キャッシュ戦略のセットアップ

Cache スコープまたは Anypoint Studio のグローバル要素設定からキャッシュ戦略を作成できます。作成した戦略は、フローの Cache コンポーネントで参照できます。

  1. [Caching Strategy configuration (キャッシュ戦略設定)] ウィンドウを開きます。

    これは、[Cache component configuration (Cache コンポーネント設定)] タブまたは Studio 内の [Global Elements (グローバル要素)] タブの [Caching Strategies (キャッシュ戦略)] オプションから開くことができます。

  2. キャッシュ戦略の名前を入力します。

  3. ObjectStore を参照するか、Cache コンポーネントで参照する ObjectStore を作成します。

  4. キャッシュ戦略内でイベントを保存するために使用されるキーを生成するメカニズムを選択します。

    • Default (デフォルト)

    • Key Expression (キー式): DataWeave 式 (keyGenerationExpression="#[vars.requestId]" など)。

      同じ (「等しい」) 2 つの要求の場合、同じキーを生成する必要があります。そのようにしないと、誤った結果を取得する可能性があります。

    • Key Generator (キージェネレータ): com.mulesoft.mule.runtime.cache.api.key.MuleEventKeyGenerator インターフェースを実装する必要があります。

  5. 必要に応じて、省略可能なステップを実行します。

    • 応答ジェネレータを選択または作成する。

      このステップでは、com.mulesoft.mule.runtime.cache.api.response.ResponseGenerator インターフェースを実装する必要があります。

    • イベントコピー戦略をデフォルトの [Simple (シンプル)] (データは変更不可能) から [Serializable (シリアル化可能)] (データは変更可能) に変更する。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub