try

try(() -> T): TryResult<T>

デリゲート関数を評価し、オブジェクトと結果を返すか、エラーメッセージを返します。

パラメータ

Name (名前) 説明

delegate

評価する関数。

次の例では、fail 関数を try の引数として渡します。

ソース

%dw 2.0
import try, fail from dw::Runtime
output application/json
---
try(fail)

出力

{
    "success": false,
    "error": {
    "kind": "UserException",
    "message": "Error",
    "location": "Unknown location",
    "stack": [
      "main (anonymous:0:0)"
    ]
  }
}

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!