Zuora コネクタモジュールドキュメントリファレンス

デフォルト設定

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Name (名前)

String (文字列)

この設定の名前。コネクタはこの名前の設定を参照します。

x

Connection (接続)

config_connection、Connection (接続)

この設定に指定できる接続種別。

x

host (ホスト)

String (文字列)

API をコンシュームするためのホスト。

rest.zuora.com

port (ポート)

String (文字列)

API を使用するポート。

443

basePath

String (文字列)

API をコンシュームするためのベースパス。

x

protocol (プロトコル)

String (文字列)

API を使用するプロトコル。

HTTPS

username (ユーザ名)

String (文字列)

Username (ユーザ名)

x

password (パスワード)

String (文字列)

Password (パスワード)

x

Expiration Policy (有効期限ポリシー)

ExpirationPolicy

ランタイムで有効期限の対象とみなされるまで、動的設定インスタンスがアイドル状態を維持できる最小時間を設定します。これは、プラットフォームで対象となるインスタンスの有効期限が切れるという意味ではありません。ランタイムによって適切と判断されたときに、インスタンスがパージされます。

サポートされている操作

  • デフォルト設定

  • Accept Connection Multi Entity

  • Accept User Access Multi Entity

  • Activate Accounting Code

  • Add Attachments

  • Amend

  • Apply Credit Memo

  • Apply Payment

  • Cancel Credit Memo

  • Cancel Debit Memo

  • Cancel Journal Run

  • Cancel Payment

  • Cancel Refund

  • Cancel Subscription

  • Cancel Summary Journal Entry

  • Close Accounting Period

  • Create

  • Create Account

  • Create Account Crud

  • Create Accounting Code

  • Create Accounting Period

  • Create Amendment Crud

  • Create And Activate Order

  • Create Apple Pay Payment Method

  • Create Bill Run Crud

  • Create Billing Preview

  • Create Billing Preview Run

  • Create Contact Crud

  • Create Credit Memo From Charge

  • Create Credit Memo From Invoice

  • Create Credit Memo Pdf

  • Create Debit Memo From Charge

  • Create Debit Memo From Invoice

  • Create Debit Memo Pdf

  • Create Entity Multi Entity

  • Create Export Crud

  • Create Import Crud

  • Create Invoice Adjustment Crud

  • Create Invoice Payment Crud

  • Create Journal Run

  • Create Payment

  • Create Payment Crud

  • Create Payment Method

  • Create Payment Method Crud

  • Create Payment Run

  • Create Product Crud

  • Create Product Rate Plan Crud

  • Create Refund Crud

  • Create Revenue Schedule For Credit Memo Item Distribute By Date Range

  • Create Revenue Schedule For Credit Memo Item Manual Distribution

  • Create Revenue Schedule For Debit Memo Item Distribute By Date Range

  • Create Revenue Schedule For Debit Memo Item Manual Distribution

  • Create Revenue Schedule For Invoice Item Adjustment Distribute By Date Range

  • Create Revenue Schedule For Invoice Item Adjustment Manual Distribution

  • Create Revenue Schedule For Invoice Item Distribute By Date Range

  • Create Revenue Schedule For Invoice Item Manual Distribution

  • Create Revenue Schedule On Subscription Charge

  • Create Subscription

  • Create Summary Journal Entry

  • Create Taxation Item Crud

  • Create Taxation Items For Credit Memo

  • Create Taxation Items For Debit Memo

  • Create Unit Of Measure Crud

  • Create Usage Crud

  • Deactivate Accounting Code

  • Decrypt Rsa Signature

  • Delete (削除)

  • Delete Account Crud

  • Delete Accounting Code

  • Delete Accounting Period

  • Delete Amendment Crud

  • Delete Attachments

  • Delete Bill Run Crud

  • Delete Contact Crud

  • Delete Credit Memo

  • Delete Debit Memo

  • Delete Entity Multi Entity

  • Delete Feature Crud

  • Delete Invoice Adjustment Crud

  • Delete Invoice Crud

  • Delete Invoice Item Adjustment Crud

  • Delete Journal Run

  • Delete Order

  • Delete Payment

  • Delete Payment Crud

  • Delete Payment Method

  • Delete Payment Method Crud

  • Delete Payment Method Snapshot Crud

  • Delete Payment Run

  • Delete Product Crud

  • Delete Product Feature Crud

  • Delete Product Rate Plan Charge Crud

  • Delete Product Rate Plan Crud

  • Delete Refund

  • Delete Refund Crud

  • Delete Revenue Schedule

  • Delete Subscription Crud

  • Delete Summary Journal Entry

  • Delete Taxation Item

  • Delete Taxationitem Crud

  • Delete Unitofmeasure Crud

  • Delete Usage Crud

  • Deny Connection Multi Entity

  • Deny User Access Multi Entity

  • Describe Object

  • Disconnect Connection Multi Entity

  • Distribute Revenue Across Accounting Periods

  • Distribute Revenue By Recognition Start And End Dates

  • Distribute Revenue On Specific Date

  • Edit Attachments

  • Email Billing Documents Generated From Bill Run

  • Email Credit Memo

  • Email Debit Memo

  • Email Invoice

  • Establish Connection To Zuora Rest Api Service

  • Execute

  • Generate

  • Generate An Oauth Token

  • Generate Billing Documents By Account

  • Generate Quotes Document

  • Generate Rsa Signature

  • Get Account

  • Get Account Summary

  • Get Accounting Period

  • Get All Accounting Codes

  • Get All Accounting Periods

  • Get All Orders

  • Get All Payments

  • Get All Refunds

  • Get All Revenue Schedules Of Product Charge By Charge Id And Billing Account Id

  • Get All Summary Journal Entries In A Journal Run

  • Get Amendment Crud

  • Get Amendments By Key

  • Get Amendments By Subscription Id

  • Get An Order

  • Get Billing Documents

  • Get Billing Information For Order

  • Get Billing Preview Run

  • Get Breakdown Of Credit Memo By Order

  • Get Breakdown Of Invoice By Order

  • Get Callout Notification Histories

  • Get Charge Summary Details By Charge Id

  • Get Charge Summary Details By Crs Number

  • Get Connections Multi Entity

  • Get Credit Memo

  • Get Credit Memo Item

  • Get Credit Memo Items

  • Get Credit Memo Part

  • Get Credit Memo Part Item

  • Get Credit Memo Part Items

  • Get Credit Memo Parts

  • Get Credit Memos

  • Get Custom Foreign Currency Exchange Rates

  • get debit Memo

  • get debit Memo Application Parts

  • get debit Memo Item

  • get debit Memo Items

  • get debit Memos

  • Get Email Notification Histories

  • Get Entities Multi Entity

  • Get Entities That A User Can Access Multi Entity

  • Get Entity By Id Multi Entity

  • Get Files

  • Get Invoice Application Parts

  • Get Invoices

  • Get Journal Run

  • Get Mass Action Result

  • Get Order Metrics For Evergreen Subscription

  • Get Orders By Invoice Owner

  • Get Orders By Subscription Number

  • Get Orders By Subscription Owner

  • Get Payment

  • Get Payment Crud

  • Get Payment Gateways

  • Get Payment Method Crud

  • Get Payment Methods

  • Get Payment Part

  • Get Payment Part Item

  • Get Payment Part Items

  • Get Payment Parts

  • Get Payment Run

  • Get Payment Run Summary

  • Get Payment Runs

  • Get Payment Transaction Log Crud

  • Get Payments

  • Get Product Catalog

  • Get Rated Result For Order

  • Get Refund

  • Get Refund Crud

  • Get Refund Part

  • Get Refund Part Item

  • Get Refund Part Items

  • Get Refund Parts

  • Get Revenue Event Details

  • Get Revenue Events For A Revenue Schedule

  • Get Revenue Items By Charge Revenue Summary Number

  • Get Revenue Items By Revenue Event Number

  • Get Revenue Items By Revenue Schedule

  • Get Revenue Recognition Rule By Product Rate Plan Charge

  • Get Revenue Recognition Rule By Subscription Charge

  • Get Revenue Schedule By Credit Memo Item Id

  • Get Revenue Schedule By Debit Memo Item Id

  • Get Revenue Schedule By Invoice Item Adjustment

  • Get Revenue Schedule By Invoice Item Id

  • Get Revenue Schedule By Subscription Charge

  • Get Revenue Schedule Details

  • Get Subscriptions By Account

  • Get Subscriptions By Key

  • Get Subscriptions By Key And Version

  • Get Summary Journal Entry

  • Get Taxation Item

  • Get Term Information For Subscription

  • Get The Revenue Automation Start Date

  • Get Usage

  • Initiate Connection Multi Entity

  • Invoice And Collect

  • Perform Mass Action

  • Post Credit Memo

  • Post Debit Memo

  • Post Or Cancel Bill Run Crud

  • Post Usage

  • Preview Order

  • Preview Subscription

  • Provision Entity Multi Entity

  • Query

  • Query An Accounting Code

  • Query More

  • Re Open Accounting Period

  • Refund Credit Memo

  • Refund Payment

  • Renew Subscription

  • Resume Subscription

  • Retrieve Account Crud

  • Retrieve Bill Run Crud

  • Retrieve Communication Profile Crud

  • Retrieve Contact Crud

  • Retrieve Credit Balance Adjustment Crud

  • Retrieve Export Crud

  • Retrieve Feature Crud

  • Retrieve Import Crud

  • Retrieve Invoice Adjustment Crud

  • Retrieve Invoice Crud

  • Retrieve Invoice Item Adjustment Crud

  • Retrieve Invoice Item Crud

  • Retrieve Invoice Payment Crud

  • Retrieve Invoice Split Crud

  • Retrieve Invoice Split Item Crud

  • Retrieve Payment Method Transaction Log Crud

  • Retrieve Paymentmethodsnapshot Crud

  • Retrieve Product Crud

  • Retrieve Product Feature Crud

  • Retrieve Product Rate Plan Charge Crud

  • Retrieve Product Rate Plan Charge Tier Crud

  • Retrieve Product Rate Plan Crud

  • Retrieve Rate Plan Charge Crud

  • Retrieve Rate Plan Charge Tier Crud

  • Retrieve Rateplan Crud

  • Retrieve Refund Invoice Payment Crud

  • Retrieve Refund Transaction Log Crud

  • Retrieve Subscription Crud

  • Retrieve Subscription Product Feature Crud

  • Retrieve Taxation Item Crud

  • Retrieve Unit Of Measure Crud

  • Retrieve Usage Crud

  • Return Hmac Signatures

  • Return Hosted Pages

  • Reverse Invoice

  • Run Trial Balance

  • Send User Access Requests Multi Entity

  • Set Accounting Period To Pending Close

  • Share A Product With An Entity Multi Entity

  • Stop Mass Action

  • Subscribe

  • Suspend Subscription

  • Transfer Payment

  • Unapply Credit Memo

  • Unapply Payment

  • Update Account

  • Update Account Crud

  • Update Accounting Period

  • Update Amendment Crud

  • Update An Accounting Code

  • Update Basic Information Of A Summary Journal Entry

  • Update Contact Crud

  • Update Credit Memo

  • Update Custom Fields On Revenue Items By Revenue Event Number

  • Update Custom Fields On Revenue Items By Revenue Schedule Number

  • Update Debit Memo

  • Update Debit Memos

  • Update Entity Multi Entity

  • Update Invoice

  • Update Invoice Adjustment Crud

  • Update Invoice Crud

  • Update Invoice Payment Crud

  • Update Invoices

  • Update Order Custom Fields

  • Update Payment

  • Update Payment Crud

  • Update Payment Method

  • Update Payment Method Crud

  • Update Payment Run

  • Update Product Crud

  • Update Product Rate Plan Crud

  • Update Refund

  • Update Refund Crud

  • Update Revenue Schedule Basic Information

  • Update Subscription

  • Update Subscription Crud

  • Update Subscription Custom Fields

  • Update Taxation Item

  • Update Taxation Item Crud

  • Update Unit Of Measure Crud

  • Update Usage Crud

  • Verify Payment Method

  • View Attachments List

操作

Accept Connection Multi Entity

<mule-zuora-connector:accept-connection-multi-entity>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Connection Id (接続 ID)

String (文字列)

受け入れる接続の ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Accept User Access Multi Entity

<mule-zuora-connector:accept-user-access-multi-entity>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Username (ユーザ名)

String (文字列)

アクセス要求を受け入れるユーザのログイン名を指定します。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Activate Accounting Code

<mule-zuora-connector:activate-accounting-code>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Ac Id (Ac ID)

String (文字列)

更新するアカウンティングコードの ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Add Attachments

<mule-zuora-connector:add-attachments>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Add Attachments Request Data (Add Attachments 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Description (説明)

String (文字列)

添付ファイルドキュメントの説明。

Associated Object Type (関連付けられたオブジェクト型)

String (文字列)

次のいずれかの値を指定: Account (アカウント)、Subscription (サブスクリプション)、Invoice (請求書)。

x

Associated Object Key (関連付けられたオブジェクトキー)

String (文字列)

[Subscription (サブスクリプション)] 型の場合、[Subscription Number (サブスクリプション番号)] を指定する。添付ファイルは [Subscription Number (サブスクリプション番号)] に関連付けられているため、すべてのサブスクリプションバージョンで表示可能です。 [Account (アカウント)] および [Invoice (請求書)] の場合、id を指定します。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Amend

<mule-zuora-connector:amend>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Amend Request Data (Amend 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Apply Credit Memo

<mule-zuora-connector:apply-credit-memo>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Apply Credit Memo Request Data (Apply Credit Memo 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Apply Payment

<mule-zuora-connector:apply-payment>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Apply Payment Request Data (Apply Payment 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Payment Id (支払い ID)

String (文字列)

未適用の支払いの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Cancel Credit Memo

<mule-zuora-connector:cancel-credit-memo>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Cancel Debit Memo

<mule-zuora-connector:cancel-debit-memo>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Debit Memo Id (デビットメモ ID)

String (文字列)

デビットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Cancel Journal Run

<mule-zuora-connector:cancel-journal-run>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Jr Number (Jr 番号)

String (文字列)

ジャーナル実行番号。「JR-00000001」の形式の有効なジャーナル実行番号である必要があります。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Cancel Payment

<mule-zuora-connector:cancel-payment>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Payment Id (支払い ID)

String (文字列)

未適用の支払いの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Cancel Refund

<mule-zuora-connector:cancel-refund>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Refund Id (払い戻し ID)

String (文字列)

払い戻しの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Cancel Subscription

<mule-zuora-connector:cancel-subscription>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Cancel Subscription Request Data (Cancel Subscription 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Subscription Key (サブスクリプションキー)

String (文字列)

可能な値: * サブスクリプション番号 * サブスクリプション ID

x

Zuora Version (Zuora バージョン)

String (文字列)

Zuora REST API のマイナーバージョン。 このパラメータを設定する必要があるのは、次の項目を使用する場合のみです: * invoice * collect * runBilling * targetDate

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Cancel Summary Journal Entry

<mule-zuora-connector:cancel-summary-journal-entry>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Je Number (Je 番号)

String (文字列)

JE-00000001 の形式のジャーナルエントリ番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Close Accounting Period

<mule-zuora-connector:close-accounting-period>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Ap Id (Ap ID)

String (文字列)

削除するアカウンティング期間の ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create

<mule-zuora-connector:create>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Request Data (Create 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Account

<mule-zuora-connector:create-account>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Account Request Data (Create Account 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Version (Zuora バージョン)

String (文字列)

Zuora REST API のマイナーバージョン。 このパラメータを設定する必要があるのは、次の項目を使用する場合のみです: * invoice * collect * runBilling * targetDate

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Account Crud

<mule-zuora-connector:create-account-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Account Crud Request Data (Create Account Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Accounting Code

<mule-zuora-connector:create-accounting-code>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Accounting Code Request Data (Create Accounting Code 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Accounting Period

<mule-zuora-connector:create-accounting-period>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Accounting Period Request Data (Create Accounting Period 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Amendment Crud

<mule-zuora-connector:create-amendment-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Amendment Crud Request Data (Create Amendment Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create And Activate Order

<mule-zuora-connector:create-and-activate-order>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create And Activate Order Request Data (Create And Activate Order 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Apple Pay Payment Method

<mule-zuora-connector:create-apple-pay-payment-method>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Apple Pay Payment Method Request Data (Create Apple Pay Payment Method 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Bill Run Crud

<mule-zuora-connector:create-bill-run-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Bill Run Crud Request Data (Create Bill Run Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Billing Preview

<mule-zuora-connector:create-billing-preview>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Billing Preview Request Data (Create Billing Preview 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Billing Preview Run

<mule-zuora-connector:create-billing-preview-run>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Billing Preview Run Request Data (Create Billing Preview Run 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Contact Crud

<mule-zuora-connector:create-contact-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Contact Crud Request Data (Create Contact Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Credit Memo From Charge

<mule-zuora-connector:create-credit-memo-from-charge>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Credit Memo From Charge Request Data (Create Credit Memo From Charge 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Credit Memo From Invoice

<mule-zuora-connector:create-credit-memo-from-invoice>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Credit Memo From Invoice Request Data (Create Credit Memo From Invoice 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Invoice Id (請求書 ID)

String (文字列)

請求書の ID。例: 2c92c8955bd63cc1015bd7c151af02ab。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Credit Memo Pdf

<mule-zuora-connector:create-credit-memo-pdf>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Debit Memo From Charge

<mule-zuora-connector:create-debit-memo-from-charge>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Debit Memo From Charge Request Data (Create Debit Memo From Charge 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Debit Memo From Invoice

<mule-zuora-connector:create-debit-memo-from-invoice>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Debit Memo From Invoice Request Data (Create Debit Memo From Invoice 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Invoice Id (請求書 ID)

String (文字列)

請求書の ID。例: 2c92c8955bd63cc1015bd7c151af02ab。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Debit Memo Pdf

<mule-zuora-connector:create-debit-memo-pdf>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Debit Memo Id (デビットメモ ID)

String (文字列)

デビットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Entity Multi Entity

<mule-zuora-connector:create-entity-multi-entity>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Entity Multi Entity Request Data (Create Entity Multi Entity 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Export Crud

<mule-zuora-connector:create-export-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Export Crud Request Data (Create Export Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Import Crud

<mule-zuora-connector:create-import-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Import Crud Request Data (Create Import Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Invoice Adjustment Crud

<mule-zuora-connector:create-invoice-adjustment-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Invoice Adjustment Crud Request Data (Create Invoice Adjustment Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Invoice Payment Crud

<mule-zuora-connector:create-invoice-payment-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Invoice Payment Crud Request Data (Create Invoice Payment Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Journal Run

<mule-zuora-connector:create-journal-run>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Journal Run Request Data (Create Journal Run 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Payment

<mule-zuora-connector:create-payment>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Payment Request Data (Create Payment 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Payment Crud

<mule-zuora-connector:create-payment-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Payment Crud Request Data (Create Payment Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Payment Method

<mule-zuora-connector:create-payment-method>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Payment Method Request Data (Create Payment Method 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Payment Method Crud

<mule-zuora-connector:create-payment-method-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Payment Method Crud Request Data (Create Payment Method Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Payment Run

<mule-zuora-connector:create-payment-run>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Payment Run Request Data (Create Payment Run 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Product Crud

<mule-zuora-connector:create-product-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Product Crud Request Data (Create Product Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Product Rate Plan Crud

<mule-zuora-connector:create-product-rate-plan-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Product Rate Plan Crud Request Data (Create Product Rate Plan Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Refund Crud

<mule-zuora-connector:create-refund-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Refund Crud Request Data (Create Refund Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Revenue Schedule For Credit Memo Item Distribute By Date Range

<mule-zuora-connector:create-revenue-schedule-for-credit-memo-item-distribute-by-date-range>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Revenue Schedule For Credit Memo Item Distribute By Date Range Request Data (Create Revenue Schedule For Credit Memo Item Distribute By Date Range 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Cmi Id (Cmi ID)

String (文字列)

クレジットメモ項目の一意の ID。クレジットメモ項目 ID は Get credit memo items の応答から取得できます。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Revenue Schedule For Credit Memo Item Manual Distribution

<mule-zuora-connector:create-revenue-schedule-for-credit-memo-item-manual-distribution>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Revenue Schedule For Credit Memo Item Manual Distribution Request Data (Create Revenue Schedule For Credit Memo Item Manual Distribution 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Cmi Id (Cmi ID)

String (文字列)

クレジットメモ項目の一意の ID。クレジットメモ項目 ID は Get credit memo items の応答から取得できます。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Revenue Schedule For Debit Memo Item Distribute By Date Range

<mule-zuora-connector:create-revenue-schedule-for-debit-memo-item-distribute-by-date-range>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Revenue Schedule For Debit Memo Item Distribute By Date Range Request Data (Create Revenue Schedule For Debit Memo Item Distribute By Date Range 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Dmi Id (Dmi ID)

String (文字列)

デビットメモ項目の一意の ID。デビットメモ項目 ID は get debit memo items の応答から取得できます。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Revenue Schedule For Debit Memo Item Manual Distribution

<mule-zuora-connector:create-revenue-schedule-for-debit-memo-item-manual-distribution>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Revenue Schedule For Debit Memo Item Manual Distribution Request Data (Create Revenue Schedule For Debit Memo Item Manual Distribution 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Dmi Id (Dmi ID)

String (文字列)

デビットメモ項目の一意の ID。デビットメモ項目 ID は get debit memo items の応答から取得できます。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Revenue Schedule For Invoice Item Adjustment Distribute By Date Range

<mule-zuora-connector:create-revenue-schedule-for-invoice-item-adjustment-distribute-by-date-range>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Revenue Schedule For Invoice Item Adjustment Distribute By Date Range Request Data (Create Revenue Schedule For Invoice Item Adjustment Distribute By Date Range 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Invoice Item Adj Key (請求書項目調整キー)

String (文字列)

請求書項目調整の ID または番号。例: e20b07fd416dcfcf0141c81164fd0a72。指定された請求書項目調整がすでに収益スケジュールに関連付けられている場合、コールに失敗します。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Revenue Schedule For Invoice Item Adjustment Manual Distribution

<mule-zuora-connector:create-revenue-schedule-for-invoice-item-adjustment-manual-distribution>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Revenue Schedule For Invoice Item Adjustment Manual Distribution Request Data (Create Revenue Schedule For Invoice Item Adjustment Manual Distribution 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Invoice Item Adj Key (請求書項目調整キー)

String (文字列)

請求書項目調整の ID または番号。例: e20b07fd416dcfcf0141c81164fd0a72。指定された請求書項目調整がすでに収益スケジュールに関連付けられている場合、コールに失敗します。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Revenue Schedule For Invoice Item Distribute By Date Range

<mule-zuora-connector:create-revenue-schedule-for-invoice-item-distribute-by-date-range>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Revenue Schedule For Invoice Item Distribute By Date Range Request Data (Create Revenue Schedule For Invoice Item Distribute By Date Range 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Invoice Item Id (請求書項目 ID)

String (文字列)

有効な請求書項目 ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Revenue Schedule For Invoice Item Manual Distribution

<mule-zuora-connector:create-revenue-schedule-for-invoice-item-manual-distribution>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Revenue Schedule For Invoice Item Manual Distribution Request Data (Create Revenue Schedule For Invoice Item Manual Distribution 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Invoice Item Id (請求書項目 ID)

String (文字列)

有効な請求書項目 ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Revenue Schedule On Subscription Charge

<mule-zuora-connector:create-revenue-schedule-on-subscription-charge>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Revenue Schedule On Subscription Charge Request Data (Create Revenue Schedule On Subscription Charge 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Charge Key (チャージキー)

String (文字列)

サブスクリプション料金プランチャージの ID。例: 402892793e173340013e173b81000012。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Subscription

<mule-zuora-connector:create-subscription>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Subscription Request Data (Create Subscription 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Version (Zuora バージョン)

String (文字列)

Zuora REST API のマイナーバージョン。 このパラメータを設定する必要があるのは、次の項目を使用する場合のみです: * invoice * collect * runBilling * targetDate

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Summary Journal Entry

<mule-zuora-connector:create-summary-journal-entry>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Summary Journal Entry Request Data (Create Summary Journal Entry 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Taxation Item Crud

<mule-zuora-connector:create-taxation-item-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Taxation Item Crud Request Data (Create Taxation Item Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Taxation Items For Credit Memo

<mule-zuora-connector:create-taxation-items-for-credit-memo>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Taxation Items For Credit Memo Request Data (Create Taxation Items For Credit Memo 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Taxation Items For Debit Memo

<mule-zuora-connector:create-taxation-items-for-debit-memo>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Taxation Items For Debit Memo Request Data (Create Taxation Items For Debit Memo 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Debit Memo Id (デビットメモ ID)

String (文字列)

デビットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Unit Of Measure Crud

<mule-zuora-connector:create-unit-of-measure-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Unit Of Measure Crud Request Data (Create Unit Of Measure Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Create Usage Crud

<mule-zuora-connector:create-usage-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Create Usage Crud Request Data (Create Usage Crud 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Deactivate Accounting Code

<mule-zuora-connector:deactivate-accounting-code>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Ac Id (Ac ID)

String (文字列)

更新するアカウンティングコードの ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Decrypt Rsa Signature

<mule-zuora-connector:decrypt-rsa-signature>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Decrypt Rsa Signature Request Data (Decrypt Rsa Signature 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete (削除)

<mule-zuora-connector:delete>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Delete Request Data (Delete 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Account Crud

<mule-zuora-connector:delete-account-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Accounting Code

<mule-zuora-connector:delete-accounting-code>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Ac Id (Ac ID)

String (文字列)

更新するアカウンティングコードの ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Accounting Period

<mule-zuora-connector:delete-accounting-period>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Ap Id (Ap ID)

String (文字列)

削除するアカウンティング期間の ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Amendment Crud

<mule-zuora-connector:delete-amendment-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Attachments

<mule-zuora-connector:delete-attachments>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Bill Run Crud

<mule-zuora-connector:delete-bill-run-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Contact Crud

<mule-zuora-connector:delete-contact-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Credit Memo

<mule-zuora-connector:delete-credit-memo>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Debit Memo

<mule-zuora-connector:delete-debit-memo>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Debit Memo Id (デビットメモ ID)

String (文字列)

デビットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Entity Multi Entity

<mule-zuora-connector:delete-entity-multi-entity>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

削除するエンティティの ID を指定します。エンティティ ID は GET Entities コールから取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Feature Crud

<mule-zuora-connector:delete-feature-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Invoice Adjustment Crud

<mule-zuora-connector:delete-invoice-adjustment-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Invoice Crud

<mule-zuora-connector:delete-invoice-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Invoice Item Adjustment Crud

<mule-zuora-connector:delete-invoice-item-adjustment-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Journal Run

<mule-zuora-connector:delete-journal-run>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Jr Number (Jr 番号)

String (文字列)

ジャーナル実行番号。「JR-00000001」の形式の有効なジャーナル実行番号である必要があります。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Order

<mule-zuora-connector:delete-order>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Order Number (注文番号)

String (文字列)

削除する注文の番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Payment

<mule-zuora-connector:delete-payment>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Payment Id (支払い ID)

String (文字列)

未適用の支払いの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Payment Crud

<mule-zuora-connector:delete-payment-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

削除する支払いの一意の ID。例: 2c92c0f85d4e95ae015d4f7e5d690622。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Payment Method

<mule-zuora-connector:delete-payment-method>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Payment Method Id (支払い方法 ID)

String (文字列)

支払い方法の一意の識別子。(この ID は一意であり、システムの顧客アカウントにリンクされているため、顧客の識別子は必要ありません)。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Payment Method Crud

<mule-zuora-connector:delete-payment-method-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Payment Method Snapshot Crud

<mule-zuora-connector:delete-payment-method-snapshot-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Payment Run

<mule-zuora-connector:delete-payment-run>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Payment Run Id (支払い実行 ID)

String (文字列)

支払い実行の一意の ID。例: 402890245f097f39015f0f074a2e0566。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Product Crud

<mule-zuora-connector:delete-product-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Product Feature Crud

<mule-zuora-connector:delete-product-feature-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Product Rate Plan Charge Crud

<mule-zuora-connector:delete-product-rate-plan-charge-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Product Rate Plan Crud

<mule-zuora-connector:delete-product-rate-plan-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Refund

<mule-zuora-connector:delete-refund>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Refund Id (払い戻し ID)

String (文字列)

払い戻しの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Refund Crud

<mule-zuora-connector:delete-refund-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Revenue Schedule

<mule-zuora-connector:delete-revenue-schedule>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Rs Number (Rs 番号)

String (文字列)

削除する収益スケジュールの収益スケジュール番号。例: RS-00000256。収益スケジュールを削除するには、次の条件を満たしている必要があります: * カスタムの無制限の認識ルールを使用している。* クローズ済みのアカウンティング期間に収益がない。* サマリジャーナルエントリに含まれていない。* クローズ済みのアカウンティング期間に収益スケジュール日がない。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Subscription Crud

<mule-zuora-connector:delete-subscription-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Summary Journal Entry

<mule-zuora-connector:delete-summary-journal-entry>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Je Number (Je 番号)

String (文字列)

JE-00000001 の形式のジャーナルエントリ番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Taxation Item

<mule-zuora-connector:delete-taxation-item>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

課税項目の一意の ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Taxationitem Crud

<mule-zuora-connector:delete-taxationitem-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Unitofmeasure Crud

<mule-zuora-connector:delete-unitofmeasure-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Delete Usage Crud

<mule-zuora-connector:delete-usage-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Deny Connection Multi Entity

<mule-zuora-connector:deny-connection-multi-entity>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Connection Id (接続 ID)

String (文字列)

受け入れる接続の ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Deny User Access Multi Entity

<mule-zuora-connector:deny-user-access-multi-entity>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Username (ユーザ名)

String (文字列)

アクセス要求を受け入れるユーザのログイン名を指定します。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Describe Object

<mule-zuora-connector:describe-object>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Object (オブジェクト)

String (文字列)

Zuora テナントのオブジェクトの API 名。例: InvoiceItem。有効なオブジェクト名のリストについては、「Zuora オブジェクトモデル」を参照してください。 Zuora テナントで有効にしている機能に応じて、一部のオブジェクトの項目をリストできない場合があります。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

次の設定の場合

  • config

Disconnect Connection Multi Entity

<mule-zuora-connector:disconnect-connection-multi-entity>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Connection Id (接続 ID)

String (文字列)

受け入れる接続の ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Distribute Revenue Across Accounting Periods

<mule-zuora-connector:distribute-revenue-across-accounting-periods>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Distribute Revenue Across Accounting Periods (Distribute Revenue Across Accounting Periods 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Rs Number (Rs 番号)

String (文字列)

削除する収益スケジュールの収益スケジュール番号。例: RS-00000256。収益スケジュールを削除するには、次の条件を満たしている必要があります: * カスタムの無制限の認識ルールを使用している。* クローズ済みのアカウンティング期間に収益がない。* サマリジャーナルエントリに含まれていない。* クローズ済みのアカウンティング期間に収益スケジュール日がない。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Distribute Revenue By Recognition Start And End Dates

<mule-zuora-connector:distribute-revenue-by-recognition-start-and-end-dates>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Distribute Revenue By Recognition Start And End Dates Request Data (Distribute Revenue By Recognition Start And End Dates 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Rs Number (Rs 番号)

String (文字列)

削除する収益スケジュールの収益スケジュール番号。例: RS-00000256。収益スケジュールを削除するには、次の条件を満たしている必要があります: * カスタムの無制限の認識ルールを使用している。* クローズ済みのアカウンティング期間に収益がない。* サマリジャーナルエントリに含まれていない。* クローズ済みのアカウンティング期間に収益スケジュール日がない。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Distribute Revenue On Specific Date

<mule-zuora-connector:distribute-revenue-on-specific-date>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Distribute Revenue On Specific Date Request Data (Distribute Revenue On Specific Date 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Rs Number (Rs 番号)

String (文字列)

削除する収益スケジュールの収益スケジュール番号。例: RS-00000256。収益スケジュールを削除するには、次の条件を満たしている必要があります: * カスタムの無制限の認識ルールを使用している。* クローズ済みのアカウンティング期間に収益がない。* サマリジャーナルエントリに含まれていない。* クローズ済みのアカウンティング期間に収益スケジュール日がない。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Edit Attachments

<mule-zuora-connector:edit-attachments>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Edit Attachments Request Data (Edit Attachments 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Email Billing Documents Generated From Bill Run

<mule-zuora-connector:email-billing-documents-generated-from-bill-run>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Email Billing Documents Generated From Bill Run Request Data (Email Billing Documents Generated From Bill Run 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Bill Run Id (請求実行 ID)

String (文字列)

請求実行の ID。例: 2c92c8f95d0c886e015d11287a8f0f8b。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Email Credit Memo

<mule-zuora-connector:email-credit-memo>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Email Credit Memo Request Data (Email Credit Memo 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Email Debit Memo

<mule-zuora-connector:email-debit-memo>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Email Debit Memo Request Data (Email Debit Memo 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Debit Memo Id (デビットメモ ID)

String (文字列)

デビットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Email Invoice

<mule-zuora-connector:email-invoice>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Email Invoice Request Data (Email Invoice 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Invoice Id (請求書 ID)

String (文字列)

請求書の ID。例: 2c92c8955bd63cc1015bd7c151af02ab。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Establish Connection To Zuora Rest Api Service

<mule-zuora-connector:establish-connection-to-zuora-rest-api-service>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Api Access Key Id (Api アクセスキー ID)

String (文字列)

アカウントのユーザ名。

x

Api Secret Access Key (Api シークレットアクセスキー)

String (文字列)

アカウントのパスワード。

x

Content Type (コンテンツ種別)

String (文字列)

「application/json」に設定する必要があります。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Execute

<mule-zuora-connector:execute>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Execute Request Data (Execute 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Generate

<mule-zuora-connector:generate>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Generate Request Data (Generate 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Generate An Oauth Token

<mule-zuora-connector:generate-an-oauth-token>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Generate An Oauth Token Request Data (Generate An Oauth Token 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Generate Billing Documents By Account

<mule-zuora-connector:generate-billing-documents-by-account>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Generate Billing Documents By Account Request Data (Generate Billing Documents By Account 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Id (ID)

String (文字列)

請求ドキュメントが生成される顧客アカウントの ID。例: 8a8082e65b27f6c3015ba3e326b26419。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Generate Quotes Document

<mule-zuora-connector:generate-quotes-document>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Generate Quotes Document Request Data (Generate Quotes Document 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Generate Rsa Signature

<mule-zuora-connector:generate-rsa-signature>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Generate Rsa Signature Request Data (Generate Rsa Signature 要求データ)

Any (任意)

#[payload]

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Account

<mule-zuora-connector:get-account>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Account Key (アカウントキー)

String (文字列)

アカウント番号またはアカウント ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Account Summary

<mule-zuora-connector:get-account-summary>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Account Key (アカウントキー)

String (文字列)

アカウント番号またはアカウント ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Accounting Period

<mule-zuora-connector:get-accounting-period>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Ap Id (Ap ID)

String (文字列)

削除するアカウンティング期間の ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get All Accounting Codes

<mule-zuora-connector:get-all-accounting-codes>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

300

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get All Accounting Periods

<mule-zuora-connector:get-all-accounting-periods>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

300

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get All Orders

<mule-zuora-connector:get-all-orders>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page (ページ)

Number (数値)

注文が取得されるページ番号。

1

Date Filter Option (日付検索条件オプション)

String (文字列)

絞り込む日付種別。この項目値は orderDate または updatedDate です。デフォルトは orderDate です。

Start Date (開始日)

Date (日付)

結果には dateFilterOption の日付がこの日付以降の注文のみが含まれます。

End Date (終了日)

Date (日付)

結果には dateFilterOption の日付がこの日付以前の注文のみが含まれます。

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get All Payments

<mule-zuora-connector:get-all-payments>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Fields Filterable (項目絞り込み可能)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータが制限されます。このパラメータを使用して、絞り込む次元を指定できます。 1 つの検索条件は次の形式になります: fieldsFilterable = field_value 検索条件は & を使用して組み合わせることができます。例: fieldsFilterable = field_value & fieldsFilterable = field_value fieldsFilterable は、応答データを絞り込むために使用できるサポートされる項目の名前を示します。この操作のサポートされる絞り込み可能な項目は次のとおりです: - number - status - type - accountId - amount - appliedAmount - unappliedAmount - refundAmount - creditBalanceAmount - currency - effectiveDate - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById field_value は絞り込み可能な項目の有効な値を示します。項目値の種別が string (文字列) の場合、絞り込むためにこの項目を null 値に設定できます。この場合、この項目値が「null」の応答データを取得できます。これらの項目についての詳細は、「応答」セクションの項目の説明を参照してください。 例: - /payments?status=Processed - /payments?currency=USD&status=Processed - /payments?status=Processed&type=External&sort=+number

Sort (ソート)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータの順序が制限されます。このパラメータを使用して、並べ替える次元を指定できます。 ソート可能な項目は次の形式になります: operator field_name 1 つの URL パスで使用できるソート可能な項目は最大 2 つです。ソート可能な項目を区切るにはカンマを使用します。例: operator field_name, operator field_name operator はシーケンスの順序をマークするために使用します。オペレータは省略可能です。オペレータを付けずにソート可能な項目のみを指定した場合、応答データはこの項目によって降順でソートされます。 - - オペレータは昇順を示します。 - + オペレータは降順を示します。 デフォルトでは、応答データは支払い番号によって降順で表示されます。 field_name はソート可能な項目の名前を示します。この操作のサポートされるソート可能な項目は次のとおりです: - number - accountId - amount - appliedAmount - unappliedAmount - refundAmount - creditBalanceAmount - effectiveDate - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById Examples: - /payments?sort=+number - /payments?status=Processed&sort=-number,+amount

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get All Refunds

<mule-zuora-connector:get-all-refunds>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Fields Filterable (項目絞り込み可能)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータが制限されます。このパラメータを使用して、絞り込む次元を指定できます。 1 つの検索条件は次の形式になります: fieldsFilterable = field_value 検索条件は & を使用して組み合わせることができます。例: fieldsFilterable = field_value & fieldsFilterable = field_value fieldsFilterable は、応答データを絞り込むために使用できるサポートされる項目の名前を示します。この操作のサポートされる絞り込み可能な項目は次のとおりです: - number - status - type - accountId - amount - refundDate - paymentId - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById - methodType field_value は絞り込み可能な項目の有効な値を示します。項目値の種別が string (文字列) の場合、絞り込むためにこの項目を null 値に設定できます。この場合、この項目値が「null」の応答データを取得できます。これらの項目についての詳細は、「応答」セクションの項目の説明を参照してください。 例: - /refunds?status=Processed - /refunds?amount=4&status=Processed - /refunds?status=Processed&type=External&sort=+number

Sort (ソート)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータの順序が制限されます。このパラメータを使用して、並べ替える次元を指定できます。 ソート可能な項目は次の形式になります: operator field_name 1 つの URL パスで使用できるソート可能な項目は最大 2 つです。ソート可能な項目を区切るにはカンマを使用します。例: operator field_name, operator field_name operator はシーケンスの順序をマークするために使用します。オペレータは省略可能です。オペレータを付けずにソート可能な項目のみを指定した場合、応答データはこの項目によって降順でソートされます。 - - オペレータは昇順を示します。 - + オペレータは降順を示します。 デフォルトでは、応答データは払い戻し番号によって降順で表示されます。 field_name はソート可能な項目の名前を示します。この操作のサポートされるソート可能な項目は次のとおりです: - number - accountId - amount - refundDate - paymentId - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById Examples: - /refunds?sort=+number - /refunds?status=Processed&sort=-number,+amount

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get All Revenue Schedules Of Product Charge By Charge Id And Billing Account Id

<mule-zuora-connector:get-all-revenue-schedules-of-product-charge-by-charge-id-and-billing-account-id>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

8

Charge Key (チャージキー)

String (文字列)

製品料金プランチャージの一意の ID。例: 8a8082e65ba86084015bb323d3c61d82。

x

Account Key (アカウントキー)

String (文字列)

アカウント番号またはアカウント ID。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get All Summary Journal Entries In A Journal Run

<mule-zuora-connector:get-all-summary-journal-entries-in-a-journal-run>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

8

Jr Number (Jr 番号)

String (文字列)

ジャーナル実行番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Amendment Crud

<mule-zuora-connector:get-amendment-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Fields (項目)

String (文字列)

返すオブジェクト項目。

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Amendments By Key

<mule-zuora-connector:get-amendments-by-key>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Amendment Key (修正キー)

String (文字列)

修正 ID または修正コードを使用できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Amendments By Subscription Id

<mule-zuora-connector:get-amendments-by-subscription-id>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Subscription Id (サブスクリプション ID)

String (文字列)

修正変更を取得するサブスクリプションの ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get An Order

<mule-zuora-connector:get-an-order>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Order Number (注文番号)

String (文字列)

削除する注文の番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Billing Documents

<mule-zuora-connector:get-billing-documents>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Account Id (アカウント ID)

String (文字列)

請求ドキュメントが関連付けられている顧客アカウントの ID。

x

Document Date (ドキュメント日付)

Date (日付)

請求ドキュメントの日付。請求書の請求日、クレジットメモのクレジットメモ日、デビットメモのデビットメモ日を表します。

Status (状況)

String (文字列)

請求ドキュメントの状況。

Sort (ソート)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータの順序が制限されます。このパラメータを使用して、並べ替える次元を指定できます。 ソート可能な項目を指定しない場合、応答データは documentDate 項目によって降順でソートされます。 ソート可能な項目は次の形式になります: operator field_name 1 つの URL パスで使用できるソート可能な項目は最大 2 つです。ソート可能な項目を区切るにはカンマを使用します。例: operator field_name, operator field_name operator はシーケンスの順序をマークするために使用します。オペレータは省略可能です。オペレータを付けずにソート可能な項目のみを指定した場合、応答データはこの項目によって降順でソートされます。 - - オペレータは昇順を示します。 - + オペレータは降順を示します。 field_name はソート可能な項目の名前を示します。この操作のサポートされるソート可能な項目は次のとおりです: - documentDate - documentType Examples: - /billing-documents?accountId=4028905f5e4feb38015e50af9aa002d1&sort=+documentDate,-documentType - /billing-documents?accountId=4028905f5e4feb38015e50af9aa002d1&status=Posted&sort=+documentDate&page=2&pageSize=15

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Billing Information For Order

<mule-zuora-connector:get-billing-information-for-order>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

As Of Date (起点日)

Date (日付)

注文の請求状況はこの日付を起点として計算されます。請求日がこの日付より後の請求書は請求額に含まれません。デフォルト値は今日です。

Order Number (注文番号)

String (文字列)

削除する注文の番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Billing Preview Run

<mule-zuora-connector:get-billing-preview-run>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Billing Preview Run Id (請求プレビュー実行 ID)

String (文字列)

請求書プレビュー実行の ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Breakdown Of Credit Memo By Order

<mule-zuora-connector:get-breakdown-of-credit-memo-by-order>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Credit Memo Number (クレジットメモ番号)

String (文字列)

内訳を表示するクレジットメモの番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Breakdown Of Invoice By Order

<mule-zuora-connector:get-breakdown-of-invoice-by-order>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Invoice Number (請求書番号)

String (文字列)

内訳を表示する請求書の番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Callout Notification Histories

<mule-zuora-connector:get-callout-notification-histories>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

End Time (終了時間)

Date (日付)

返されるレコードの最終日時。デフォルトは現在です。yyyy-MM-ddTHH:mm:ss の形式を使用します。

Start Time (開始時間)

Date (日付)

返されるレコードの開始日時。デフォルトは (終了時間 - 1 日) です。yyyy-MM-ddTHH:mm:ss の形式を使用します。

Object Id (オブジェクト ID)

String (文字列)

コールアウト通知をトリガしたオブジェクトの ID。

Failed Only (失敗のみ)

Boolean (ブール)

true の場合、失敗したレコードのみを返します。false の場合、指定された日付範囲のすべてのレコードを返します。デフォルト値は true です。

Event Category (イベントカテゴリ)

String (文字列)

イベントカテゴリによって返されるレコードのカテゴリ。

Include Response Content (応答コンテンツを含む)

Boolean (ブール)

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Charge Summary Details By Charge Id

<mule-zuora-connector:get-charge-summary-details-by-charge-id>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Charge Key (チャージキー)

String (文字列)

サブスクリプション料金プランチャージの ID。例: 424242424a242424242b424c42424242。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Charge Summary Details By Crs Number

<mule-zuora-connector:get-charge-summary-details-by-crs-number>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Crs Number (Crs 番号)

String (文字列)

チャージ収益サマリ番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Connections Multi Entity

<mule-zuora-connector:get-connections-multi-entity>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Type (種別)

String (文字列)

エンティティのインバウンド接続とアウトバウンド接続のどちらを取得するかを指定します。 可能な値: - inbound: エンティティに対するすべての着信接続。 - outbound: エンティティからのすべての発信接続。 要求でこの項目を指定しない場合、インバウンド接続とアウトバウンド接続の両方が返されます。

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

30

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Credit Memo

<mule-zuora-connector:get-credit-memo>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Credit Memo Item

<mule-zuora-connector:get-credit-memo-item>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Cmitemid

String (文字列)

クレジットメモ項目の一意の ID。クレジットメモ項目 ID は Get credit memo items の応答から取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Credit Memo Items

<mule-zuora-connector:get-credit-memo-items>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Fields Filterable (項目絞り込み可能)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータが制限されます。このパラメータを使用して、絞り込む次元を指定できます。 1 つの検索条件は次の形式になります: fieldsFilterable = field_value 検索条件は & を使用して組み合わせることができます。例: fieldsFilterable = field_value & fieldsFilterable = field_value fieldsFilterable は、応答データを絞り込むために使用できるサポートされる項目の名前を示します。この操作のサポートされる絞り込み可能な項目は次のとおりです: - id - amount - appliedAmount - refundAmount - sku - skuName - serviceStartDate - serviceEndDate - sourceItemId - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById - subscriptionId field_value は絞り込み可能な項目の有効な値を示します。項目値の種別が string (文字列) の場合、絞り込むためにこの項目を null 値に設定できます。この場合、この項目値が「null」の応答データを取得できます。これらの項目についての詳細は、「応答」セクションの項目の説明を参照してください。 例: - /creditmemos/402890245c7ca371015c7cb40ac30015/items?amount=100 - /creditmemos/402890245c7ca371015c7cb40ac30015/items?amount=100&sort=createdDate

Sort (ソート)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータの順序が制限されます。このパラメータを使用して、並べ替える次元を指定できます。 ソート可能な項目は次の形式になります: operator field_name 1 つの URL パスで使用できるソート可能な項目は最大 2 つです。ソート可能な項目を区切るにはカンマを使用します。例: operator field_name, operator field_name operator はシーケンスの順序をマークするために使用します。オペレータは省略可能です。オペレータを付けずにソート可能な項目のみを指定した場合、応答データはこの項目によって降順でソートされます。 - - オペレータは昇順を示します。 - + オペレータは降順を示します。 デフォルトでは、応答データは更新日によって降順で表示されます。 field_name はソート可能な項目の名前を示します。この操作のサポートされるソート可能な項目は次のとおりです: - id - amount - appliedAmount - refundAmount - sku - skuName - serviceStartDate - serviceEndDate - sourceItemId - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById - subscriptionId Examples: - /creditmemos/402890245c7ca371015c7cb40ac30015/items?sort=createdDate - /creditmemos/402890245c7ca371015c7cb40ac30015/items?amount=100&sort=createdDate

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Credit Memo Part

<mule-zuora-connector:get-credit-memo-part>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Partid

String (文字列)

特定のクレジットメモパートの一意の ID。クレジットメモパート ID は get credit memo parts の応答から取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Credit Memo Part Item

<mule-zuora-connector:get-credit-memo-part-item>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Partid

String (文字列)

特定のクレジットメモパートの一意の ID。クレジットメモパート ID は get credit memo parts の応答から取得できます。

x

Itempartid

String (文字列)

特定のクレジットメモパート項目の一意の ID。クレジットメモパート項目 ID は get credit memo part items の応答から取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Credit Memo Part Items

<mule-zuora-connector:get-credit-memo-part-items>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Partid

String (文字列)

特定のクレジットメモパートの一意の ID。クレジットメモパート ID は get credit memo parts の応答から取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Credit Memo Parts

<mule-zuora-connector:get-credit-memo-parts>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Credit Memo Id (クレジットメモ ID)

String (文字列)

クレジットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Credit Memos

<mule-zuora-connector:get-credit-memos>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Fields Filterable (項目絞り込み可能)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータが制限されます。このパラメータを使用して、絞り込む次元を指定できます。 1 つの検索条件は次の形式になります: fieldsFilterable = field_value 検索条件は & を使用して組み合わせることができます。例: fieldsFilterable = field_value & fieldsFilterable = field_value fieldsFilterable は、応答データを絞り込むために使用できるサポートされる項目の名前を示します。この操作のサポートされる絞り込み可能な項目は次のとおりです: - number - accountId - currency - creditMemoDate - targetDate - status - amount - taxAmount - totalTaxExemptAmount - unappliedAmount - refundAmount - appliedAmount - referredInvoiceId - transferredToAccounting - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById - autoApplyUponPosting - excludeFromAutoApplyRules field_value は絞り込み可能な項目の有効な値を示します。項目値の種別が string (文字列) の場合、絞り込むためにこの項目を null 値に設定できます。この場合、この項目値が「null」の応答データを取得できます。これらの項目についての詳細は、「応答」セクションの項目の説明を参照してください。 例: - /creditmemos?status=Processed - /creditmemos?referredInvoiceId=null&status=Draft - /creditmemos?status=Processed&type=External&sort=+number

Sort (ソート)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータの順序が制限されます。このパラメータを使用して、並べ替える次元を指定できます。 ソート可能な項目は次の形式になります: operator field_name 1 つの URL パスで使用できるソート可能な項目は最大 2 つです。ソート可能な項目を区切るにはカンマを使用します。例: operator field_name, operator field_name operator はシーケンスの順序をマークするために使用します。オペレータは省略可能です。オペレータを付けずにソート可能な項目のみを指定した場合、応答データはこの項目によって降順でソートされます。 - - オペレータは昇順を示します。 - + オペレータは降順を示します。 デフォルトでは、応答データはクレジットメモ番号によって降順で表示されます。 field_name はソート可能な項目の名前を示します。この操作のサポートされるソート可能な項目は次のとおりです: - number - accountId - creditMemoDate - targetDate - status - amount - taxAmount - totalTaxExemptAmount - unappliedAmount - refundAmount - appliedAmount - referredInvoiceId - transferredToAccounting - createdDate - createdById - updatedDate Examples: - /creditmemos?sort=+number - /creditmemos?status=Processed&sort=-number,+amount

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Custom Foreign Currency Exchange Rates

<mule-zuora-connector:get-custom-foreign-currency-exchange-rates>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Start Date (開始日)

String (文字列)

為替レートを取得する日付範囲の開始日。 日付は yyyy-mm-dd 形式である必要があります。例: 2016-01-15。開始日は終了日より後にはできません。

x

End Date (終了日)

String (文字列)

為替レートを取得する日付範囲の終了日。 日付は yyyy-mm-dd 形式である必要があります。例: 2016/01/16。終了日は開始日の最大 90 日後にできます。

x

Currency (通貨)

String (文字列)

テナントの対象基準通貨。応答の為替レートは、対象通貨に関して計算されます。 値は 3 文字の通貨コードである必要があります。例: USD。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

get debit Memo

<mule-zuora-connector:get-debit-memo>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Debit Memo Id (デビットメモ ID)

String (文字列)

デビットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

get debit Memo Application Parts

<mule-zuora-connector:get-debit-memo-application-parts>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Debit Memo Id (デビットメモ ID)

String (文字列)

デビットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

get debit Memo Item

<mule-zuora-connector:get-debit-memo-item>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Debit Memo Id (デビットメモ ID)

String (文字列)

デビットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Dmitemid

String (文字列)

デビットメモ項目の一意の ID。デビットメモ項目 ID は get debit memo items の応答から取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

get debit Memo Items

<mule-zuora-connector:get-debit-memo-items>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Fields Filterable (項目絞り込み可能)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータが制限されます。このパラメータを使用して、絞り込む次元を指定できます。 1 つの検索条件は次の形式になります: fieldsFilterable = field_value 検索条件は & を使用して組み合わせることができます。例: fieldsFilterable = field_value & fieldsFilterable = field_value fieldsFilterable は、応答データを絞り込むために使用できるサポートされる項目の名前を示します。この操作のサポートされる絞り込み可能な項目は次のとおりです: - id - amount - beAppliedAmount - sku - skuName - serviceStartDate - serviceEndDate - sourceItemId - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById - subscriptionId field_value は絞り込み可能な項目の有効な値を示します。項目値の種別が string (文字列) の場合、絞り込むためにこの項目を null 値に設定できます。この場合、この項目値が「null」の応答データを取得できます。これらの項目についての詳細は、「応答」セクションの項目の説明を参照してください。 例: - /debitmemos/402890245c7ca371015c7cb40b28001f/items?amount=100 - /debitmemos/402890245c7ca371015c7cb40b28001f/items?amount=100&sort=createdDate

Sort (ソート)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータの順序が制限されます。このパラメータを使用して、並べ替える次元を指定できます。 ソート可能な項目は次の形式になります: operator field_name 1 つの URL パスで使用できるソート可能な項目は最大 2 つです。ソート可能な項目を区切るにはカンマを使用します。例: operator field_name, operator field_name operator はシーケンスの順序をマークするために使用します。オペレータは省略可能です。オペレータを付けずにソート可能な項目のみを指定した場合、応答データはこの項目によって降順でソートされます。 - - オペレータは昇順を示します。 - + オペレータは降順を示します。 デフォルトでは、応答データは更新日によって降順で表示されます。 field_name はソート可能な項目の名前を示します。この操作のサポートされるソート可能な項目は次のとおりです: - id - amount - beAppliedAmount - sku - skuName - serviceStartDate - serviceEndDate - sourceItemId - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById - subscriptionId Examples: - /debitmemos/402890245c7ca371015c7cb40b28001f/items?sort=createdDate - /debitmemos/402890245c7ca371015c7cb40b28001f/items?amount=100&sort=createdDate

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Debit Memo Id (デビットメモ ID)

String (文字列)

デビットメモの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

get debit Memos

<mule-zuora-connector:get-debit-memos>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Fields Filterable (項目絞り込み可能)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータが制限されます。このパラメータを使用して、絞り込む次元を指定できます。 1 つの検索条件は次の形式になります: fieldsFilterable = field_value 検索条件は & を使用して組み合わせることができます。例: fieldsFilterable = field_value & fieldsFilterable = field_value fieldsFilterable は、応答データを絞り込むために使用できるサポートされる項目の名前を示します。この操作のサポートされる絞り込み可能な項目は次のとおりです: - number - accountId - debitMemoDate - targetDate - dueDate - currency - status - amount - taxAmount - totalTaxExemptAmount - balance - beAppliedAmount - referredInvoiceId - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById field_value は絞り込み可能な項目の有効な値を示します。項目値の種別が string (文字列) の場合、絞り込むためにこの項目を null 値に設定できます。この場合、この項目値が「null」の応答データを取得できます。これらの項目についての詳細は、「応答」セクションの項目の説明を参照してください。 例: - /debitmemos?status=Processed - /debitmemos?referredInvoiceId=null&status=Draft - /debitmemos?status=Processed&type=External&sort=+number

Sort (ソート)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータの順序が制限されます。このパラメータを使用して、並べ替える次元を指定できます。 ソート可能な項目は次の形式になります: operator field_name 1 つの URL パスで使用できるソート可能な項目は最大 2 つです。ソート可能な項目を区切るにはカンマを使用します。例: operator field_name, operator field_name operator はシーケンスの順序をマークするために使用します。オペレータは省略可能です。オペレータを付けずにソート可能な項目のみを指定した場合、応答データはこの項目によって降順でソートされます。 - - オペレータは昇順を示します。 - + オペレータは降順を示します。 デフォルトでは、応答データはデビットメモ番号によって降順で表示されます。 field_name はソート可能な項目の名前を示します。この操作のサポートされるソート可能な項目は次のとおりです: - number - accountId - debitMemoDate - targetDate - dueDate - amount - taxAmount - totalTaxExemptAmount - balance - beAppliedAmount - referredInvoiceId - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById Examples: - /debitmemos?sort=+number - /debitmemos?status=Processed&sort=-number,+amount

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Email Notification Histories

<mule-zuora-connector:get-email-notification-histories>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

End Time (終了時間)

Date (日付)

返されるレコードの最終日時。デフォルトは現在です。yyyy-MM-ddTHH:mm:ss の形式を使用します。最大日付範囲 (endTime - startTime) は 3 日です。

Start Time (開始時間)

Date (日付)

返されるレコードの開始日時。デフォルトは (終了時間 - 1 日) です。yyyy-MM-ddTHH:mm:ss の形式を使用します。最大日付範囲 (endTime - startTime) は 3 日です。

Object Id (オブジェクト ID)

String (文字列)

メール通知をトリガしたオブジェクトの ID。

Failed Only (失敗のみ)

Boolean (ブール)

true の場合、失敗したレコードのみを返します。false の場合、指定された日付範囲のすべてのレコードを返します。指定しない場合のデフォルトは true です。

Event Category (イベントカテゴリ)

String (文字列)

イベントカテゴリによって返されるレコードのカテゴリ。

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Entities Multi Entity

<mule-zuora-connector:get-entities-multi-entity>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Provisioned (プロビジョニング)

String (文字列)

プロビジョニングされたエンティティを取得するかプロビジョニングされていないエンティティを取得するかを指定します: - true: プロビジョニングされたエンティティ - false: プロビジョニングされていないエンティティ 要求でこの項目を指定しない場合、プロビジョニングされたエンティティとプロビジョニングされていないエンティティの両方が返されます。

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Entities That A User Can Access Multi Entity

<mule-zuora-connector:get-entities-that-a-user-can-access-multi-entity>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Username (ユーザ名)

String (文字列)

アクセス要求を受け入れるユーザのログイン名を指定します。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Entity By Id Multi Entity

<mule-zuora-connector:get-entity-by-id-multi-entity>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

削除するエンティティの ID を指定します。エンティティ ID は GET Entities コールから取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Files

<mule-zuora-connector:get-files>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

File Id (ファイル ID)

String (文字列)

取得するファイルの Zuora ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

次の設定の場合

  • config

Get Invoice Application Parts

<mule-zuora-connector:get-invoice-application-parts>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Invoice Id (請求書 ID)

String (文字列)

請求書の ID。例: 2c92c8955bd63cc1015bd7c151af02ab。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Invoices

<mule-zuora-connector:get-invoices>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Account Key (アカウントキー)

String (文字列)

アカウント番号またはアカウント ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Journal Run

<mule-zuora-connector:get-journal-run>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Jr Number (Jr 番号)

String (文字列)

ジャーナル実行番号。「JR-00000001」の形式の有効なジャーナル実行番号である必要があります。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Mass Action Result

<mule-zuora-connector:get-mass-action-result>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Bulk Key (バルクキー)

String (文字列)

マスアクションを識別する 32 文字の文字列。バルクキーは REST API を使用してマスアクションを実行した後で取得します。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Order Metrics For Evergreen Subscription

<mule-zuora-connector:get-order-metrics-for-evergreen-subscription>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Start Date (開始日)

Date (日付)

メトリクスを取得する日付範囲の開始日。日付は yyyy-mm-dd 形式である必要があります。例: 2017-12-03。

x

End Date (終了日)

Date (日付)

メトリクスを取得する日付範囲の終了日。日付は yyyy-mm-dd 形式である必要があります。例: 2017-12-03。

x

Order Number (注文番号)

String (文字列)

削除する注文の番号。

x

Subscription Number (サブスクリプション番号)

String (文字列)

メトリクスを取得するサブスクリプション番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Orders By Invoice Owner

<mule-zuora-connector:get-orders-by-invoice-owner>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page (ページ)

Number (数値)

注文が取得されるページ番号。デフォルトは 1 です。

Date Filter Option (日付検索条件オプション)

String (文字列)

絞り込む日付種別。この項目値は orderDate または updatedDate です。デフォルトは orderDate です。

Start Date (開始日)

Date (日付)

結果には dateFilterOption の日付がこの日付以降の注文のみが含まれます。

End Date (終了日)

Date (日付)

結果には dateFilterOption の日付がこの日付以前の注文のみが含まれます。

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Account Number (アカウント番号)

String (文字列)

請求書所有者のアカウント番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Orders By Subscription Number

<mule-zuora-connector:get-orders-by-subscription-number>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page (ページ)

Number (数値)

注文が取得されるページ番号。デフォルト値は「1」です。

Date Filter Option (日付検索条件オプション)

String (文字列)

絞り込む日付種別。この項目値は「orderDate」または「updatedDate」です。デフォルトは orderDate です。

Start Date (開始日)

Date (日付)

結果には dateFilterOption の日付がこの日付以降の注文のみが含まれます。

End Date (終了日)

Date (日付)

結果には dateFilterOption の日付がこの日付以前の注文のみが含まれます。

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Subscription Number (サブスクリプション番号)

String (文字列)

サブスクリプション番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Orders By Subscription Owner

<mule-zuora-connector:get-orders-by-subscription-owner>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page (ページ)

Number (数値)

注文が取得されるページ番号。デフォルトは 1 です。

Date Filter Option (日付検索条件オプション)

String (文字列)

絞り込む日付種別。この項目値は「orderDate」または「updatedDate」です。デフォルトは orderDate です。

Start Date (開始日)

Date (日付)

結果には dateFilterOption の日付がこの日付以降の注文のみが含まれます。

End Date (終了日)

Date (日付)

結果には dateFilterOption の日付がこの日付以前の注文のみが含まれます。

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Account Number (アカウント番号)

String (文字列)

サブスクリプション所有者のアカウント番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment

<mule-zuora-connector:get-payment>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Payment Id (支払い ID)

String (文字列)

未適用の支払いの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Crud

<mule-zuora-connector:get-payment-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

削除する支払いの一意の ID。例: 2c92c0f85d4e95ae015d4f7e5d690622。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Gateways

<mule-zuora-connector:get-payment-gateways>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Method Crud

<mule-zuora-connector:get-payment-method-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Fields (項目)

String (文字列)

返すオブジェクト項目。

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Methods

<mule-zuora-connector:get-payment-methods>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Account Key (アカウントキー)

String (文字列)

アカウント番号またはアカウント ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Part

<mule-zuora-connector:get-payment-part>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Payment Id (支払い ID)

String (文字列)

未適用の支払いの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Partid

String (文字列)

特定の支払いパートの一意の ID。支払いパート ID は get payment parts の応答から取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Part Item

<mule-zuora-connector:get-payment-part-item>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Payment Id (支払い ID)

String (文字列)

未適用の支払いの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Partid

String (文字列)

特定の支払いパートの一意の ID。支払いパート ID は get payment parts の応答から取得できます。

x

Itempartid

String (文字列)

特定の支払いパート項目の一意の ID。支払いパート項目 ID は Get payment part items の応答から取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Part Items

<mule-zuora-connector:get-payment-part-items>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Payment Id (支払い ID)

String (文字列)

未適用の支払いの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Partid

String (文字列)

特定の支払いパートの一意の ID。支払いパート ID は get payment parts の応答から取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Parts

<mule-zuora-connector:get-payment-parts>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Payment Id (支払い ID)

String (文字列)

未適用の支払いの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Run

<mule-zuora-connector:get-payment-run>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Payment Run Id (支払い実行 ID)

String (文字列)

支払い実行の一意の ID。例: 402890245f097f39015f0f074a2e0566。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Run Summary

<mule-zuora-connector:get-payment-run-summary>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Payment Run Id (支払い実行 ID)

String (文字列)

支払い実行の一意の ID。例: 402890245f097f39015f0f074a2e0566。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Runs

<mule-zuora-connector:get-payment-runs>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Fields Filterable (項目絞り込み可能)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータが制限されます。このパラメータを使用して、絞り込む次元を指定できます。 1 つの検索条件は次の形式になります: fieldsFilterable = field_value 検索条件は & を使用して組み合わせることができます。例: fieldsFilterable = field_value & fieldsFilterable = field_value fieldsFilterable は、応答データを絞り込むために使用できるサポートされる項目の名前を示します。この操作のサポートされる絞り込み可能な項目は次のとおりです: - targetDate - status - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById field_value は絞り込み可能な項目の有効な値を示します。項目値の種別が string (文字列) の場合、絞り込むためにこの項目を null 値に設定できます。この場合、この項目値が null の応答データを取得できます。これらの項目についての詳細は、「応答」セクションの項目の説明を参照してください。 例: - /payment-runs?status=Processed - /payment-runs?targetDate=2017-10-10&status=Pending - /payment-runs?status=Completed&sort=+updatedDate

Sort (ソート)

String (文字列)

このパラメータにより、応答で返されるデータの順序が制限されます。このパラメータを使用して、並べ替える次元を指定できます。 ソート可能な項目は次の形式になります: operator field_name 1 つの URL パスで使用できるソート可能な項目は最大 2 つです。ソート可能な項目を区切るにはカンマを使用します。例: operator field_name, operator field_name operator はシーケンスの順序をマークするために使用します。オペレータは省略可能です。オペレータを付けずにソート可能な項目のみを指定した場合、応答データはこの項目によって降順でソートされます。 - - オペレータは昇順を示します。 - + オペレータは降順を示します。 デフォルトでは、応答データは支払い実行番号によって降順で表示されます。 field_name はソート可能な項目の名前を示します。この操作のサポートされるソート可能な項目は次のとおりです: - targetDate - status - createdDate - createdById - updatedDate - updatedById Examples: - /payment-runs?sort=+createdDate - /payment-runs?status=Processing&sort=-createdById,+targetDate

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payment Transaction Log Crud

<mule-zuora-connector:get-payment-transaction-log-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Id (ID)

String (文字列)

支払いトランザクションログの ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Payments

<mule-zuora-connector:get-payments>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Account Key (アカウントキー)

String (文字列)

アカウント番号またはアカウント ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Product Catalog

<mule-zuora-connector:get-product-catalog>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

10

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Rated Result For Order

<mule-zuora-connector:get-rated-result-for-order>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Order Number (注文番号)

String (文字列)

削除する注文の番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Refund

<mule-zuora-connector:get-refund>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Refund Id (払い戻し ID)

String (文字列)

払い戻しの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Refund Crud

<mule-zuora-connector:get-refund-crud>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Fields (項目)

String (文字列)

返すオブジェクト項目。

Id (ID)

String (文字列)

オブジェクト ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Refund Part

<mule-zuora-connector:get-refund-part>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Refund Id (払い戻し ID)

String (文字列)

払い戻しの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Refundpartid

String (文字列)

特定の払い戻しパートの一意の ID。払い戻しパート ID は Get refund parts の応答から取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Refund Part Item

<mule-zuora-connector:get-refund-part-item>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Refund Id (払い戻し ID)

String (文字列)

払い戻しの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Refundpartid

String (文字列)

特定の払い戻しパートの一意の ID。払い戻しパート ID は Get refund parts の応答から取得できます。

x

Itempartid

String (文字列)

特定の払い戻しパート項目の一意の ID。払い戻しパート項目 ID は Get refund part items の応答から取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Refund Part Items

<mule-zuora-connector:get-refund-part-items>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Refund Id (払い戻し ID)

String (文字列)

払い戻しの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Refundpartid

String (文字列)

特定の払い戻しパートの一意の ID。払い戻しパート ID は Get refund parts の応答から取得できます。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Refund Parts

<mule-zuora-connector:get-refund-parts>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Refund Id (払い戻し ID)

String (文字列)

払い戻しの一意の ID。例: 4a2424b2424242c42424d424242e4242

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Event Details

<mule-zuora-connector:get-revenue-event-details>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Event Number (イベント番号)

String (文字列)

収益イベントに関連付けられた番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Events For A Revenue Schedule

<mule-zuora-connector:get-revenue-events-for-a-revenue-schedule>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

8

Rs Number (Rs 番号)

String (文字列)

収益スケジュール番号。収益スケジュール番号には必ず「RS」というプレフィックスが付きます。例: 「RS-00000001」。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Items By Charge Revenue Summary Number

<mule-zuora-connector:get-revenue-items-by-charge-revenue-summary-number>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

300

Crs Number (Crs 番号)

String (文字列)

チャージ収益サマリ番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Items By Revenue Event Number

<mule-zuora-connector:get-revenue-items-by-revenue-event-number>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

300

Event Number (イベント番号)

String (文字列)

収益イベントに関連付けられた番号。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Items By Revenue Schedule

<mule-zuora-connector:get-revenue-items-by-revenue-schedule>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

300

Rs Number (Rs 番号)

String (文字列)

収益スケジュール番号。収益スケジュール番号には必ず「RS」というプレフィックスが付きます。例: 「RS-00000001」。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Recognition Rule By Product Rate Plan Charge

<mule-zuora-connector:get-revenue-recognition-rule-by-product-rate-plan-charge>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Charge Key (チャージキー)

String (文字列)

製品料金プランチャージの一意の ID。例: 8a8082e65ba86084015bb323d3c61d82。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Recognition Rule By Subscription Charge

<mule-zuora-connector:get-revenue-recognition-rule-by-subscription-charge>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Charge Key (チャージキー)

String (文字列)

サブスクリプション料金プランチャージの一意の ID。例: 402892793e173340013e173b81000012。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Schedule By Credit Memo Item Id

<mule-zuora-connector:get-revenue-schedule-by-credit-memo-item-id>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Cmi Id (Cmi ID)

String (文字列)

クレジットメモ項目の一意の ID。クレジットメモ項目 ID は Get credit memo items の応答から取得できます。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Schedule By Debit Memo Item Id

<mule-zuora-connector:get-revenue-schedule-by-debit-memo-item-id>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Dmi Id (Dmi ID)

String (文字列)

デビットメモ項目の一意の ID。デビットメモ項目 ID は get debit memo items の応答から取得できます。

x

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Schedule By Invoice Item Adjustment

<mule-zuora-connector:get-revenue-schedule-by-invoice-item-adjustment>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Invoice Item Adj Id (請求書項目調整 ID)

String (文字列)

請求書項目調整の ID または番号。例: e20b07fd416dcfcf0141c81164fd0a72。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Schedule By Invoice Item Id

<mule-zuora-connector:get-revenue-schedule-by-invoice-item-id>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Invoice Item Id (請求書項目 ID)

String (文字列)

有効な請求書項目 ID。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Schedule By Subscription Charge

<mule-zuora-connector:get-revenue-schedule-by-subscription-charge>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

8

Charge Key (チャージキー)

String (文字列)

サブスクリプション料金プランチャージの ID。例: 402892793e173340013e173b81000012。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Revenue Schedule Details

<mule-zuora-connector:get-revenue-schedule-details>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Rs Number (Rs 番号)

String (文字列)

削除する収益スケジュールの収益スケジュール番号。例: RS-00000256。収益スケジュールを削除するには、次の条件を満たしている必要があります: * カスタムの無制限の認識ルールを使用している。* クローズ済みのアカウンティング期間に収益がない。* サマリジャーナルエントリに含まれていない。* クローズ済みのアカウンティング期間に収益スケジュール日がない。

x

Zuora Entity Ids (Zuora エンティティ ID)

String (文字列)

エンティティ ID。Zuora Multi-Entity を有効化し、複数のエンティティに対して OAuth トークンを有効にしている場合、このヘッダーを使用して、どのエンティティで操作を実行するかを指定する必要があります。1 つのエンティティに対してのみ OAuth トークンを有効にしている場合や、Zuora Multi-Entity を有効化していない場合、このヘッダーを設定する必要はありません。

Target Variable (対象変数)

String (文字列)

操作の出力を保存する変数。

Target Value (対象値)

String (文字列)

操作の出力に対してこの式を評価し、結果を対象変数に保存します。

#[payload]

出力

Type (型)

Any (いずれか)

次の設定の場合

  • config

Get Subscriptions By Account

<mule-zuora-connector:get-subscriptions-by-account>

パラメータ

名前 説明 デフォルト値 必須

Configuration (設定)

String (文字列)

使用する設定の名前。

x

Charge Detail (チャージ詳細)

String (文字列)

セグメント化された料金プランチャージ。 修正の結果がチャージに対する変更になる場合、Zuora はセグメント化された料金プランチャージを作成します。この項目を使用して、セグメントのチャージを追跡します。 可能な値: * 前回のセグメント: (デフォルト) サブスクリプションの前回の料金プランチャージ。前回の料金プランチャージとは、サブスクリプションで最後に変更されたチャージではなく、サブスクリプションで時間順に最後のチャージです。*現在のセグメント: 今日の日付で有効なセグメント化されたチャージ (effectiveStartDate ⇐ 今日の日付 < effectiveEndDate)。 * all-segments: All the segmented charges. The chargeSegments field is returned in the response. The chargeSegments field contains an array of the charge information for all the charge segments. * specific-segment&as-of-date=date: 指定した日付で有効なセグメント化されたチャージ (effectiveStartDate ⇐ 指定日 < effectiveEndDate)。日付の形式は yyyy-mm-dd です。

Page Size (ページサイズ)

Number (数値)

ページごとに返される行数。

20

Account Key (アカウントキー)

String (文字列)

可能な値: * アカウント番号 * アカウント ID