Anypoint Platform Private Cloud Edition について

このトピックでは、Anypoint Platform Private Cloud Edition について説明します。Anypoint Platform Private Cloud Edition には、Anypoint Platform のオンラインバージョンで使用できる次のアプリケーションコンポーネントがあります。

  • Runtime Manager: デプロイ済みの Mule アプリケーションを追跡および管理できます。

  • API Manager: 登録済み API を管理できます。

  • Anypoint Exchange: 組織でさまざまなアセットを共有し、統合プロジェクト間で再利用できます。

Anypoint Platform Private Cloud Edition により、システムで要求されるセキュリティポリシーを使用してローカルサーバで Mule アプリケーションを実行および管理できます。Anypoint Platform Private Cloud Edition を実行している場合、MuleSoft システムはデータを処理しません。自分でソフトウェアを設定および実行し、データの保存、処理、および転送の保守すべてを自分で行います。

Anypoint Platform Private Cloud Edition は Docker および Kubernetes を使用して組み込みの高可用性および拡張性を実現します。インストールウィザードを使用すれば Docker や Kubernetes について理解していなくてもプラットフォームをインストールできますが、プラットフォームの管理およびトラブルシューティングを行うにはこれらの仕組み理解しておく必要があります。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!