Mule アプリケーションのプロパティプレースホルダの設定

Mule アプリケーションで接続をはじめとする設定に静的値を使用する代わりに、ここで説明している手順を使用して、.yaml または .properties 設定ファイルで定義するプロパティプレースホルダを作成して使用することができます。

YAML ファイルでは、プロパティは次の形式になります。

http:
  path: service
  port: "10000"

.properties ファイルでは、プロパティは次の形式になります。

http.path=service
http.port="10000"

ファイルは Mule アプリケーションのプロジェクトディレクトリに保存する必要があります。

  • /src/main/resources

YAML ファイルを Mule アプリケーションに追加するには、設定プロパティと呼ばれるグローバル要素を使用します。この要素の XML は次のようになります。

<configuration-properties file="myConfiguration.yaml" doc:name="Configuration properties" doc:id="872422be-3571-4a52-a383-a2b0e16859d7" />

属性を設定したら、次のような構文を使用して参照できます: ${http.path} および ${http.port}

たとえば、HTTP Listener は次のようにポートを渡す場合があります: <http:listener-connection host="0.0.0.0" port="${http.port}" />

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!