Anypoint Platform 入門

「入門」セクションへようこそ。ここでは、API および統合アプリケーションで実行するすべての操作をサポートする最も使用頻度の高い Anypoint Platform ツールの使い方を理解することができます。このセクションのドキュメントは、再利用可能なコードを構築してデジタルアセットの統合を管理するのに役立ちます。デジタルアセットの統合で最も重要なのは、 API 主導のアプローチです。

API について予備知識があるなら、MuleSoft の主力統合プラットフォームである Mule Runtime について理解したいとお考えでしょう。API はさまざまな方法で Mule アプリケーションと連携できます。APIkit を試してみるか、組織内の API をはじめとするアセットのアクセスをカスタマイズするために 公開開発者ポータルを作成しましょう。

API 入門

  1. API をデザインする方法を説明します。

  2. API をデザインした後で、API を実装してテストする方法を説明します。

  3. API を組織またはより大規模なオーディエンスにデプロイするには、「API を同期する方法」を参照してください。

Mule アプリケーション入門

Mule アプリケーションの開発に関するドキュメントを読むには、About Anypoint Studio に関する多少の知識が必要です。必ずインストールして、Basic Studio Tutorialで使い慣れておいてください。

Anypoint Studio Setupをインストールします。Anypoint Exchange を参照して、目的の統合のリソースまたは例を取得します。Exchange にはブラウザまたは Anypoint Studio 内からアクセスすることができ、ServiceNow や Salesforce などの SaaS アプリケーションに接続するための MuleSoft およびパートナーがサポートするAnypoint Connectors、またはデータベース、ファイル、オブジェクトストアなどの汎用データ構造を取得できます。
  1. Mule アプリケーションの作成方法

  2. 「Anypoint コネクタチュートリアル」をお試しください。ここでは、これまで SaaS アプリケーションを使用して実行してきた操作が Mule アプリケーションを使用すればはるかに効率的に実行できることがわかります。このチュートリアルでは Twitter サービスを例として使用していますが、自分で選択した別のコネクタを使用することもできます。

  3. Mule アプリケーションでは、コンテンツに応じてメッセージをさまざまな場所にルーティングできることが重要です。Mule メッセージの操作方法を「Mule メッセージの操作方法」で確認し、Mule Message Structureについて理解してください。

  4. Mule メッセージコンテンツに基づいたルーティングについての詳細を「switch ステートメントを使用したメッセージのルーティング方法」で理解してください。

DataWeave は、Mule メッセージペイロードをすばやく変換して他のデータ構造にマップするために複雑なデータ変換を Mule アプリケーションに組み込むための重要なツールです。

デプロイメント入門

  1. Runtime Manager を使用して独自のサーバにデプロイします。

    Runtime Manager はアプリケーションのオンプレミスとクラウドでのハイブリッド管理が可能という点で、より柔軟性が高くなっています。
  2. アプリケーションを「CloudHub へのデプロイ」の CloudHub UI の MuleSoft クラウドサービスにデプロイします。

Mule Runtime のInstalling and Deploying Mule Runtimeに関するドキュメントから開始して、Mule アプリケーションの実行方法や管理方法を制御するその他の戦略を学習していきましょう。

リソース

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub