Runtime Fabric へのアプリケーションおよび API プロキシのデプロイ

Anypoint Runtime Fabric では、Runtime Fabric で管理された Mule Runtime Engine に Mule アプリケーションと API プロキシをデプロイできます。

サポートされている Mule バージョン

Anypoint Runtime Fabric では、Mule Runtime の次のバージョンへのデプロイメントがサポートされています。

  • 3.8.7

  • 3.9.1、3.9.2

  • 4.1.2+

  • 4.2.0

前提条件

Mule アプリケーションまたは API プロキシを Runtime Fabric にデプロイする前に、次のことを実行します。

  • Runtime Fabric をインストールして設定する。

  • 「Anypoint Runtime Fabric でのリソース割り当て」で説明されているリソースが割り当てられる方法を理解する。

  • Mule アプリケーションまたは API プロキシを Exchange にパブリッシュする。

    Mule アプリケーションと API プロキシを Runtime Fabric にデプロイする前に、それらを Exchange にパブリッシュする必要があります。Mule アプリケーションと API プロキシを Runtime Manager からデプロイすると、それらは自動的に Exchange にパブリッシュされます。

Runtime Manager を使用したデプロイ

Runtime Manager を使用して、Mule アプリケーションと API プロキシを手動でデプロイできます。「Runtime Fabric に Mule アプリケーションをデプロイする」を参照してください。

Maven を使用したデプロイ

Runtime Fabric は、Maven による Mule アプリケーションまたは API プロキシの管理およびデプロイをサポートしています。

Maven を使用して Mule アプリケーションと API プロキシをデプロイするには、Mule バージョンに固有のトピックを参照してください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub