Anypoint Private Cloud での LDAP の設定

このトピックでは、LDAP バージョン 3 を使用して Anypoint Platform Private Cloud Edition でユーザ管理を設定する方法について説明します。

  1. Anypoint Platform から、[Access Management (アクセス管理)] > [External Identity (外部 ID)] をクリックします。

  2. [LDAP] をクリックします。

  3. LDAP サービスの接続設定を入力します。

    プロパティ 説明

    Host (ホスト)

    LDAP サーバのホスト名。ldap サーバで TLS を使用している場合、ldaps://mulesoft.com を使用します。ldap サーバで TLS を使用している場合、このホスト名を使用します: ldap://mulesoft.com

    Port (ポート)

    LDAP サーバと通信するために使用されるポート。デフォルトの ldap ポートは 389 です。デフォルトの ldaps ポートは 636 です。

    Validate server certificate (サーバ証明書の検証)

    自己署名証明書を使用している場合、このオプションをオフにします。

    Bind DN (バインド DN)

    LDAP クエリを作成するユーザの識別名。たとえば、uid=admin,ou=people,dc=mulesoft,dc=com です。

    Password (パスワード)

    LDAP サーバのパスワード。たとえば、examplepassphrase です。

    Connection Timeout (接続タイムアウト)

    接続のタイムアウトフレーム (秒)。たとえば、10 です。

    Operation Timeout (操作タイムアウト)

    操作のタイムアウトフレーム (ミリ秒)。たとえば、30000 です。

  4. 検索ベースを定義します。

    プロパティ 説明

    ユーザ

    ユーザの検索ベースオブジェクトのベースレベル。たとえば、uid=admin,dc=mulesoft,dc=com です。

    Group (グループ)

    グループの検索ベースオブジェクトのベースレベル。たとえば、ou=groups,dc=mulesoft,dc=com です。

  5. 検索条件を指定します。

    プロパティ 説明

    Find User by Username (ユーザ名別にユーザを検索)

    ユーザ名別にユーザを検索するための検索条件。たとえば、(&(objectClass=inetOrgPerson)(uid={{username}})) です。

    Find User’s Groups by Username (ユーザ名別にユーザのグループを検索)

    ユーザ名別にユーザグループを検索するための検索条件。たとえば、(&(objectClass=GroupOfNames)(member=uid={{username}},ou=people,dc=mulesoft,dc=com)) です。

  6. ユーザ項目マッピングを指定します。

    プロパティ 説明

    Username (ユーザ名)

    ユーザ名を表す項目。たとえば、uid です。

    メール

    メールを表す項目。たとえば、mail です。

    First Name (名)

    名を表す項目。たとえば、givenName です。

    Last Name (姓)

    姓を表す項目。たとえば、sn です。

    ID

    ユーザの ID。たとえば、uid です。

  7. グループ項目マッピングをマップします。

    プロパティ 説明

    Group Name (グループ名)

    グループ名を表す項目。この値は [Role Group Mapping (ロールグループマッピング)] に使用されます。たとえば、cn です。

    ID

    グループ ID を表す項目。たとえば、dn です。

  8. [Test Connection (接続をテスト)] をクリックします。

  9. LDAP サーバに存在するユーザのユーザ名およびパスワードを入力します。

  10. [Test (テスト)] をクリックします。

    アクセス管理が各項目について OK を返す場合、LDAP サーバは正しく設定されています。

  11. 設定を保存します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub