Anypoint Private Cloud のバックアップおよび復元

このトピックでは、Anypoint Private Cloud Edition のバックアップの設定方法について説明します。また、バックアップからのシステムの復元の実行方法についても説明します。

前提条件

万一システム障害が発生してもデータが保持されるように、システムが自動的にバックアップされるようにします。少なくとも 1 日 1 回実行されるようにバックアップを設定してください。ただし、システムを 1 時間ごとにバックアップすることをお勧めします。バックアップアーカイブは Anypoint クラスタ外の外部ストレージに保存する必要があります。

Anypoint Private Cloud では、NFS サーバをインストールして設定し、管理する必要があります。必ず、このサーバのバックアップを設定して頻繁に実行してください。

バックアップを作成する

バックアップを作成するには、クラスタ内の任意のノードで次のコマンドを実行します。このコマンドはクラスタ内の任意のノードから実行できます。

gravity backup /var/lib/gravity/planet/share/backup.tar.gz

このコマンドにより、現在のシステム状態のアーカイブが /var/lib/gravity/planet/share/backup.tar.gz に作成されます。次の省略可能なパラメータを gravity バックアップコマンドに渡すことができます。

  • --follow: バックアップジョブのログを stdout に出力します。

  • --timeout: バックアップジョブの期限を指定します (例: 30 秒、5 分など)。デフォルトは 20 分です。

  • --log-file: ログをファイルに出力します。

システムの復元を実行する

バックアップからシステムを復元するには、既存のクラスタを使用するか、復元するクラスタと同じ数のサーバが含まれる新しいクラスタを作成します。

Anypoint Platform Private Cloud Edition の異なるバージョン間でバックアップを実行することはできません。作成する新しいインストールでは、バックアップと同じバージョンの Anypoint Platform Private Cloud Edition を使用している必要があります。
  1. クラスタ内のいずれかのノードにログインします。

  2. 圧縮されたバックアップアーカイブファイルを、復元する環境の任意のノードのフォルダに移動します。このファイルは次のコマンドを使用して安全に転送できます。

    scp /backup-path/to-restore.tar.gz your_username@remotehost.edu:/var/lib/gravity/planet/share
  3. バックアップアーカイブからクラスタを復元します。

    sudo gravity restore /var/lib/gravity/planet/share/to-restore.tar.gz

これには数分かかります。次の省略可能なパラメータを渡すことができます。

  • --follow: バックアップジョブのログを stdout に出力します。

  • --timeout: バックアップジョブの期限を指定します (例: 30 秒、5 分など)。デフォルトは 20 分です。

  • --log-file: ログをファイルに出力します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!