ワークフロー: Anypoint Private Cloud の設定

  1. 「ロードバランサのセットアップ」で説明しているようにバランサをセットアップします。

  2. 定期的にバックアップを実行するようにシステムを設定していることを確認してください。「バックアップおよび復元について」を参照してください。

  3. 「追加のインストールタスクの実行」で説明しているように追加のインストールタスクを実行します。

このワークフローのステップを完了したら、アプリケーションをデプロイして管理し、API を登録して各自のローカルネットワークで実行されている Anypoint Platform 環境で API Exchange を使用できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub