デモ LDAP サーバの設定

このトピックでは、Anypoint Platform Private Cloud Edition に用意されたデモ LDAP サーバを使用する方法について説明します。単一ノード設定をインストールしている場合、インストーラが自動的にデモ LDAP サーバをインストールし、ID 管理にこのサーバを使用するようにプラットフォームを設定します。

インストーラの作業が完了したら、LDAP リポジトリのテストユーザのログイン情報を使用して Anypoint Platform インストールにログインします。

LDAP サーバのデフォルトデータ

インストール中、デモ LDAP サーバにデモを目的としたユーザおよびグループが入力されます。他のユーザおよびグループを追加できます。サーバに 2 つのグループが入力され、それぞれのグループがプラットフォームのビジネスグループにマップされます。

  • Marketing (マーケティング)

  • Sales (セールス)

サーバには複数のユーザも入力され、それぞれのユーザには異なるビジネスグループ内の異なるロールがあります。

注意: この各ユーザはデフォルトのパスワード Mule1234! で作成されます。

Username (ユーザ名) User ID (ユーザ ID)

Organization Administrator (組織のシステム管理者)

admin

API Creator (API 作成者)

apicreator

Runtime Manager Administrator (Runtime Manager 管理者)

ARMadmin

Log Viewer (ログ閲覧者)

logviewer

Marketing Business Group Administrator (マーケティングビジネスグループ管理者)

MarketingAdmin (マーケティングビジネスグループに限定)

API Portal Viewer (API ポータル閲覧者)

portalviewer

Sales Business Group Administrator (セールスビジネスグループ管理者)

SalesAdmin (セールスビジネスグループに限定)

LDAP サーバへのアクセス

LDAP サーバでデフォルトデータを編集するには、次の URL で管理者としてアクセスできます。

http://<public_ip_of_your_installation>:31200/

次のログイン情報を使用します。

  • DIN: cn=admin,dc=mulesoft,dc=local

  • Password (パスワード): Password1

インストールのテスト

インストールが完了したら、上記のテストユーザの 1 人として Anypoint Platform にサインオンします。

  1. ブラウザを開いて [MarketingAdmin (マーケティング管理者)] ユーザとして Anypoint Platform にログインします。

    LDAP 設定が機能した場合、Anypoint Platform ランディングページにアクセスできます。

    demo ldap server 5f4ad
  2. ユーザが属するビジネスグループのリストで、[Marketing (マーケティング)] ビジネスグループのみが表示されます。

    demo ldap server 3e223
  3. MarketingAdmin LDAP グループは、このテスト組織で Exchange administrator および Application Admin (Sandbox) のロールを使用して設定されます。Anypoint Exchange を使用するタスクを実行して、ユーザが Exchange 管理者であることを確認できます。これは [Application Admin (アプリケーション管理者)] ロールにも適用されます。このロールにより、Runtime Manager を使用してアプリケーションをデプロイして管理できます。

  4. ログアウトして、SalesAdmin ユーザとしてもう一度ログインします。ユーザのビジネスグループに表示されるのは [Sales (セールス)] ユーザのみです。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub