Anypoint Platform Private Cloud のアップグレード

開始する前に

Anypoint Platform Private Cloud Edition (Anypoint Platform PCE) がインストールされていて稼動していなければアップグレードはできませんので、すでに環境の前提条件は満足していることになります。Anypoint Platform PCE のインストール前に​「ハードウェアの前提条件」​、​「ソフトウェアの前提条件」​、​「ネットワークの前提条件」​に記述されているタスクを (ユーザ自身またはインフラストラクチャチームが) すべて正常に完了していれば、環境は正常にアップグレードされます。

Anypoint Platform PCE1.7.x から 2.0.x にアップグレードする場合は、NFS サーバが必要です。​「NFS サーバの前提条件」​を参照してください。

Anypoint Platform PCE の最新バージョンへのアップグレードについては、Anypoint Platform PCE リリースノートの「Anypoint Platform Private Cloud Edition 2.0.3 Release Notes」セクションを参照してください。

バージョン 1.6.1 へのアップグレードについては、​About Migrating Anypoint Platform Private Cloud Edition​を参照してください。バージョン 1.7.1 へのアップグレードについては、​To Migrate to Anypoint Platform Private Cloud, Version 1.7.1​を参照してください。

アップグレード前に MuleSoft プロフェッショナルサービスに連絡して、サポートを要求してください。

手順

以下の手順では、Anypoint Platform PCE と Anypoint Platform PCE インフラストラクチャのアップグレード方法を説明します。

  • アップグレードでは、すべての Anypoint Platform PCE コンポーネントが更新されます。

  • アップグレードプロセスでは、各ノードの更新中にダウンタイムが発生します。

  1. 「バックアップおよび復元の設定」​に従ってシステムをバックアップします。. 複数の中間アップグレードが必要な旧バージョンからアップグレードする場合は、それぞれのアップグレードが完了した時点で、次の手順に進む前に、その中間バージョンをバックアップする必要があります。

  2. カスタマーサクセス担当者からインストーラへのリンクを入手します。

  3. ssh​ を使用してクラスタのマスタノードにログインします。

    3 ノード構成では、すべてのノードがマスタノードとなります。6 ノード構成でマスタノードを見つけるには、次のコマンドを実行します。

    kubectl get node --show-labels | grep gravitational.io/k8s-role=master

    これらの手順をマスタノードから実行することによって、アップグレードスクリプトからプラットフォーム全体をアップグレードすることができます。

  4. アプリケーションのアーカイブを展開します。

    tar -xvf anypoint-2.0.0-installer.tar.gz
  5. anypoint-2.0.0​ ディレクトリに移動して、アップグレードスクリプトを実行します。

    cd anypoint-2.0.0
    sudo ./upgrade

    sudo ./upgrade​ コマンドでプラットフォームを最新バージョンにアップグレードして、クラスタ内の各ポッドを再起動します。ネットワーク設定によっては、このコマンドは完了までに少し時間がかかることがあります。このコマンドは次の例のような出力を生成します。

    -> initializing upload
    -> uploading update package
    importing anypoint:2.0.0
    Thu Aug 23 09:36:30 UTC	Synchronizing application with Docker registry x.x.x.xxx:5000
    Thu Aug 23 09:44:27 UTC	Synchronizing application with Docker registry x.x.x.xxx:5000
    Thu Aug 23 09:51:29 UTC	Synchronizing application with Docker registry x.x.x.xxx:5000
    Thu Aug 23 09:58:23 UTC	Application has been uploaded
    updating anypoint from 1.7.1 to 2.0.0-xxxxxxxxxxxx
    update operation (d077277f-3c69-4336-82bf-bd8b428ae202) has been started
    the cluster is updating in background
  6. アップグレードが完了したら、次のいずれかのオプションで移行が正常に完了したことを確認します。

    • アップグレードを実行したノードで次のコマンドを実行します。

      $ sudo gravity enter
      $ kubectl get pods
  7. 次の URL で Ops Center にログインします。

    https://{platform-host}:9500
    Anypoint Platform PCE 1.7.x から 2.0.x にアップグレードする場合は、Anypoint Platform PCE にアクセスする前に、必ず以下の手順に従って NSF サーバを設定してください。この場合、NFS を設定する前にプラットフォームにアクセスするとデータが失われることがあります。
  8. Anypoint Platform PCE 1.7.x から 2.0.x にアップグレードする場合は、必要な NFS サーバを設定します。

    1. Anypoint Platform から ​[Access Management (アクセス管理)]​ を選択します。

    2. [NFS Settings (NFS の設定)]​ を選択します。

    3. NFS サーバのドメイン名を入力します。

    4. NFS サーバへのパスを入力します。

    5. [保存]​ を選択します。

    6. [Test NFS Server (NFS サーバをテスト)]​を選択して、NFS サーバが正しく設定されていることを確認します。

  9. Anypoint Platform PCE 2.0.x から 2.1.x にアップグレードする場合を除いて、以下の項目を設定します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!