envVar

envVar(String): String | Null

指定された名前の環境変数を返すか、環境変数が定義されていない場合は null を返します。

パラメータ

Name (名前) 説明

variableName

環境変数の名前を指定します。

次の例では、Mac コマンドコンソール (SHELL) のパスを返し、FAKE_ENV_VAR (定義されていない環境変数) に対して null を返します。SHELL は、標準 Mac 環境変数の 1 つです。また、import コマンドにより、先頭にモジュール名を追加しなくても関数をコールできることにも注目してください。

ソース

%dw 2.0
import * from dw::System
output application/json
---
{
    "envVars" : [
       "real" : envVar("SHELL"),
       "fake" : envVar("FAKE_ENV_VAR")
    ]
}

出力

"envVars": [
  {
    "real": "/bin/bash"
  },
  {
    "fake": null
  }
]

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub