Anypoint データゲートウェイのインストール

Anypoint™ データゲートウェイは、Salesforce 管理パッケージとしてインストールするか、Anypoint Platform 経由でアクセスすることができます。Salesforce での管理パッケージのインストールについての詳細は、​Salesforce の公式ドキュメント を参照してください。

Anypoint Platform アカウントがあり、ユーザが適切なエンタイトルメントを所有している場合、​Anypoint Platform 内の左側のナビゲーションバーに [Data Gateway (データゲートウェイ)] リンクが表示されます。このドキュメントの手順に従う代わりにこの UI を直接使用して、Salesforce アカウントに Anypoint データゲートウェイをインストールすることもできます。

前提条件

Anypoint データゲートウェイをインストールするには、次のものが必要です。

  • 機能として有効になっている Salesforce Connect。これは、Salesforce が独自のリポジトリの外部に存在するデータにアクセスし、そのデータを変更できるようにする機能です。

  • Salesforce Connect 内で使用できる外部データソースライセンス

インストール

Anypoint データゲートウェイをインストールするには、次の手順に従います。

  1. Salesforce AppExchange の Anypoint データゲートウェイのページ にアクセスします。(または、​AppExchange メインページにアクセスし、使用可能なアプリケーションの中から Anypoint データゲートウェイを探します。すばやく見つけるには、画面上部の検索ボックスに「anypoint data gateway」と入力します。

  2. パッケージをインストールする Salesforce 組織にログインします。

  3. Anypoint データゲートウェイの情報ページで、[今すぐ入手] をクリックします。

  4. オンラインウィザードに表示されるインストール手順に従います。

インストール後の手順

インストール後、データゲートウェイへのアクセスが許可されるユーザを定義する必要があります。これを行うには、次の手順に従います。

  1. Salesforce で、[設定] メニューにアクセスします。メニューにアクセスするには、右上にある自分のユーザ名をクリックし、ドロップダウンメニューから [設定] を選択します。[設定] メニューは画面左側に表示されます。

  2. [設定] メニューで、[アプリケーションを管理する][接続アプリケーション] に移動します。

  3. アプリケーションのリストで、[Anypoint Data Gateway Designer (Anypoint データゲートウェイデザイナ)] をクリックします。

  4. Anypoint ゲートウェイデザイナの [接続アプリケーションの詳細] ページが表示されます。上部付近にある [編集] ボタンをクリックします (下の図で強調表示されています。画像をクリックすると拡大できます)。

    connect.app.detail
  5. [許可されているユーザ] ドロップダウンメニューで、[管理者が承認したユーザは事前承認済み] を選択します。

    connected.app.edit
  6. [Save (保存)] をクリックします。

  7. [接続アプリケーションの詳細] ページに戻ります。[プロファイル] セクションで、[プロファイルを管理する] をクリックします。

  8. [アプリケーションプロファイルの割り当て] とプロファイルのリストが表示されます。アプリケーションにアクセスできるようにするプロファイルを選択します。

  9. [Save (保存)] をクリックします。

ここまでで、データゲートウェイのインストールと、選択したユーザに対するアクセス権の設定が完了しました。

関連情報

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub