Design Center での Workday の使用方法

Select

Workday コネクタは、Mule インテグレーションアプリケーションと Workday アプリケーション間の接続を容易にします。

このコネクタの新機能

Mule 4 のサポートが追加されました。

Design Center での接続方法

  1. Design Center で、[Set Up (セットアップ)] > [Upload (アップロード)] をクリックし、ファイルシステムにあるこのコネクタのドライバを参照して選択し、アップロードします。または、すでにアップロードされているドライバを検索して選択します。

  2. トリガをクリックします。トリガ時にこのコネクタを選択することで、グローバル要素を作成できます。 グローバル要素が不要な場合は、HTTP リスナまたはスケジューラトリガを使用できます。

  3. To create an HTTP global element for the connector, set these fields:

    1. Protocol (プロトコル): HTTP エンドポイント用に選択したプロトコル。HTTP または HTTPS (セキュア) を選択できます。

    2. ホスト: Mule アプリケーションが要求をリスンする IP アドレス。

    3. ポート: Mule アプリケーションが要求をリスンするポートアドレス。

    4. ベースパス: Mule アプリケーションが要求をリスンするパス。

  4. プラス記号を選択して、コンポーネントを追加します。

  5. コンポーネントとしてコネクタを選択します。

  6. コネクタのグローバル要素を設定します。

    項目 説明

    Username (ユーザ名)

    ログインに使用するユーザ名を入力します。

    Password (パスワード)

    対応するパスワードを入力します。

    Tenant Name (テナント名)

    Workday テナント ID を入力します。通常は、acme_pt1 のようにサフィックス pt_1 が付加されます。

    Host Name (ホスト名)

    Workday のいずれかのクラウドサーバのホスト名を入力します。デフォルト値: impl-cc.workday.com。

    Custom Transport (カスタムトランスポート)

    接続アイドルタイムアウトおよび応答タイムアウト。プロキシ接続をセットアップします。

関連情報

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub