Ops Center を使用した Anypoint Platform Private Cloud Edition の管理

このトピックでは、Ops Center を使用して Anypoint Platform Private Cloud Edition を管理および監視する方法について説明します。Ops Center は、Web ベースの管理ツールであり、以下のタスクを行うことができます。

  • サーバの追加と削除

  • ログの表示とログ転送の設定

  • システムの安定性とパフォーマンスの監視

Ops Center へのアクセス

  1. 次の URL にアクセスします。

    https://{platform-host}:9500
  2. インストール時に作成した管理者ユーザのメールアドレスとパスワードを入力します。

サーバの追加

サーバを追加することで、インストールの完了後でもクラスタを拡張できます。

  1. Ops Center にログインします。

  2. [Servers (サーバ)] タブをクリックし、[Add Existing (既存サーバを追加)] ボタンをクリックします。

  3. 追加したいノードの種別を選択します。

    使用できるノードはインストールされているノード数によって異なります。

  4. [Continue (続行)] をクリックします。

    Ops Center に次のようなコマンドが表示されます。

    curl -s --tlsv1.2 --insecure "https://172.31.48.9:3009/t/8402020736a8a04dda29bc81dfcd5211/node" | sudo bash
  5. 新しいサーバをインストールするマシンでこのコマンドを実行します。

    • このコマンドは、ルートアクセス権を持つアカウントで実行する必要があります。

    • このインストール作業は、一度に 1 つのサーバに対してのみ行えます。

    このコマンドを実行すると、Ops Center のリストにサーバが追加されます。

  6. 必要であれば、IP アドレスとデバイスを指定します。

  7. サーバを選択し、[Start Installation (インストール開始)] をクリックして新しいサーバのインストールを開始します。

サーバの削除

プラットフォームがインストールされているクラスタからサーバを個別に削除できます。

サーバを削除すると、サーバ上にデプロイされているすべてのアプリケーションも削除されます。
  1. Ops Center にログインします。

  2. [Servers (サーバ)] タブをクリックします。

  3. 削除したいサーバの IP アドレスをクリックしてから [Delete (削除)] を選択します。

  4. サーバを削除することを確認します。

ログ転送の設定

Anypoint Platform Private Cloud Edition ではサーバレベルのログデータを転送できます。ログ転送は、ローカルなサードパーティのログソリューションにログを転送できるように設計されています。Splunk Cloud のようなクラウドベースサービスへのログデータの転送はサポートしていません。

Anypoint Platform は rsyslog を使用してロギングを処理します。これらのログをリモートホストに転送するには、次の手順を実行します。

  1. Ops Center にログインします。

  2. 右上隅にある管理者ユーザ名をクリックします。

    ops center settings
  3. [Settings (設定)] を選択して、[Logs (ログ)] タブをクリックします。

  4. [Create (作成)] をクリックするか、すでにログフォワーダを設定してある場合は [New Connector (新規コネクタ)] をクリックします。

  5. 次の例に示すようにログ転送を設定します。

kind: logforwarder
version: v2
metadata:
   name: forwarder1
spec:
   address: 192.168.100.1:514
   protocol: udp

安定性とパフォーマンスの監視

Ops Center では、プラットフォームの安定性とパフォーマンスに関するデータを表示できます。

以下のアプリケーションコンポーネント用に、メトリクスダッシュボードが用意されています。

  • Anypoint サービス

  • クラスタ

  • オブジェクトストア

  • ポッド

  • PostgreSQL

  • Redis

粒度の細かいメトリクスは、デフォルトで 30 日間保存されます。他のメトリクスは、6 か月から 5 年間保存されます。

メトリクスの表示

  1. Ops Center にログインします。

  2. [Monitoring (監視)] タブをクリックします。

    Ops Center はデフォルトで [Cluster (クラスタ)] ダッシュボードを表示します。

ダッシュボードの表示中は、セクションの一番上にある一連のドロップダウンメニューを使用していろいろな情報を見ることができます。使用できるオプションは、選択したダッシュボードによって異なります。たとえば、[Pods (ポッド)] ダッシュボードでは namespacepodname を選択できます。

チャートに表示される時間単位の変更

チャートに表示される時間単位を変更するには、次の手順を実行します。

  1. 右上隅で、現在選択されている時間単位をクリックします。

  2. クイックオプションを選択して、開始日と終了日を指定します。

[Anypoint Services (Anypoint サービス)] ダッシュボード

[Anypoint Services (Anypoint サービス)] ダッシュボードは、プラットフォームのいろいろなサブコンポーネント (Exchange、API Notebook、ホームページなど) のメトリクスを表示します。各マイクロサービスでデータを絞り込むことができます。

このダッシュボードには以下のメトリクスが表示されます。

  • Processor (プロセッサ)

  • Memory (メモリ)

  • Network (ネットワーク)

  • Filesystem (ファイルシステム)

これらのメトリクスはサービスごとに表示されます。

[Cluster Information (クラスタ情報)] ダッシュボード

このダッシュボードは、プラットフォームクラスタを構成する、さまざまなノードのメトリクスを表示します。データは nodename で絞り込むことができます。

このダッシュボードには以下のメトリクスが表示されます。

  • Overall CPU Usage (全体の CPU 使用量)

  • CPU Usage by Node (ノードごとの CPU 使用量)

  • Individual CPU Usage (個別の CPU 使用量)

  • Memory Usage by Node (ノードごとのメモリ使用量)

  • Individual Memory Usage (個別のメモリ使用量)

  • Overall Cluster Network Usage (全体のクラスタネットワーク使用量)

  • Network Usage by Node (ノードごとのネットワーク使用量)

  • Individual Node Network Usage (個別ノードのネットワーク使用量)

  • Overall Cluster Filesystem Usage (クラスタ全体のファイルシステム使用量)

  • Filesystem Usage by Node (ノードごとのファイルシステム使用量)

  • Individual Node Filesystem Usage (個別ノードのファイルシステム使用量)

これらのメトリクスのスコープは、コンテキストによって異なります。

  • 全体のメトリクスは、すべてのノードの集計値を表示します。

  • ノードごとの​メトリクスは、同じチャートで別々の曲線として表示されます。

  • 個別ノードのメトリクスは、セクションの一番上にある​ノード名​ドロップダウンから選択したノードの値のみを表示します。

[Object Store (オブジェクトストア)] ダッシュボード

[Object Store (オブジェクトストア)] は、オブジェクトストアを構成するさまざまなノードのデータを表示します。以下のメトリクスがあります。

  • Node Status (ノードの状況)

  • Read/Write Requests (in requests per second) (読み書き要求 (毎秒の要求数))

  • Read/Write Latency (読み書き遅延)

  • Active Connections (アクティブな接続)

  • Unavailable Exceptions (利用できない例外)

  • Disk Space Used (使用ディスクスペース)

読み書き値に関連するメトリクスは、読み出しと書き込みの値を別々の曲線として表示します。

[Pod (ポッド)] ダッシュボード

[Pod (ポッド)] ダッシュボードは、プラットフォームの異なるサービスを実行している個別の Docker コンテナのデータを表示します。データは、namespace または `podname`で絞り込むことができます。

このダッシュボードには以下のメトリクスが表示されます。

  • Individual CPU Usage (個別の CPU 使用量)

  • Individual Memory Usage (個別のメモリ使用量)

  • Individual Network Usage (個別のネットワーク使用量)

  • File system Usage (ファイルシステム使用量)

これらのすべてのメトリクスは、選択された namespacepodname ごとに表示されます。

[PostgreSQL] ダッシュボード

[PostgreSQL] ダッシュボードは、プラットフォームに含まれる PostgreSQL サーバのデータを表示します。以下のメトリクスがあります。

  • Activity per type (種別ごとのアクティビティ)

  • Cache Hit Ratio (キャッシュヒット率)

  • Active Connections (アクティブな接続)

  • Buffers (バッファ)

  • Conflicts/Deadlocks (競合/デッドロック)

  • PostrgreSQL Containers CPU Usage per Pod (ポッドごとの PostrgreSQL コンテナの CPU 使用量)

種別ごとのアクティビティは、選択された時間単位で、フェッチされた行、返された行、そして挿入、更新、削除された行ごとに異なる曲線を表示します。

データのダウンロード

このセクションに表示されているデータを JSON としてダウンロードするには、次の手順を実行します。

  1. Ops Center の一番上にあるギアアイコンをクリックします。

  2. [Export (エクスポート)] をクリックします。

managing via the ops center f3b1c

代わりに [Save as…​ (名前を付けて保存)] を選択して、このファイルに名前を付けてダウンロードすることもできます。また、[View JSON (JSON を表示)] オプションを選択すると、ダウンロードせずにデータを表示できます。

パスワードのリセット

Ops Center にログインするためのパスワードを変更するには、以下の手順を実行します。

  1. gravity ユーティリティを実行します。

    このユーティリティは、プラットフォームのインストール時に追加されています。

    sudo gravity enter
  2. 次のコマンドでパスワードをリセットします。

    gravity site --insecure reset-password

    このコマンドは、管理者のメールアドレスと新しいパスワードを返します。

    password for admin@example.com has been reset to: xxxxxxxxx

関連情報

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub