Mule 4 の概要

Mule 4 では式言語が簡便になり、管理の複雑性が軽減したため、Mule 3 よりも迅速に実用化して、アプリケーションの提供を加速することができます。

概念上、Mule 4 は Mule 3 の進化型と考えることができます。アプリケーション、フロー、コネクタ、DataWeave など多くの中核的な概念は同じです。けれども、簡素化されているため、習得する内容や管理する事項が少なくなります。

この概要では、Mule 4 の変更内容を大まかに説明し、基本的な事項をすぐに習得できるようにします。次のトピックについて説明します。

  • Mule メッセージ - Mule メッセージの構造が進化し、プロパティを簡単に操作できるようになり、コネクタ全体の一貫性が向上しています。

  • 式言語 - Mule の式言語が DataWeave 言語に切り替えられ、データを簡単に操作できるようになり、Mule の知識を習得しやすくなりました。

  • コネクタ - Mule 4 で接続性のアプローチが統一されました。Mule 3 のトランスポートが新しい操作指向のコネクタに切り替えられました。コネクタは使いやすく、デフォルトの標準設定が改善され、新しい高度な機能を備えています。

  • エラー処理 - 新しい Try スコープでエラーをより簡単かつ強力に処理します。

  • DataWeave - DataWeave には、構文を簡潔にし、習得しやすくするための若干の変更が行われています。

  • Studio 7 - 簡便なパレット、Maven インテグレーションの改善など多くの点で使いやすさが向上しています。

  • ランタイムエンジン - 内部の実行エンジンが、自己調整する非ブロック型のリアクティブエンジンに刷新されました。このため、パフォーマンスと標準の拡張性が向上しています。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub