GUI インストーラを使用した Anypoint Private Cloud のインストール

このトピックでは、Anypoint Platform Private Cloud Edition 用の GUI ベースのインストーラを実行する方法について説明します。このインストーラには、Anypoint Platform Private Cloud Edition を実行するために必要なインフラストラクチャの大半の設定プロセスを実行できるウィザードが用意されています。Kubernetes が自動的にインストールされ、プラットフォームコンポーネントをホストする複数の Docker コンテナが作成されます。

前提条件

インストーラを実行する前に、システムが最小システム要件を満たしていることを確認してください。

インストーラによって自動的にディスク領域、ディスク速度、ネットワーク速度、オペレーティングシステムバージョンの要件が検証されます。インストーラは中断せずに単一セッションで実行する必要があります。インストーラを再起動すると、インストールに関する問題が発生する可能性があります。

Anypoint Private Cloud バージョン 2.0 では、NFS サーバをインストールして設定している必要があります。開始する前に NFS サーバがインストールされていることを確認してください。「Private Cloud Edition のネットワーク要件」を参照してください。

インストーラの実行

  1. カスタマーサクセス担当者から anypoint-2.0.0-installer.tar.gz アーカイブを取得します。

  2. gzip アーカイブを展開します。

    tar xvf anypoint-2.0.0-installer.tar.gz
  3. アーカイブを展開した場所から、次のコマンドを実行します。

    ./install
  4. 使用する IP アドレスを選択して確定します。

    選択内容に基づいて、インストーラによって次のようなメッセージが表示されます。

    OPEN THIS IN BROWSER: https://{HOST}:61009/web/installer/new/gravitational.io/anypoint/{VERSION}?install_token={TOKEN}
  5. ブラウザでこの URL を開きます。

    インストーラは内部 IP で実行され、これを使用してネットワーク内からアクセスできます。ネットワーク外から URL にアクセスするには、URL のホスト名を公開 IP アドレスに置き換える必要があります。

    インストールウィザードを開始した後で、次のステップを実行して Anypoint Platform Private Cloud Edition をインストールします。

  6. Anypoint Platform ライセンスキーを入力し、[Continue (続行)] をクリックします。

    MuleSoft アカウント担当者からライセンスキーを取得する必要があります。新しいライセンスを適用した後で、インストーラがライセンスを認識するまで時間がかかることがあります。

  7. クラスタデプロイメントの名前を入力します。

    この名前は自社に固有である必要があります。たとえば、anypoint.yourcompany のようにします。ここで指定した名前によって、Anypoint Platform のネットワークアドレスまたは組織名が変更されることはありません。

  8. プロバイダを選択し、[Continue (続行)] をクリックします。

  9. スライダを使用して、作成するサーバノードの数を選択します。

    次の設定がサポートされています。

    • 1 ノード設定: 実行するすべてのプラットフォームコンポーネントを単一ノードにインストールします。この設定はデモのみを目的としており、ハードウェア要件が低くなっています。開発環境や本番環境ではサポートされません。デモインストールには、テストに使用するための独自の LDAP サーバが含まれています。

    • 3 ノード設定: すべてのサーバを [General Purpose Nodes (汎用ノード)] としてインストールして登録します。

    • 6 ノード設定: 3 つのノードを [App-only (アプリケーションのみ)] として、3 つのノードを [Data Store (データストア)] としてインストールして登録します。

    選択したノードの数に応じて、インストーラに 1 つ以上の curl コマンドが表示されます。

  10. インストールの各ノードのコマンドラインから `curl コマンドを実行します。

    3 ノード設定を実行している場合、環境内の各サーバで同じコマンドを実行する必要があります。6 ノード設定を実行している場合、アプリケーションノードとデータノードで異なる curl コマンドを実行する必要があります。

    このコマンドを実行するには、管理者権限が必要です。このコマンドは次のような構造になりますが、選択したインストール方法およびノードの種別に応じて異なります。

    curl -s --tlsv1.2 --insecure "https://{HOST}:443/t/{TOKEN}/node" | sudo bash
    SSH セッションから上記のコマンドを実行する場合は、インストール中にセッションがタイムアウトにならないようにしてください。タイムアウトになると、インストーラは失敗します。末尾で nohup および & を使用すると (例: sudo nohup bash &)、プロセスはバックグラウンドで開始され、ssh セッションが期限切れになった場合も実行され続けます。 screen または tmux を使用するのも、ssh セッションが終了した場合もプロセスを続行する方法の 1 つです。

    ノードで curl コマンドを実行すると、ノードがインストーラの UI に表示されます。

  11. [Verify (確認)] をクリックして、各サーバがディスクおよびシステムの最小要件を満たしていることを確認します。

    この作業を完了するには数分かかる場合があります。システムがすべての要件を満たしている場合、インストーラに緑色のチェックマークが表示されます。

  12. ドロップダウンリストから IP アドレスを選択します。

    この IP アドレスは、クラスタ内での通信に使用されます。

  13. ドロップダウンリストから Docker デバイスを選択するか、自分自身へのパスを手動で指定します。各ノードで、両方のデバイスが十分な領域で設定されていることを確認します。

    これは、Docker がボリューム管理に使用するデバイスです。

  14. Anypoint Platform データが保存されている場所を入力します。

    これは、データベースおよびオブジェクトストアの場所です。デフォルトでは、この場所は /var/lib/data です。指定した場所に十分なディスク領域があることを確認する必要があります。

  15. すべてのノードが表示され、設定が完了したら、[Start Installation (インストールを開始)] をクリックします。

    インストーラによっていくつかのステップが実行されます。このプロセスが完了するまで待ちます。

  16. 組織および Anypoint Platform 管理者に関する次の情報を入力します。

    • 組織名

    • 管理者のメールアドレス

    • 管理者のユーザ名

    • 管理者のパスワード

      プラットフォームユーザは、ここで指定した組織名またはその中のビジネスグループに基づいてアカウントにアクセスします。

  17. NFS サーバに関する次の情報を入力します。

    • NFS サーバ

    • NFS パス

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!