Mule アプリケーションの変数

変数は、Mule アプリケーションのフロー内で使用する各イベント値の保存に使用されます。保存されたデータは、オブジェクト、数値、文字列など、サポートされている任意のデータ型にすることができます。現在のメッセージ (message キーワードを使用)、現在のメッセージペイロード (payload キーワードを使用)、または現在のメッセージ属性のみ (attributes キーワードを使用) を保存することもできます。値として DataWeave 式を使用することさえもできます。ただし、キーワード vars (vars.someOtherVar など) は使用できません。

次の方法で変数を作成または更新できます。

  • Set Variable コンポーネントを使用する。

  • ファイルコネクタに対する Read 操作やデータベースコネクタに対する Store 操作など、操作内から対象変数を使用する。

  • DataWeave Transform コンポーネント (EE のみ) を使用する。

  • Scripting コンポーネント (スクリプティングモジュール内) を使用する。

削除することもできます。

  • Remove Variable コンポーネントを使用する。

変数を作成したら、作成元の Mule フローのスコープ内でその変数にアクセスして使用できます。これには、Flow Ref コンポーネントを使用して結合されたフローも含まれます。

  • vars: 変数にアクセスするキーワード。たとえば、Mule コンポーネント (Logger など) の DataWeave 式、または操作の [Input (入力)] または [Output (出力)] パラメータからアクセスします。変数の名前が myVar の場合、vars.myVar のようにしてアクセスできます。

Mule イベント内の変数は、DataWeave スクリプトで定義された変数 (スクリプトのローカルでありその外部からはアクセスできない変数) とは異なります。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!