2019 年 1 月 10 日以降の公開済み RAML API 仕様の確認

2019 年 1 月 10 日の時点で、API エディタ (Design Center の API Designer に用意されている 2 つのエディタのうちの 1 つ) は RAML で記述された仕様に対してより厳しい検証を行います。そのため、以前のバージョンの API エディタで使用して作成した 1 つ以上の API に以前のバージョンではフラグを付けなかった無効な RAML が含まれている可能性もあります。

パブリッシュ済みの API を Design Center の API エディタで開いて確認する必要があります。「Modify Published RAML API Specifications to Conform Completely to RAML 0.8 or 1.0 (RAML 0.8 または 1.0 に完全に準拠するためのパブリッシュ済みの RAML API 仕様の変更)」​のガイドを使用して、過去に API エディタで検証された多数のエラーを修正できます。API エディタへのこうした変更がリリースされた後でこのガイドに記載されていないエラーが表示された場合は、​raml.org​ で参照できる RAML 0.8 および 1.0 の仕様を参照してください。

パブリッシュ済みの API 仕様に含まれる可能性がある無効な RAML の修正には十分な猶予期間があります。猶予期間が終了すると、無効な RAML が含まれる API をもう一度パブリッシュしてデプロイすることはできなくなります。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!