セキュアプロパティプレースホルダの移行

Mule 3 では、セキュアプロパティプレースホルダはセキュリティモジュールの一部でした。Mule 4 では、独自のセキュア設定プロパティモジュールで分離されました。

例: Mule 3 での完全なセキュアプロパティプレースホルダ
<secure-property-placeholder:config
  name="Secure_Property_Placeholder" key="${prod.key}"
  location="test.${env}.properties" encryptionAlgorithm="Blowfish"
  encryptionMode="CBC"/>

Mule 3 と Mule 4 の違い:

  • 他のコンポーネントの一貫性を保つため、Mule 3 の location 属性は Mule 4 では file に置き換えられました。

  • Mule 3 では、location は複数のファイルをカンマ (,) で区切って定義できます。Mule 4 では、トラブルを避けるため、できなくなりました。代わりに、各ファイルに <secure-properties:config> タグを定義する必要があります。

  • ファイル間で重複するプロパティでは、Mule 3 では最後の定義が保持されます。Mule 4 モジュールでは最初の定義が保持されます。

  • 暗号化属性 (mode および algorithm) は子タグ <secure-properties:encrypt/> で定義され、サポートされるアルゴリズムおよびモードは Mule 3 と 4 で同じです (「Mule 4 のセキュア設定プロパティ」を参照)。

Mule 3 の完全な移行の例は次のようになります。

例: 完全な移行の例
<secure-properties:config
  key="${prod.key}"
  file="test.${env}.properties"
  name="Secure_Property_Placeholder">
    <secure-properties:encrypt algorithm="Blowfish" mode="CBC"/>
</secure-properties:config>

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub