ワークフロー: Anypoint Studio UI でのマッピングの作成

  1. 変換の入力および出力構造の定義 予想される入力構造と必要な出力構造を定義します。

  2. マッピングのグラフィカルな作成 入力の要素をドラッグして、出力の要素にドロップします。固定値や関数を使用して出力を構築することもできます。

  3. 変換の出力のプレビュー 変換で予想される出力が生成されることを確認します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub