物理サーバでの Anypoint Private Cloud のシステム要件

環境をセットアップしたら、gravity check スクリプトを実行して、システムが Anypoint Private Cloud の最小要件を満足していることを確認してください。

  1. インストーラを実行したノードからクラスタの各ノードに、以下のファイルをコピーします。

    • gravity バイナリ。

    • gravity バイナリが使用する app.yaml マニフェスト。

      これらのファイルは、インストーラのフォルダにあります。

  2. クラスタの各ノードから次のコマンドを実行します。

    sudo ./gravity check --profile=app_node app.yaml

    --profile オプションには以下の値を指定できます。

    • app_node

    • data_node

    • general_node (3 ノード構成の場合)

    • demo_node (1 ノード構成の場合)

コマンドから出力が返されない場合は、必要なリソースで環境が正しくセットアップされていることを意味します。環境が要件を満足していない場合は、問題の内容を記述したメッセージが返されます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub