Strings (dw::core::Strings)

このモジュールには、文字列を操作するヘルパー関数が含まれます。

このモジュールを使用するには、DataWeave コードにインポートする必要があります。その方法として、たとえば、行 import * from dw::core::Strings​ を DataWeave スクリプトの ヘッダーに追加します。

関数

名前 説明

appendIfMissing

text​ が suffix​ で終了していない場合、text​ の末尾に suffix​ を追加します。

camelize

文字列内のアンダースコアに基づいて、キャメルケースの文字列を返します。

capitalize

文字列内の各単語の先頭を大文字にします。

charCode

入力文字列の最初の文字の Unicode を返します。

charCodeAt

指定されたインデックスの文字の Unicode を返します。

dasherize

文字列内のスペース、アンダースコア、キャメルケースをダッシュ (ハイフン) に置き換えます。

fromCharCode

指定された Unicode に一致する文字を返します。

isAlpha

text​ に Unicode 数字のみが含まれるかどうかを確認します。小数点は Unicode 数字ではないため、false​ が返されます。

isAlphanumeric

text​ に Unicode 文字または数字のみが含まれるかどうかを確認します。

isLowerCase

text​ に小文字のみが含まれるかどうかを確認します。

isNumeric

text​ に Unicode 数字のみが含まれるかどうかを確認します。

isUpperCase

text​ に大文字のみが含まれるかどうかを確認します。

isWhitespace

text​ に空白のみが含まれるかどうかを確認します。

leftPad

目的のサイズ (size​) になるように、指定された text​ の_左_​側に padText​ を埋め込みます。 デフォルトの padText​ は " "​ です。

ordinalize

数値を序数 (1st​ や 2nd​ など) として返します。

pluralize

単数形の文字列を複数形にします。

prependIfMissing

text​ が prefix​ で開始されていない場合、文字列の先頭にそのプレフィックスを追加します。

repeat

text​ を、指定された回数 (times​) 繰り返します。

rightPad

目的のサイズ (size​) になるように、指定された text​ の_右_​側に padText​ を埋め込みます。 デフォルトの padText​ は " "​ です。

singularize

複数形の文字列を単数形に変換します。

substringAfter

区切り文字の最初の出現位置より後にあるサブ文字列を取得します。区切り文字は返されません。

substringAfterLast

区切り文字の最後の出現位置より後にあるサブ文字列を取得します。区切り文字は返されません。

substringBefore

区切り文字の最初の出現位置より前にあるサブ文字列を取得します。区切り文字は返されません。

substringBeforeLast

区切り文字の最後の出現位置より前にあるサブ文字列を取得します。区切り文字は返されません。

underscore

文字列内のハイフン、スペース、キャメルケースをアンダースコアに置き換えます。

unwrap

指定された text​ を wrapper​ テキストからラップ解除します。

withMaxSize

文字列長が指定された maxLength​ より長くないことを確認します。 文字列の長さが maxLength​ よりも長い場合、関数では文字列長が長さ制限を満たすまで、文字が左から右に切り捨てられます。

wrapIfMissing

指定された文字列の先頭または末尾から wrapper​ が欠落している場合、text​ を wrapper​ でラップします。

wrapWith

指定された text​ を、指定された wrapper​ でラップします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!