Cache スコープの設定

  1. Mule アプリケーションで、Cache スコープをフローに追加します。

  2. クリックして Cache スコープの [General (一般)] タブを開きます。

  3. Cache スコープを設定します。

    • 表示名を入力する。

    • キャッシュ戦略を選択する。

      例:

      • UI: My_Caching_Strategy

      • Studio XML: cachingStrategy-ref="My_Caching_Strategy"

        本番環境では、デフォルトを使用する代わりに ObjectStore を使用するキャッシュ戦略を参照することをお勧めします。

        キャッシュ戦略を作成する必要がある場合、「関連情報」の手順を参照してください。

  4. 必要に応じて、特定のペイロードの検索条件をセットアップします。

    DataWeave 式を使用する例: filterExpression="#[user.isPremium()]"

    メッセージが式に一致する場合、Mule はキャッシュ戦略を実行します。

    メッセージが式に一致しない場合、Mule は Cache スコープ内のすべてのメッセージプロセッサでメッセージを処理しますが、キャッシュされた応答は保存および生成しません。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub