Anypoint Private Cloud のディスクデバイス要件の検証

このトピックでは、Anypoint Platform Private Cloud Edition のインストールと実行に必要な最小限の前提条件をシステムが満足していることを確認するための方法を説明します。

論理ボリュームマネージャ 2 (LVM2) のインストール

Anypoint Platform Private Cloud Edition をインストールして実行するには、LVM2 をインストールして使用する必要があります。LVM2 は、オペレーティングシステムと使用するディスク/パーティションとの間に抽象化レイヤを追加するツールです。LVM2 をインストールするには、ルートアクセス権が必要です。

LVM は Yum を使用してインストールできます。Yum は、RPM Package Manager を使用した、Linux オペレーティングシステム用のオープンソースのコマンドラインパッケージ管理ユーティリティです。Yum を使用して次のコマンドを実行することで LVM をインストールできます。

sudo yum install lvm2

ディスクパフォーマンスの確認

ディスクのスループットを測定するには、hdparm などのツールを使用します。CentOS では、次のコマンドで hdparm をインストールできます。

sudo yum install -y hdparm

ディスクスループットのテスト

すべてのディスクでは 300 MB/秒 以上のスループットが必要です。ディスクのスループットは、次のコマンドで確認できます。

sudo hdparm -d <device>

次に例を示します。

$ sudo hdparm -t /dev/sdd

/dev/sdd:
Timing buffered disk reads: 4726 MB in  3.00 seconds = 1574.94 MB/sec

スループットは dd ツールでも測定できます。dd は、指定されたファイルに (それがデバイスであっても) 直接書き込みます。このツールはベアデバイスでは使用しないでください。デバイスをフォーマットしてマウントしたら、そのデバイス上のファイルに書き込んでスループットを測定できます。

$ sudo mount /dev/sdb /var/lib/gravity # must be already formatted!
$ sudo dd if=/dev/zero of=/var/lib/gravity/testfile count=1000 bs=1M
1000+0 records in
1000+0 records out
1048576000 bytes (1.0 GB, 1000 MiB) copied, 0.382535 s, 2.7 GB/s

dd コマンドが返す情報は、hdparm が返す情報より精度が低くなりますが、どのオペレーティングシステムでも使用できるうえ、全体的なディスクパフォーマンスを簡単に確認できます。

ディスク IOPS のテスト

ハードウェアまたは仮想化プロバイダによっては、ディスク IOPS (I/O オペレーション/秒) を設定できる場合があります。iops などのツールを使用すれば、利用可能な IOPS を確認できます。

$ sudo ./iops --time 2 /dev/xvdb
/dev/xvdb, 107.37 GB, 32 threads:
 512   B blocks: 1893.0 IO/s, 946.5 KiB/s (  7.8 Mbit/s)
   1 KiB blocks: 1354.8 IO/s,   1.3 MiB/s ( 11.1 Mbit/s)
   2 KiB blocks: 1091.8 IO/s,   2.1 MiB/s ( 17.9 Mbit/s)
   4 KiB blocks:  807.1 IO/s,   3.2 MiB/s ( 26.4 Mbit/s)
   8 KiB blocks:  803.7 IO/s,   6.3 MiB/s ( 52.7 Mbit/s)
  16 KiB blocks:  787.4 IO/s,  12.3 MiB/s (103.2 Mbit/s)
  32 KiB blocks:  700.8 IO/s,  21.9 MiB/s (183.7 Mbit/s)
  64 KiB blocks:  590.0 IO/s,  36.9 MiB/s (309.3 Mbit/s)
 128 KiB blocks:  327.6 IO/s,  40.9 MiB/s (343.5 Mbit/s)
...

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub