Anypoint Platform 入門

あなたの顧客や従業員の皆さんは、スマートウォッチからデスクトップコンピュータまで、あらゆるデバイスで、豊富なデータに裏付けされた快適なデジタルエクスペリエンスを求めています。このようなエクスペリエンスを実現するためには、システムが相互に接続され、データがシステム間でやり取りできること (統合) が必要です。

MuleSoft では、​API レイヤを使用して異なるシステムからのデータを統合​することによって統合を実現しており、お客様は IT プロジェクトに費やす時間を減らして、本来の業務により多くの時間を費やせるようになります。ビジネスプロセスを API で定義することにより、次のプロジェクトで同じプロセスを容易に実装できます。API は、再利用可能なコードとして最適なサイズであることが実証されています。

api led architecture

Anypoint Platform は、再利用可能な API でアプリケーション、データ、デバイスを接続する構造化されたアプリケーションネットワークをビルドするのに役立ちます。 統合 Anypoint Platform は、モジュールとして整理されたレイヤで、API を簡単に検出、作成、管理できるようにします。ランダムで不安定なこともあるコードスニペットを取得する代わりに、業界のベストプラクティスに基づいて作成された API を探して利用できます。

Anypoint Exchange の探索

アプリケーションおよびサービスを統合するために MuleSoft で構築する API は、意図的に再利用可能になっており、エンタープライズセキュリティを念頭に置いて構築されます。 これらの API に加えて、コネクタ、サンプル、テンプレートは Anypoint Exchange​ で見つかります。

Exchange には、RAML フラグメント、カスタムパッケージ、動画、ドキュメントへのリンク、その他のアセットもあります。

MuleSoft 開発者ポータル​で Anypoint Platform API を見つけてください。

API ベースの統合のデザインとビルド

Anypoint Studio は、統合を作成するための Eclipse ベースの IDE です。Design Center は、Web ベースのツールであり、データ統合の基礎となる API 仕様の作成に役立ちます。

統合の作成

API 仕様の作成

Anypoint Studio との統合の構築

Import an API Specification from Exchange

Design Center での統合の構築

Design Center での API 仕様の作成

Studio 7 には、Mule アプリケーションおよび API をデプロイするランタイム環境である Mule Runtime (Mule) 4​ が含まれています。 以前のバージョンの Studio には Mule Runtime​ が含まれています。

Mule 3

Mule 4

Anypoint Connectors (for Mule 3)

Mule 4 用コネクタ

DataWeave

Mule 4 用 DataWeave 2

About APIkit

APIkit 4

Connector DevKit

Mule SDK

統合のテスト

作成した統合をデプロイする前にテストします。

統合の管理

本番環境で統合が実行されたら、パフォーマンスを監視できます。

Anypoint Platform 機能の管理

統合は、開発中またはデプロイメント後に修正できます。

ドキュメントへの寄稿

このドキュメント (英語版) に寄稿するには、編集するページで [Edit in Github (Github で編集)]​ を選択し、プル要求を git repo に送信してください。コミュニティ全体で、MuleSoft ドキュメントの改善へのご協力を歓迎します。よろしくお願いします。

アーカイブ済みドキュメント

製造中止になった製品を含めて、古いバージョンの製品のサポートが終了した場合、ドキュメントは​アーカイブサイト​に移動されます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!