TRADACOMS EDI コネクタリファレンス

デフォルト設定

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ExpirationPolicy

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。これは、インスタンスが有効期限の対象となった瞬間にプラットフォームでそのインスタンスが期限切れになるということではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、インスタンスが実際にパージされます。

Schema definitions (スキーマ定義)

Array of String (文字列の配列)

モジュールで使用するスキーマのパスのリスト。ファイルシステムまたはクラスパスのどちらかのパスを使用できます。

Partner Code (パートナーコード)

String (文字列)

パートナーを識別するためのコード。この値を指定すると、受信したトランスミッションの Transmission Sender Code (トランスミッション送信者コード) の検証と、送信するトランスミッションの Transmission Recipient Code (トランスミッション受信者コード) の設定に使用されます (マップデータで指定されていない場合のみ)。指定しないと、受信したトランスミッションの Transmission Sender Code (トランスミッション送信者コード) は検証されません。

Partner Name (パートナー名)

String (文字列)

パートナーを識別するための名前。この値を指定すると、受信したトランスミッションの Transmission Sender Name (トランスミッション送信者名) の検証と、送信するトランスミッションの Transmission Recipient Name (トランスミッション受信者名) の設定に使用されます (マップデータで指定されていない場合のみ)。指定しないと、受信したトランスミッションの Transmission Sender Name (トランスミッション送信者名) は検証されません。

Mule Code (Mule コード)

String (文字列)

Mule アプリケーションを識別するためのコード。この値を指定すると、受信したトランスミッションの Transmission Recipient Code (トランスミッション受信者コード) の検証と、送信するトランスミッションの Transmission Sender Code (トランスミッション送信者コード) の設定に使用されます (マップデータで指定されていない場合のみ)。指定しないと、受信したトランスミッションの Transmission Recipient Code (トランスミッション受信者コード) は検証されません。

Mule Name (Mule 名)

String (文字列)

自身を識別するための名前。この値を指定すると、受信したトランスミッションの Transmission Recipient Name (トランスミッション受信者名) の検証と、送信するトランスミッションの Transmission Sender Name (トランスミッション送信者名) の設定に使用されます (マップデータで指定されていない場合のみ)。指定しないと、受信したトランスミッションの Transmission Recipient Name (トランスミッション受信者名) は検証されません。

Enforce length limits (長さ制限を強制)

Boolean (ブール)

受信値の最小長と最大長を強制します。true の場合、長すぎる、または短すぎる値を持つトランスミッションは拒否されます。false の場合、値の長さに関係なくトランスミッションは受け入れられます。どちらの場合もエラーがログに記録され、エラーリストに含まれます。

true

Allow unknown segments (未知のセグメントを許可)

Boolean (ブール)

メッセージで未知のセグメントを許可します。false の場合、未知のセグメントを含むトランスミッションは拒否されます。true の場合、未知のセグメントは無視され、トランスミッションが受け入れられます。どちらの場合もエラーがログに記録され、エラーリストに含まれます。

false

Allow unused segments (未使用のセグメントを許可)

Boolean (ブール)

メッセージ内で「未使用」とマークされたセグメントを許可します。false の場合、スキーマで「未使用」としてマークされたセグメントを含むメッセージは拒否されます。true の場合、メッセージは拒否されず、未使用のセグメントは無視されます。いずれの場合も、エラーが CONTRL 機能肯定応答で報告されます。

true

Enforce segment order (セグメント順序を強制)

Boolean (ブール)

メッセージ内のセグメント順序を強制します。true の場合、セグメントの順序が不適切なメッセージは拒否されます。false の場合、かつ、セグメントを並び替えることができる場合、メッセージは拒否されません。いずれの場合も、エラーが CONTRL 機能肯定応答で報告されます。

true

Transmission Reference (トランスミッション参照)

String (文字列)

トランスミッションを作成する際に使用される Default Sender’s Transmission Reference (デフォルト送信者のトランスミッション参照)。指定した場合、送信トランスミッション用のマップデータ (Write 操作) で必要な Sender’s Transmission Reference (送信者のトランスミッション参照) 値が指定されていない場合に、この値がデフォルトとして使用されます。

Recipient Reference (受信者参照)

String (文字列)

トランスミッションを作成する際に使用される Default Recipient’s Transmission Reference (デフォルト受信者のトランスミッション参照)。指定した場合、送信トランスミッション用のマップデータ (Write 操作) で省略可能な Recipient’s Transmission Reference (受信者のトランスミッション参照) 値が指定されていない場合に、この値がデフォルトとして使用されます。

Application Reference (アプリケーション参照)

String (文字列)

トランスミッションを作成する際に使用される Default Application Reference (デフォルトアプリケーション参照)。指定した場合、送信トランスミッション用のマップデータ (Write 操作) で省略可能な Application Reference (アプリケーション参照) 値が指定されていない場合に、この値がデフォルトとして使用されます。

Priority Code (優先度コード)

String (文字列)

トランスミッションを作成する際に使用される Default Transmission Priority Code (デフォルトトランスミッション優先度コード)。指定した場合、送信トランスミッション用のマップデータ (Write 操作) で省略可能な Transmission Priority Code (トランスミッション優先度コード) 値が指定されていない場合に、この値がデフォルトとして使用されます。

関連操作

  • read

  • write

Read

<tradacoms:read>

EDI テキストの入力ストリームを EDI データのマップおよびリスト構造に変換します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Read Content (読み取りコンテンツ)

Binary

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

出力

Object (オブジェクト)

次の設定の場合

  • config

スロー

  • TRADACOMS:UNKNOWN

  • TRADACOMS:SCHEMA

  • TRADACOMS:PARSE

  • TRADACOMS:WRITE

Write

<tradacoms:write>

EDI データのマップ/リスト構造を EDI テキストストリームに変換します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Write Content (書き込みコンテンツ)

Object

#[payload]

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

  • repeatable-in-memory-stream (反復可能メモリ内ストリーム)

  • repeatable-file-store-stream

  • non-repeatable-stream

繰り返し可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を配置する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。その式の結果は対象変数に保存されます。

#[payload]

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

  • config

スロー

  • TRADACOMS:UNKNOWN

  • TRADACOMS:SCHEMA

  • TRADACOMS:PARSE

  • TRADACOMS:WRITE

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

Repeatable In Memory Stream (反復可能なメモリ内ストリーム)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

ストリームをコンシュームし、ランダムアクセスを提供するために割り当てられるメモリ量。ストリームのデータ量がこのバッファサイズを超える場合は、bufferSizeIncrement 属性に従って、maxInMemorySize を上限としてバッファが拡張されます。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

バッファサイズが初期サイズを超えた場合に、どれだけ拡張するか。0 以下の値を設定すると、バッファは拡張されません。つまり、バッファがいっぱいになると STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これより大きい値が使用されると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

これらのすべての属性の単位。

Repeatable File Store Stream (反復可能なファイルストアストリーム)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

データをメモリ内に保持するためにストリームで使用する最大メモリを定義します。これを超えると、ディスクへのコンテンツのバッファが開始されます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub