X12 EDI コネクタリファレンス

デフォルト設定

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ExpirationPolicy

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。これは、インスタンスが有効期限の対象となった瞬間にプラットフォームでそのインスタンスが期限切れになるということではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、インスタンスが実際にパージされます。

Mule ID qualifier (Mule ID 修飾子)

String (文字列)

交換内の Mule の ID 修飾子 (ISA セグメント)。この値は、セルフ ID インターチェンジの ID の値と組み合わせて使用されます。一方が設定されている場合、もう一方も設定されている必要があります。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、ISA Interchange Receiver ID Qualifier (ISA インターチェンジ受信者 ID 修飾子) がこの値に一致する必要があります。送信側では、この値はメッセージデータで設定されていない場合にデフォルトの ISA Interchange Sender ID Qualifier (ISA インターチェンジ送信者 ID 修飾子) として使用されます。

Mule interchange ID (Mule インターチェンジ ID)

String (文字列)

交換内の Mule の ID (ISA セグメント)。この値は、セルフ ID インターチェンジの ID の修飾子の値と組み合わせて使用されます。一方が設定されている場合、もう一方も設定されている必要があります。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、ISA Interchange Receiver ID (ISA インターチェンジ受信者 ID) がこの値に一致する必要があります。送信側では、この値はメッセージデータで設定されていない場合にデフォルトの ISA Interchange Sender ID (ISA インターチェンジ送信者 ID) として使用されます。

Mule application code (Mule アプリケーションコード)

String (文字列)

グループでの Mule のアプリケーションコード (GS セグメント)。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、GS Application Receiver’s Code (GS アプリケーション受信者のコード) がこの値に一致する必要があります。送信側では、この値はメッセージデータで設定されていない場合にデフォルトの GS Application Sender’s Code (GS アプリケーション送信者のコード) として使用されます。

Partner ID qualifier (パートナー ID 修飾子)

String (文字列)

交換内のパートナーの ID 修飾子 (ISA セグメント)。この値は Partner Identification Interchange ID (パートナー ID インターチェンジ ID) の値と組み合わせて使用されます。一方が設定されている場合、もう一方も設定されている必要があります。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、ISA Interchange Sender ID Qualifier (ISA インターチェンジ送信者 ID 修飾子) がこの値に一致する必要があります。送信側では、この値はメッセージデータで設定されていない場合にデフォルトの ISA Interchange Receiver ID Qualifier (ISA インターチェンジ受信者 ID 修飾子) として使用されます。

Partner interchange ID (パートナーインターチェンジ ID)

String (文字列)

交換内のパートナーの ID (ISA セグメント)。この値は Partner Identification Interchange ID qualifier (パートナー ID インターチェンジ ID 修飾子) の値と組み合わせて使用されます。一方が設定されている場合、もう一方も設定されている必要があります。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、ISA Interchange Sender ID (ISA インターチェンジ送信者 ID) がこの値に一致する必要があります。送信側では、この値はメッセージデータで設定されていない場合にデフォルトの ISA Interchange Receiver ID (ISA インターチェンジ受信者 ID) として使用されます。

Partner application code (パートナーアプリケーションコード)

String (文字列)

グループでのパートナーのアプリケーションコード (GS セグメント)。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、GS Application Sender’s Code (GS アプリケーション送信者のコード) がこの値に一致する必要があります。送信側では、この値はメッセージデータで設定されていない場合にデフォルトの GS Application Receiver’s Code (GS アプリケーション受信者のコード) として使用されます。

Form and validation (フォームおよび検証)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • X12

  • HIPAA_SNIP1

  • HIPAA_SNIP2

スキーマのフォームおよび検証のレベル。設定で使用されるスキーマは選択したフォーム (X12 または HIPAA) に一致する必要があります。SNIP 種別 1 および種別 2 の検証は、HIPAA スキーマのみに適用されます。

X12

Schema definitions (スキーマ定義)

Array of String (文字列の配列)

コネクタで使用するスキーマのパスのリスト。ファイルシステムまたはクラスパスのどちらかのパスを使用できます。

x

Character encoding (文字エンコード)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • PLATFORM (プラットフォーム)

  • ASCII

  • ISO8859_1

  • IBM1047

  • UTF8

メッセージの文字エンコード。この文字エンコードは、必ずメッセージの送受信両方に使用されます。

PLATFORM (プラットフォーム)

Character set (文字セット)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • BASIC (基本)

  • EXTENDED (拡張)

  • UNRESTRICTED (無制限)

文字列データで使用できる文字。無効な文字は、置換文字が使用されている場合は置換文字で置換され、置換文字が設定されていないかパーサーオプションの受信メッセージで有効になっていない場合はエラーとして拒否されます。いずれの場合にも無効な文字は記録され、受信メッセージは 997 機能肯定応答でレポートされます。

EXTENDED (拡張)

Substitution character (置換文字)

String (文字列)

文字列値の無効な文字を置換するために使用される置換文字。

Version identifier suffix (バージョン識別子サフィックス)

String (文字列)

グループのバージョン識別子コードサフィックス (GS セグメント)。この値が設定されている場合、送信メッセージの処理と受信メッセージの処理の両方に影響します。受信側では、GS Version (GS バージョン)、Release (リリース)、Industry Identifier Code (業種識別子コード) が X12 スキーマバージョン (004010、005010 など) にこのサフィックスが続く必要があります。この値を設定しない場合、受信で GS バージョン識別子コードの先頭が設定されたスキーマバージョンであることのみ検証されます。送信側では、X12 スキーマバージョンとこのサフィックスの組み合わせは GS バージョン識別子コードとして使用されます。

Enforce length limits (長さ制限を強制)

Boolean (ブール)

受信値の最小長と最大長を強制します。true の場合、値が長すぎるまたは短すぎるトランザクションは拒否され、false の場合、値の長さに関係なくトランザクションは受け入れられます。いずれの場合も、エラーが記録され、997/999 肯定応答でレポートされます。

true

Enforce character set (文字セットを適用)

Boolean (ブール)

使用可能な文字セットフラグを適用します。true の場合、無効な文字があるトランザクションが拒否され、false の場合、文字が渡されるか置換され、トランザクションは受け入れられます。いずれの場合も、エラーは 997/999 肯定応答でレポートされます。

true

Enforce value repeats (値の反復を適用)

Boolean (ブール)

受信値の反復数の制限を適用します。true の場合、反復が多すぎるまたは少なすぎる値があるトランザクションが拒否され、false の場合、値が受け入れられ、トランザクションは拒否されません。いずれの場合も、エラーは 997/999 肯定応答でレポートされます。

true

Allow unknown segments (不明なセグメントを許可)

Boolean (ブール)

トランザクションセットで不明なセグメントを許可します。false の場合、不明なセグメントが含まれるトランザクションは拒否され、true の場合、不明なセグメントが無視され、トランザクションは拒否されません。いずれの場合も、エラーは 997/999 肯定応答でレポートされます。

false

Enforce segment order (セグメント順を適用)

Boolean (ブール)

トランザクションセットでセグメント順を適用します。true の場合、順序通りでないセグメントがあるトランザクションは拒否され、false でセグメントがを並び替え可能な場合、トランザクションは拒否されません。いずれの場合も、エラーは 997/999 肯定応答でレポートされます。

true

Allow unused segments (未使用のセグメントを許可)

Boolean (ブール)

トランザクションセットで [Unused (未使用)] とマークされたセグメントを許可します。false の場合、スキーマで未使用とマークされたセグメントが含まれるトランザクションが拒否され、true の場合、トランザクションは拒否されず、未使用のセグメントは無視されます。いずれの場合も、エラーは 997/999 肯定応答でレポートされます。

false

Enforce segment repeats (セグメントの反復を適用)

Boolean (ブール)

トランザクションセットでセグメントの反復数の制限を適用します。true の場合、反復回数が多すぎるセグメントがあるトランザクションは拒否され、false の場合、トランザクションは拒否されません。いずれの場合も、エラーは 997/999 肯定応答でレポートされます。

true

Require unique interchanges (一意のインターチェンジが必要)

Boolean (ブール)

受信されるメッセージに一意のインターチェンジ制御番号 (ISA13) が必須です。通常の動作では、以前に処理されたインターチェンジ番号が記録され、同じパートナー (インターチェンジの送信者および受信者 ID により判別) からの重複するインターチェンジ番号が拒否されます。false の場合、代わりに、受信したインターチェンジの処理の続行が許可され、インターチェンジはアプリケーションフローに従い、番号が追跡され、適切に処理されます。

true

Require unique groups (一意のグループが必要)

Boolean (ブール)

受信される機能グループにグローバルに一意であるグループ制御番号 (GS06) を適用します。デフォルトでは、グループ番号はインターチェンジでのみ一意である必要があります。true の場合、代わりに同じパートナーおよびアプリケーションから受信するすべてのインターチェンジでグループ番号が一意であることが必須です (インターチェンジの送信者および受信者の ID によって判断され、機能グループの送信者および受信者のアプリケーションコードと組み合わされます)。

false

Require unique transactions (一意のトランザクションが必要)

Boolean (ブール)

受信されるトランザクションセットにグローバルに一意であるトランザクションセット制御番号 (ST02) を適用します。デフォルトでは、トランザクションセット制御番号は特定の機能グループでのみ一意である必要があります。true の場合、代わりに同じパートナーおよびアプリケーションから受信するすべての機能グループでトランザクションセット番号が一意であることが必須です (インターチェンジの送信者および受信者の ID によって判断され、機能グループの送信者および受信者のアプリケーションコードと組み合わされます)。

false

Store time-to-live (保存の存続期間)

Number (数値)

一意性を確認するためにインターチェンジ、グループ、トランザクションセットの番号を保存する最小日数。この値は、設定で一意のインターチェンジ、グループ、またはトランザクションセット番号が要求されている場合にのみ使用されます。受信した識別子番号の保存には、Mule 設定からのデフォルトの永続的なオブジェクトストアが常に使用されます。このパラメータでは、この保存された値のエントリ存続期間を設定します。

30

Acknowledge every transaction (すべてのトランザクションを肯定応答)

Boolean (ブール)

受信するすべてのトランザクションセットに個別の AK2/AK5 (997) または AK2/IK5 (999) 肯定応答を含めます。デフォルトでは、エラーが含まれるトランザクションセットのみが肯定応答に含まれ、含まれないトランザクションセットは暗黙的に肯定応答されます。このフラグを変更すると、受信する各トランザクションセットが明示的に肯定応答されます。

false

Generate 999 acknowledgments (999 肯定応答を生成)

Boolean (ブール)

997 機能肯定応答ではなく、999 実装肯定応答を生成します。デフォルトでは、997 機能肯定応答トランザクションセットはインターチェンジを受信するたびに生成されます。このフラグを変更すると、代わりに 999 実装肯定応答が生成されます。999 実装肯定応答のサポートに CTX セグメントの生成は含まれません。

false

Report segment details (セグメント詳細をレポート)

Boolean (ブール)

997/999 で送信者にセグメントエラーの詳細をレポートします。true の場合、生成される 997/999 にセグメントエラーの詳細が含まれます。false の場合、詳細は含まれません。

true

Include Acknowledgment schema (肯定応答スキーマを含める)

Boolean (ブール)

997 または 999 機能肯定応答を予期し、997/999 スキーマを含めます。デフォルトでは、997/999 肯定応答トランザクションセットのスキーマは X12 EDI モジュールによって使用されるスキーマのセットに自動的に含まれます。false の場合、997 または 999 スキーマを入力として処理する場合は直接指定する必要があります。997 または 999 機能肯定応答を生成するために使用されるスキーマはハードコード化されており、変更できません。

true

Data element separator (データ要素区切り文字)

String (文字列)

データ要素の区切り文字。設定された値は、デフォルトですべての出力メッセージに使用されますが、メッセージレベルで上書きできます。

*

Component element separator (コンポーネント要素区切り文字)

String (文字列)

コンポーネント要素の区切り文字。設定された値は、デフォルトですべての出力メッセージに使用されますが、メッセージレベルで上書きできます。

>

Repetition separator (反復区切り文字)

String (文字列)

反復の区切り文字 (使用されている場合)。設定された値は、デフォルトですべての出力メッセージに使用されますが、メッセージレベルで上書きできます。「U」の値は反復が使用されないことを意味します。

U

Segment terminator (セグメント終端文字)

String (文字列)

セグメントの終端文字。設定された値は、デフォルトですべての出力メッセージに使用されますが、メッセージレベルで上書きできます。

~

Segment line ending (セグメント行末)

Enumeration (列挙)。次のいずれかになります。

  • NONE

  • LF

  • CRLF

  • CR

セグメント間に追加する行末。これにより、セグメント間に行末を追加して、出力メッセージテキストを読みやすくすることができます。

NONE (なし)

Unique group numbers (一意のグループ番号)

Boolean (ブール)

グローバルに一意であるグループ制御番号 (GS06) を送信します。デフォルトでは、機能グループ制御番号は各インターチェンジ内で連続的に割り当てられ、異なるインターチェンジで再利用されます。true の場合、代わりに同じパートナーおよびアプリケーションに送信するすべてのインターチェンジに一意のグループ番号を割り当てます (インターチェンジの送信者および受信者の ID によって判断され、機能グループの送信者および受信者のアプリケーションコードと組み合わされます)。

false

Unique transaction numbers (一意のトランザクション番号)

Boolean (ブール)

グローバルに一意であるトランザクション制御番号 (ST02) を送信します。デフォルトでは、トランザクションセット制御番号は各機能グループ内で連続的に割り当てられ、異なるグループで再利用されます。true の場合、代わりに同じパートナーおよびアプリケーションに送信するすべてのインターチェンジに一意のトランザクションセット番号を割り当てます (インターチェンジの送信者および受信者の ID によって判断され、機能グループの送信者および受信者のアプリケーションコードと組み合わされます)。

false

Implementation reference (実装参照)

String (文字)

トランザクションの実装規定参照 (ST03)。この値が設定されている場合、メッセージパラメータで上書きされない限り、ST03 実装規定参照として使用されます。

Initial interchange number (初期インターチェンジ番号)

Number (数値)

送信メッセージに使用される初期インターチェンジ制御番号。

1

Initial group number (初期グループ番号)

Number (数値)

送信メッセージに使用される初期グループ制御番号。

1

Initial transaction number (初期トランザクション番号)

Number (数値)

送信メッセージに使用される初期トランザクションセット制御番号。

1

Request acknowledgments (肯定応答を要求)

Boolean (ブール)

送信されるトランザクションフラグの肯定応答を要求します (ISA14)。true の場合、送信されるすべてのトランザクションに 997/999 肯定応答が要求されます。

false

Default usage indicator (デフォルトの使用インジケータ)

String (文字列)

デフォルトのインターチェンジ使用インジケータ (ISA15): 「I」は情報、「P」は本番データ、「T」はテストデータ。

P

関連操作

  • read

  • write

Read

<x12:read>

EDI テキストの入力ストリームを EDI データのマップとリストの構造に変換します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Read Content (読み取りコンテンツ)

Binary

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。この式の出力は対象変数に保存されます。

#[payload]

出力

Object (オブジェクト)

次の設定の場合

  • config

スロー

  • X12:UNKNOWN

  • X12:WRITE

  • X12:SCHEMA

  • X12:PARSE

Write

<x12:write>

EDI データのマップとリストの構造を EDI テキストストリームに変換します。

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Write Content (書き込みコンテンツ)

Object

#[payload]

Streaming Strategy (ストリーミング戦略)

  • repeatable-in-memory-stream (反復可能メモリ内ストリーム)

  • repeatable-file-store-stream

  • non-repeatable-stream

繰り返し可能なストリームを使用するかどうかと、それらの動作を設定します。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数の名前。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対して評価する式。この式の出力は対象変数に保存されます。

#[payload]

出力

Binary (バイナリ)

次の設定の場合

  • config

スロー

  • X12:UNKNOWN

  • X12:WRITE

  • X12:SCHEMA

  • X12:PARSE

Expiration Policy (有効期限ポリシー) 型

項目 説明 デフォルト値 必須

Max Idle Time (最大アイドル時間)

Number (数値)

有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最大時間のスカラー時間値。

Time Unit (時間単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • NANOSECONDS (ナノ秒)

  • MICROSECONDS (マイクロ秒)

  • MILLISECONDS (ミリ秒)

  • SECONDS (秒)

  • MINUTES (分)

  • HOURS (時)

  • DAYS (日)

maxIdleTime 属性に使用できる時間単位。

Repeatable In Memory Stream Type (反復可能なメモリ内ストリーム種別)

項目 説明 デフォルト値 必須

Initial Buffer Size (初期バッファサイズ)

Number (数値)

ストリームをコンシュームしてランダムにアクセスするために割り当てられるメモリ量。ストリームに含まれているデータがこのバッファに適合できる量を超えている場合、bufferSizeIncrement 属性に従ってバッファが拡張され、上限は maxInMemorySize となります。

Buffer Size Increment (バッファサイズ増分)

Number (数値)

バッファが初期サイズを超えた場合に、どれだけ拡張するか。値を 0 以下に設定すると、バッファが拡張されません。つまり、バッファがフルになると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。

Max Buffer Size (最大バッファサイズ)

Number (数値)

使用するメモリの最大量。これを超えると、STREAM_MAXIMUM_SIZE_EXCEEDED エラーが発生します。0 以下の値は無制限を意味します。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

これらのすべての属性の単位。

Repeatable File Store Stream Type (反復可能なファイルストアストリーム種別)

項目 説明 デフォルト値 必須

Max In Memory Size (最大メモリ内サイズ)

Number (数値)

データをメモリ内に保持するためにストリームで使用する最大メモリを定義します。これを超えると、ディスクへのコンテンツのバッファが開始されます。

Buffer Unit (バッファ単位)

Enumeration (列挙)。次のいずれか:

  • BYTE (バイト)

  • KB (キロバイト)

  • MB (メガバイト)

  • GB (ギガバイト)

maxInMemorySize で表される単位。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub