • SERVICEBUS:UNKNOWN

  • SERVICEBUS:AMQP_ERROR

  • SERVICEBUS:CONNECTIVITY

  • SERVICEBUS:REST_ERROR

Sources (ソース)

リスナ

<servicebus:listener>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Ack Mode (肯定応答モード)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • IMMEDIATE (即時)

  • AUTO (自動)

  • MANUAL (手動)

  • DUPS_OK (重複 OK)

メッセージのコンシューム時に使用されるセッション肯定応答モード。

Selector (セレクタ)

String (文字列)

受信メッセージの絞り込みに使用する JMS セレクタ。

Number Of Consumers (コンシューマの数)

Number (数値)

JMS メッセージを受信するために使用される同時コンシューマの数。

1

Primary Node Only (プライマリノードのみ)

Boolean (ブール)

クラスタでの実行時、このソースをプライマリノードでのみ実行するかどうか。

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

同じメッセージの再配信を処理するためのポリシーを定義します。

Source Type (ソース種別)

String (文字列)

x

Destination (宛先)

String (文字列)

x

Subscription (サブスクリプション)

String (文字列)

x

Content Type (コンテンツタイプ)

String (文字列)

Encoding (エンコード)

String (文字列)

Reconnection Strategy (再接続戦略)

接続エラーが発生した場合の再試行戦略。

Body (本文)

Any (任意)

メッセージの本文。

#[payload]

JMS Type (JMS 種別)

String (文字列)

メッセージの JMSType 識別子ヘッダー。

Correlation ID (相関 ID)

String (文字列)

メッセージの JMSCorrelationID ヘッダー。

Send Content Type (コンテンツタイプの送信)

Boolean (ブール)

本文のコンテンツタイプをプロパティとして送信するかどうか。

true

Content Type (コンテンツ種別)

String (文字列)

メッセージ本文のコンテンツ種別

Send Encoding (エンコードの送信)

Boolean (ブール)

本文の outboundEncoding をメッセージプロパティとして送信するかどうか

true

Encoding (エンコード)

String (文字列)

メッセージ本文のエンコード。

Reply To (返信先)

このメッセージへの返信を送信する宛先。

User Properties (ユーザプロパティ)

Object (オブジェクト)

このメッセージに設定されるカスタムユーザプロパティ。

JMSX Properties (JMSX プロパティ)

このメッセージに設定される JMSX プロパティ。

Persistent Delivery (永続的な配信)

Boolean (ブール)

+++永続的な設定で配信を実行するかどうか。

Priority (優先度)

Number (数値)

メッセージを送信するときに使用されるデフォルトの JMSPriority 値。

Time To Live (存続期間)

Number (数値)

有効期限が切れて破棄されるまでメッセージがブローカーに残るデフォルトの時間を定義します

Time To Live Unit (存続期間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

timeToLive 属性に使用する時間単位。

Disable Message Id (メッセージ ID の無効化)

Boolean (ブール)

true の場合、MessageID を生成しないようにメッセージにフラグが付けられます。

Disable Message Timestamp (メッセージタイムスタンプの無効化)

Boolean (ブール)

true の場合、送信タイムスタンプを生成しないようにメッセージにフラグが付けられます。

Delivery Delay (配信遅延)

Number (数値)

JMS 2.0 のみで使用: メッセージの配信を延期するために適用される配信遅延を設定します。

Delivery Delay Unit (配信遅延単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

deliveryDelay 属性に使用する時間単位。

出力

Message (メッセージ)

Attributes Type (属性型)

次の設定の場合

Reconnection (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Fails Deployment (デプロイに失敗)

Boolean

アプリケーションがデプロイされたときに、すべてのコネクタで接続テストが実行されます。true に設定されている場合、関連する再接続戦略をすべて実行した後にテストに合格しないと、デプロイが失敗します。

Reconnection Strategy (再接続戦略)

使用する再接続戦略。

Reconnect (再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続する頻度 (ミリ秒)。

Count (カウント)

Number (数値)

再接続の試行回数。

Reconnect Forever (繰り返し再接続)

項目 説明 デフォルト値 必須

Frequency (頻度)

Number (数値)

再接続する頻度 (ミリ秒)。

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

Service Bus JMS Attributes (Service Bus JMS 属性)

項目 説明 デフォルト値 必須

Properties (プロパティ)

x

Headers (ヘッダー)

x

Ack Id

String (文字列)

Jms Message Properties (JMS メッセージプロパティ)

項目 説明 デフォルト値 必須

All (すべて)

Object (オブジェクト)

x

User Properties (ユーザプロパティ)

Object (オブジェクト)

x

Jms Properties (JMS プロパティ)

Object (オブジェクト)

x

Jmsx Properties (JMSX プロパティ)

x

Jmsx Properties (JMSX プロパティ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Jmsx User ID (JMSX ユーザ ID)

String (文字列)

Jmsx App ID (JMSX アプリケーション ID)

String (文字列)

Jmsx Delivery Count (JMSX 配信数)

Number (数値)

Jmsx Group ID (JMSX グループ ID)

String (文字列)

Jmsx Group Seq (JMSX グループシーケンス)

Number (数値)

Jmsx Producer TXID (JMSX プロデューサ TXID)

String (文字列)

Jmsx Consumer TXID (JMSX コンシューマ TXID)

String (文字列)

Jmsx Rcv Timestamp (JMSX 受信タイムスタンプ)

Number (数値)

Jms Headers (JMS ヘッダー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Destination (宛先)

x

Delivery Mode (配信モード)

Number (数値)

x

Expiration (有効期限)

Number (数値)

x

Priority (優先度)

Number (数値)

x

Message Id (メッセージ ID)

String (文字列)

Timestamp (タイムスタンプ)

Number (数値)

x

Correlation Id (相関 ID)

String (文字列)

Reply To (返信先)

Type (型)

String (文字列)

x

Redelivered (再配信済み)

Boolean (ブール)

false

Delivery Time (配信時間)

Number (数値)

Redelivery Policy (再配信ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Redelivery Count (最大再配信数)

Number (数値)

正常に処理されずにプロセス失敗メッセージがトリガされるまでにメッセージを再配信できる最大回数。

Use Secure Hash (セキュアハッシュを使用)

Boolean (ブール)

再配信されたメッセージの識別にセキュアハッシュアルゴリズムを使用するかどうか。

Message Digest Algorithm (メッセージダイジェストアルゴリズム)

String (文字列)

使用するセキュアハッシュアルゴリズム。設定しない場合、デフォルトの SHA-256 になります。

Id Expression (ID 式)

String (文字列)

メッセージがいつ再配信されたのかを判断するために使用する 1 つ以上の式を定義します。このプロパティは、useSecureHash が false の場合にのみ設定できます。

Object Store (オブジェクトストア)

ObjectStore

各メッセージの再配信カウンタが保存されるオブジェクトストア。 例: _defaultPersistentObjectStore

Service Bus JMS Destination (Service Bus JMS 宛先)

項目 説明 デフォルト値 必須

Destination (宛先)

String (文字列)

x

Destination Type (宛先種別)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • QUEUE (キュー)

  • TOPIC (トピック)

QUEUE (キュー)

Service Bus Queue (Service Bus キュー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Author (作成者)

String (文字列)

Id (ID)

String (文字列)

Link (リンク)

String (文字列)

Published (パブリッシュ日)

Date (日付)

Queue Description (キューの説明)

Title (タイトル)

String (文字列)

Updated (更新日)

Date (日付)

Service Bus Queue Description (Service Bus キューの説明)

項目 説明 デフォルト値 必須

Lock Duration (ロック期間)

String (文字列)

レシーバが処理するためにメッセージがロックされる期間を秒単位で指定します。この期間を過ぎると、メッセージのロックが解除され、次のレシーバがコンシュームできるようになります。 キューの作成時にのみ設定できます。有効な値: 範囲: 0 ~ 5 分。0 は、メッセージがロックされないことを意味します。形式: PTx3Mx4S。x1 は日数、x2 は時間数、x3 は分数、x4 は秒数を示します (例: PT5M (5 分)、PT1M30S (1 分 30 秒))。

PT1M

Max Size In Megabytes (メガバイト単位の最大サイズ)

Number (数値)

最大キューサイズをメガバイト単位で指定します。この値を超えてメッセージをキューに入れようとすると失敗します。有効な値: 1024、2048、3072、 4096, 5120

1024

Requires Duplicate Detection (重複検出が必要)

Boolean (ブール)

キューの作成時にのみ設定できます。

false

Requires Session (セッションが必要)

Boolean (ブール)

キューの作成時にのみ設定できます。true に設定すると、キューでセッションが認識されるようになり、SessionReceiver のみがサポートされます。セッションを認識するキューは REST ではサポートされていません。

false

Dead Lettering On Message Expiration (期限切れメッセージのデッドレター)

Boolean (ブール)

TTL の期限切れになったメッセージが Service Bus でどのように処理されるかを制御します。これが有効になっていて、メッセージの有効期限が切れると、Service Bus はそのメッセージをキューからキューのデッドレターサブキューに移動します。 無効になっている場合、メッセージはキューから完全に削除されます。キューの作成時にのみ設定できます。

false

Enable Batched Operations (一括処理操作の有効化)

Boolean (ブール)

特定のキューで操作を実行するときのサービス側の一括処理動作を有効または無効にします。有効にすると、Service Bus では接続を効率よく使用するために複数の操作がバックエンドに収集/一括処理されます。 操作の遅延を短くする場合は、この機能を無効にできます。

true

Default Message Time To Live (デフォルトのメッセージ存続期間)

String (文字列)

メッセージが指定された時間よりも長くキューに保存されている場合、メッセージは DeadLettering が有効かどうかに応じて、デッドレターキューに自動的に移動されるか、削除されます。 この値は、メッセージの TTL がキューに設定された TTL よりも短い場合に限り、メッセージに指定された TTL で上書きされます。この値は、キューが作成された後は変更不可能です。形式: Px1DTx2Hx3Mx4S。x1 は日数、x2 は時間数、x3 は分数、x4 は秒数を示します。例: PT10M (10 分)、P1DT2H (1 日 2 時間)

P10675199DT2H48M5.4775807S

Duplicate Detection History Time Window (重複検出履歴の時間枠)

String (文字列)

Service Bus でメッセージの重複が検出される期間を指定します。有効な値: 範囲: 1 秒 ~ 日。形式: Px1DTx2Hx3Mx4S。x1 は日数、x2 は時間数、x3 は分数、x4 は秒数を示します。例: PT10M (10 分)、P1DT2H (1 日 2 時間)

PT10M

Max Redelivery Count (最大再配信数)

Number (数値)

メッセージが配信不能になるか、破棄されるまで Service Bus でメッセージの配信が試行される最大回数。

10

Service Bus Rule (Service Bus ルール)

項目 説明 デフォルト値 必須

Id (ID)

String (文字列)

Link (リンク)

String (文字列)

Published (パブリッシュ日)

Date (日付)

Rule Description (ルールの説明)

Title (タイトル)

String (文字列)

Updated (更新日)

Date (日付)

Service Bus Rule Description (Service Bus ルールの説明)

項目 説明 デフォルト値 必須

Action (アクション)

Filter (検索条件)

Service Bus Rule Action (Service Bus ルールのアクション)

項目 説明 デフォルト値 必須

Sql Expression (SQL 式)

String (文字列)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • SqlRuleAction

  • EmptyRuleAction

Service Bus Rule Filter (Service Bus ルールの検索条件)

項目 説明 デフォルト値 必須

Correlation Id (相関 ID)

String (文字列)

Sql Expression (SQL 式)

String (文字列)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • SqlFilter

  • TrueFilter

  • FalseFilter

  • CorrelationFilter

Service Bus Subscription (Service Bus サブスクリプション)

項目 説明 デフォルト値 必須

Id (ID)

String (文字列)

Link (リンク)

String (文字列)

Published (パブリッシュ日)

Date (日付)

Subscription Description (サブスクリプションの説明)

Title (タイトル)

String (文字列)

Updated (更新日)

Date (日付)

Service Bus Subscription Description (Service Bus サブスクリプションの説明)

項目 説明 デフォルト値 必須

Lock Duration (ロック期間)

String (文字列)

ロック期間を定義しないサブスクリプションに適用されるデフォルトのロック期間。このプロパティは、サブスクリプションの作成時にのみ設定できます。有効な値: 範囲: 0 - 5 分。0 は、メッセージがロックされないことを意味します。形式: PTx3Mx4S。x1 は日数、x2 は時間数、x3 は分数、x4 は秒数を示します。例: PT5M (5 分)、PT1M30S (1 分 30 秒)

PT1M

Requires Session (セッションが必要)

Boolean (ブール)

このプロパティはサブスクリプションの作成時にのみ設定できます。true に設定すると、サブスクリプションではセッションが認識されるようになり、SessionReceiver のみがサポートされます。 セッションを認識するサブスクリプションは REST ではサポートされていません。

false

Dead Lettering On Message Expiration (期限切れメッセージのデッドレター)

Boolean (ブール)

TTL の期限切れになったメッセージが Service Bus でどのように処理されるかを制御します。これが有効になっていて、メッセージの有効期限が切れると、Service Bus はそのメッセージをキューからサブスクリプションのデッドレターサブキューに移動します。 無効になっている場合、メッセージはサブスクリプションのメインキューから完全に削除されます。サブスクリプションの作成時にのみ設定できます。

false

Dead Lettering On Filter Evaluation Exceptions (検索条件評価の例外のデッドレター)

Boolean (ブール)

サブスクリプションの検索条件の評価中に例外が発生する原因となったメッセージが、Service Bus でどのように処理されるかを指定します。値が true に設定されている場合、例外が発生する原因となったメッセージはサブスクリプションのデッドレターキューに移動されます。 それ以外の場合は破棄されます。デフォルトで、このパラメータは true に設定され、例外の原因を調査することができます。これは、メッセージの形式が無効であるか、検索条件でメッセージの形式に関する不適切な想定が行われたために発生する場合があります。サブスクリプションの作成時にのみ設定できます。

false

Enable Batched Operations (一括処理操作の有効化)

Boolean (ブール)

特定のキューで操作を実行するときのサービス側の一括処理動作を有効または無効にします。有効にすると、Service Bus では接続を効率よく使用するために複数の操作がバックエンドに収集および一括処理されます。 操作の遅延を短くする場合は、この機能を無効にできます。

false

Default Message Time To Live (デフォルトのメッセージ存続期間)

String (文字列)

サブスクリプションにメッセージが存続する期間を指定します。デッドレターが有効になっているかどうかに応じて、存続期間 (TTL) の期限切れになったメッセージは、サブスクリプションの関連デッドレターキューに移動されるか、完全に削除されます。 トピックに指定されている TTL がサブスクリプションよりも短い場合は、トピックの TTL が適用されます。形式: Px1DTx2Hx3Mx4S。x1 は日数、x2 は時間数、x3 は分数、x4 は秒数を示します。例: PT10M (10 分)、P1DT2H (1 日 2 時間)

P10675199DT2H48M5.4775807S

Max Redelivery Count (最大再配信数)

Number (数値)

メッセージが配信不能になるか、破棄されるまで Service Bus でメッセージの配信が試行される最大回数。

10

Service Bus Topic (Service Bus トピック)

項目 説明 デフォルト値 必須

Author (作成者)

String (文字列)

Id (ID)

String (文字列)

Link (リンク)

String (文字列)

Published (パブリッシュ日)

Date (日付)

Title (タイトル)

String (文字列)

Topic Description (トピックの説明)

Updated (更新日)

Date (日付)

Service Bus Topic Description (Service Bus トピックの説明)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Size In Megabytes (メガバイト単位の最大サイズ)

Number (数値)

最大キューサイズをメガバイト単位で指定します。この値を超えてメッセージをキューに入れようとすると失敗します。有効な値: 1024、2048、3072、 4096, 5120

1024

Requires Duplicate Detection (重複検出が必要)

Boolean (ブール)

有効にした場合、トピックで、DuplicateDetectionHistoryTimeWindow プロパティで指定された期間内の重複するメッセージが検出されます。トピックの作成時にのみ設定できます。

false

Enable Batched Operations (一括処理操作の有効化)

Boolean (ブール)

特定のキューで操作を実行するときのサービス側の一括処理動作を有効または無効にします。有効にすると、Service Bus では接続を効率よく使用するために複数の操作がバックエンドに収集または一括処理されます。 操作の遅延を短くする場合は、この機能を無効にできます。

true

Default Message Time To Live (デフォルトのメッセージ存続期間)

String (文字列)

関連サブスクリプションにメッセージが存続する期間を指定します。サブスクリプションは、より短い TTL を明示的に指定して作成されたのではない限り、トピックから TTL を継承します。 デッドレターが有効になっているかどうかに応じて、TTL の期限切れになったメッセージは、サブスクリプションの関連デッドレターキューに移動されるか、完全に削除されます。形式: Px1DTx2Hx3Mx4S。x1 は日数、x2 は時間数、x3 は分数、x4 は秒数を示します。例: PT10M (10 分)、P1DT2H (1 日 2 時間)。

P10675199DT2H48M5.4775807S

Duplicate Detection History Time Window (重複検出履歴の時間枠)

String (文字列)

Service Bus でメッセージの重複が検出される期間を指定します。有効な値: 範囲: 1 秒 ~ 日。形式: Px1DTx2Hx3Mx4S。x1 は日数、x2 は時間数、x3 は分数、x4 は秒数を示します。例: PT10M (10 分)、P1DT2H (1 日 2 時間)

PT10M

Default Caching (デフォルトキャッシュ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Session Cache Size (セッションキャッシュサイズ)

Number (数値)

Cache Producers (キャッシュプロデューサ)

Boolean (ブール)

true

Cache Consumers (キャッシュコンシューマ)

Boolean (ブール)

true

Topic Consumer (トピックコンシューマ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Topic Consumer (トピックコンシューマ)

x

Topic Subscription (トピックサブスクリプション)

x

Topic Subscription (トピックサブスクリプション)

項目 説明 デフォルト値 必須

Topic Path (トピックパス)

String (文字列)

x

Subscription Path (サブスクリプションパス)

String (文字列)

Service Bus Queue Consumer (Service Bus キューコンシューマ)

項目 説明 デフォルト値 必須

Queue Consumer (キューコンシューマ)

queue-consumer (キューコンシューマ)

Source Queue (ソースキュー)

String (文字列)

Number Of Consumers (コンシューマの数)

Number (数値)

JMS メッセージを受信するために使用される同時コンシューマの数。

4

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub