Mule の概要

Mule Runtime Engine (Mule) は、Mule アプリケーションを実行する軽量のインテグレーションエンジンであり、ドメインとポリシーをサポートします。Mule アプリケーション、ドメイン、およびポリシーは、XML DSL (ドメイン特有言語) を共有します。

Mule アプリケーション

Mule アプリケーションは、ポイントツーポイントのインテグレーションではなく API 主導の接続性を使用してシステム、サービス、API、デバイスに接続します。Mule アプリケーションは、メッセージルーティング、データマッピング、オーケストレーション、信頼性、セキュリティ、スケーラビリティの機能を提供します。

Anypoint Studio と Flow Designer は、Mule アプリケーションの開発をサポートします。

Mule ドメイン

ドメインにより、デフォルトのエラーハンドラ、共有プロパティ、スケジューラプール、コンポーネント設定など、Mule アプリケーションが再利用する必要のあるグローバル設定を共有できます。ドメインをデプロイできるのは、オンプレミスで Mule Runtime Engine を実行している場合のみです。

Anypoint Studio を使用した Mule ドメインの開発と設定については、「共有リソース」​を参照してください。
ドメインデプロイメン手順は、「ドメインのデプロイ」​を参照してください。

ポリシー

HTTP ベース API に基づいたポリシーにより、セキュリティの適用、Mule アプリケーションのトラフィックの規制、ビジネスニーズに合わせた API の活用が可能です。

Mule には、埋め込み API ゲートウェイが含まれています。これにより、コードを記述することなく、セキュリティポリシーを API に適用し、受信メッセージや送信メッセージを強化し、API に機能を追加できます。
詳細は、「API ゲートウェイ機能」​を参照してください。

API Manager は、自動ポリシーの設定をサポートします。カスタムポリシー開発と設定もサポートされます。

Maven サポート

Maven は、プロジェクト開発を強化するために Mule が実装しているプロジェクト管理ユーティリティです。Mule には Maven の機能が組み込まれています。Mule Runtime Engine では、Mule Maven プラグインを使用することで、Mule アプリケーション、ドメイン、カスタムポリシーのパッケージ、テスト、デプロイメントを Maven ライフサイクルと統合できます。

詳細は、「Mule での Maven サポート」​を参照してください。

Mule のインストール、デプロイ、管理

Mule アプリケーションを実行するには、Mule Runtime Engine がインストールされている環境に Mule アプリケーションをデプロイする必要があります。

Mule は、Studio​ IDE 内で Anypoint Platform 上の Design Center​ と共にパッケージ化されているため、設計するときに Mule アプリケーションを実行できます。

Mule アプリケーションの本番デプロイや本番準備デプロイには、Runtime Manager​ を使用して Mule アプリケーションを CloudHub 内のランタイムやサポートされているその他のサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) にデプロイできます。

  • CloudHub​ は、Anypoint Platform 用の完全に管理されたクラウドベースのサービスとしてのインテグレーションプラットフォーム (iPaaS) で、Mule Runtime やアプリケーションを実行するインフラストラクチャを用意しなくても Mule アプリケーションを実行できます。Runtime Manager を使用して、CloudHub への Mule アプリケーションのデプロイ、Mule バージョンの選択、アプリケーションを実行するのに必要な vCore 数の設定などを行います。

  • ハイブリッドデプロイメントモデルでは、自社が管理するデータセンターで Mule アプリケーションとランタイムを実行しながら、クラウドからそれらを管理します。

    • リモート Mule Runtime (スタンドアロンまたはネイキッド Mule とも呼ばれる) の場合は、データセンターから Mule Runtime を起動しますが、Mule アプリケーションのデプロイと管理は Runtime Manager を使用してクラウドから実行できます。このデプロイモデルでは、インフラストラクチャと Mule Runtime を自社で用意します (「Mule インストール」​参照)。

    • ハイブリッド PaaS デプロイの場合は、自社のデータセンターで PaaS をセットアップして実行し、Runtime Manager を使用して PaaS 内で Mule アプリケーションを管理します。この場合、アプリケーションを実行するインフラストラクチャを自社で用意します。Mule アプリケーションの高可用性を保証するには、Runtime Manager を使用して Mule Runtime を管理します。 Anypoint Platform for PCF​ は、ハイブリッド PaaS ソリューションの一例です。MuleSoft には、組み込みの PaaS ソリューション、Runtime Fabric​ もあります。Runtime Fabric では、「コンテナ化」された環境で Mule Runtime を実行します。

Runtime Manager を使用するのに加えて、デプロイ用のコマンドといくつかの Anypoint Platform ユースケースが含まれる Anypoint CLI 3.x​ を使用して Mule アプリケーションのデプロイと管理を実行することもできます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!