Runtime Fabric の手動インストール

このトピックでは、データセンターでホストする VM に Anypoint Runtime Fabric をインストールし、登録する方法について説明します。

使用するインフラストラクチャがハードウェア、オペレーティングシステム、ネットワークの最小要件を満たすことを確認します。組織の運用チーム、ネットワークチーム、セキュリティチームは、これらの要件を確認する必要があります。「Anypoint Runtime Fabric のシステム要件」および「Anypoint Runtime Fabric のネットワークとポートの要件」を参照してください。

開始する前に

インストールを開始する前に次の条件が満たされていることを確認します。

  • Runtime Manager で Runtime Fabric を作成している。

  • システム要件のページで示されているとおりに、必要なハードウェアがプロビジョニングされている。

  • 必要なディスクが各 VM のブロックデバイスとしてリストされている。ディスクをマウントまたはフォーマットしないでください。

  • 必要なポートが開いており、ホスト名がネットワーク要件のページで示されているとおりにホワイトリストに登録されている。

Mule ライセンスキーの Base64 でのエンコード

Runtime Fabric をインストールするには、Mule ライセンスキーが Base64 でエンコードされている必要があります。

Linux

Linux でライセンスファイルをエンコードするには、以下を実行します。

base64 -w0 license.lic

MacOS

MacOS でライセンスファイルをエンコードするには、ターミナルから以下を実行します。

base64 -b0 license.lic

Windows

Windows でライセンスファイルをエンコードするには、シェルターミナルエミュレータ (cygwin など) や Unix ベースのコンピュータを使用して、次の手順を実行します。

  1. 組織の Mule Enterprise ライセンスキーファイル (license.lic) を見つけ、必要に応じて Unix 環境に転送します。

  2. 次のコマンドを実行して、ライセンスキーを Base64 でエンコードします。

    base64 -w0 license.lic

インストール中に実行される操作

インストールでは各 VM で次のアクションが実行されます。

  • 専用ディスクをフォーマットします。

  • 専用ディスクを適切なパスにマウントします。

  • iptables ルールを設定します。

  • 必要なカーネルモジュールを有効にします。

  • システムサービスを有効にして、再読み込みします。

インストール

まず、インストールでリーダーとして機能するコントローラ VM にスクリプト ZIP ファイルをダウンロードします。

  1. Anypoint Platform にサインインし、[Runtime Manager] に移動します。

  2. 左側のナビゲーションペインで、Runtime Fabric を選択します。

  3. 作成した Runtime Fabric をクリックします。その状態は [Activating (アクティブ化中)] になっている必要があります。

  4. [Download files (ファイルをダウンロード)] ボタンを右クリックし、[Copy link location (リンクの場所をコピー)] を選択します。

  5. コントローラ VM にファイルをダウンロードします。

    1. コントローラ VM へのシェル (SSH セッション) を開きます。

    2. ファイル curl {INSTALLER_URL} --output rtf-install-scripts.zip をダウンロードします。

  6. ダウンロードしたら、rtf-install-scripts.zip ファイルを別のディレクトリに展開します。

    mkdir -p ./rtf-install-scripts && unzip rtf-install-scripts.zip -d ./rtf-install-scripts

rtf-install-scripts/ ディレクトリ内に、次を含む manual という名前のサブディレクトリがあります。

  • generate-configs.sh: 各 VM の環境変数の生成に役立つスクリプト。

  • README.md: インストールをサポートする手順を含むマークダウンファイル。

定義する変数

次に、インストールで必要な変数を理解します。RTF_ACTIVATION_DATA 変数の値は、Runtime Manager の [Runtime Fabric] ページで確認できます。.

パラメータ 説明

RTF_CONTROLLER_IPS

空白で区切られた、コントローラ VM の IP アドレス。1 番目の IP アドレスは、インストールのリーダーである必要があります。

"10.3.0.4 10.3.0.5 10.3.0.6"

RTF_WORKER_IPS

空白で区切られた、ワーカー VM の IP アドレス。

"10.3.0.11 10.3.0.12 10.3.0.13"

RTF_DOCKER_DEVICE

プロビジョニングされた 1000 IOPS をサポートする Docker 専用のディスクのブロックデバイスのフルパス。

/dev/xvdc

RTF_ETCD_DEVICE

プロビジョニングされた 3000 IOPS をサポートする etcd 専用のディスクのブロックデバイスのフルパス。

/dev/xvdb

RTF_ACTIVATION_DATA

エンコードされた Runtime Fabric アクティベーションデータ。このデータにアクセスするには、Runtime Manager で Runtime Fabric を表示します。

NzdlMzU1YTktMzAxMC00OGE0LWJlMGQtMDdxxxx

RTF_MULE_LICENSE

組織の Mule Enterprise ライセンスキー (license.lic) を Base64 でエンコードしたコンテンツ

==ABCD12934…​

ディスクへのブロックデバイスのパスを特定するには、VM で lsblk コマンドを使用します。 Mule ライセンスキーを Base64 でエンコードするには、上記の「Mule ライセンスキーの Base64 でのエンコード」の手順を参照してください。

省略可能な変数

次の変数は、組織の要件に基づいて定義できます。

パラメータ 説明

RTF_HTTP_PROXY

アウトバウンド HTTP 要求を転送する HTTP プロキシサーバのホスト名およびポート。

1.1.1.1:80

RTF_MONITORING_PROXY

SOCKS5 プロキシサーバがメトリクスとログを Anypoint Monitoring に転送するためのホスト名とポート、および省略可能なユーザ名とパスワード。

user:pass@1.1.1.2:800

RTF_NO_PROXY

プロキシをバイパスする必要があるホストのカンマ区切りリスト。

1.1.1.1,no-proxy.com

RTF_SERVICE_UID

各 Runtime Fabric サービスを実行するユーザ ID を表す整数。「planet」という名前のユーザを作成するデフォルトの動作を上書きします。

1000

RTF_SERVICE_GID

各 Runtime Fabric サービスを実行するときに使用されるグループ ID を表す整数。「planet」という名前のグループを作成するデフォルトの動作を上書きします。

900

Runtime Fabric の特定のバージョンをインストールするには、インストール時にリーダーとして機能するコントローラ VM のパス /opt/anypoint/runtimefabric/installer.tar.gz にインストールパッケージを転送します。これは、Anypoint コントロールプレーンからの最新パッケージのダウンロードをスキップします。

./generate-configs.sh スクリプトを使用して、VM ごとに環境変数を生成します。

  1. 以下のコマンドをテキストエディタにコピーして、一重引用符内の各変数の値を入力します。必要に応じて、その他の変数を追加して定義します。一般的な例は、アウトバウンドインターネット接続に HTTP プロキシが必要な場合です。

    RTF_CONTROLLER_IPS='' \
    RTF_WORKER_IPS='' \
    RTF_DOCKER_DEVICE='' \
    RTF_ETCD_DEVICE='' \
    RTF_ACTIVATION_DATA='' \
    RTF_MULE_LICENSE='' \
    ./generate-configs.sh
  2. コントローラ VM でシェル/SSH を開き、展開したディレクトリから manual サブディレクトリに移動します。

  3. テキストエディタからコマンドをコピーし、ターミナルに貼り付けて、コントローラ VM でコマンドを実行します。このスクリプトは、各 VM で実行する一連の手順とスクリプトを各 VM の IP アドレスで分類して出力します。出力された手順を表示するには、上へのスクロールが必要な場合があります。

    1. 各 VM でその IP アドレスに基づいてスニペットを実行し、必要な環境変数を適用します。

    2. 各 VM で ./scripts/init.sh ファイルを /opt/anypoint/runtimefabric にコピーして、スクリプトが実行可能であることを確認します。以下のスクリプトは、現在の作業ディレクトリに、展開されたディレクトリ rtf-install-scripts が含まれることを前提とします。

      mkdir -p /opt/anypoint/runtimefabric && cp ./rtf-install-scripts/scripts/init.sh /opt/anypoint/runtimefabric/init.sh && chmod +x /opt/anypoint/runtimefabric/init.sh
  4. コントローラ VM で特権モードで init.sh スクリプトを実行します。

    sudo /opt/anypoint/runtimefabric/init.sh foreground
  5. インストールで事前チェックが完了するまで待機します。出力は「Execute preflight checks (事前チェックを実行)」メッセージを過ぎても継続し、チェックが合格したことを示す必要があります。

    ...
    Tue Aug 14 02:28:54 UTC Starting the installation
    Tue Aug 14 02:28:56 UTC Operation has been created
    Tue Aug 14 02:28:57 UTC Execute preflight checks
    Tue Aug 14 02:29:48 UTC Configure packages for all nodes
    Tue Aug 14 02:29:59 UTC Bootstrap all nodes
    ...
  6. 他のすべての VM で特権モードで init.sh スクリプトを実行します。このステップは各 VM で同時に実行できます。

    sudo /opt/anypoint/runtimefabric/init.sh foreground
  7. インストールプロセスでエラーが発生した場合、エラーの解決方法を示すメッセージを出力してプロセスは終了します。多くの場合、1 つまたは複数の変数を有効な値に更新し、init.sh スクリプトを再実行することで、エラーを解決できます。

このプロセスで Runtime Fabric がすべての VM にインストールされ、クラスタが形成されます。完了するまでに 15 ~ 25 分以上かかることがあります。

インストールが正常に完了すると、ファイル /opt/anypoint/runtimefabric/.state/init-complete が作成されます。

インストールの進行状況の監視

init.sh スクリプトの実行時に forground パラメータが渡された場合、インストールログがターミナルに出力されます。それ以外の場合、インストール中に進行状況を参照するには、各 VM の出力ログを確認します。

. . VM への別のシェル (SSH セッション) を開きます。 . /var/log/rtf-init.log にある出力ログを確認します。

+

tail -f /var/log/rtf-init.log
各 VM の同じログを確認して、その進行状況を参照できます。

インストールが正常に完了すると、ファイル /opt/anypoint/runtimefabric/.state/init-complete が作成されます。

オペレーションセンターへのアクセス

インストールが正常に完了したら、オペレーションセンターにログインして Runtime Fabric インフラストラクチャの状況を表示します。オペレーションセンターへのアクセスとオペレーションセンターのユーザ名とパスワードの決定については、「Anypoint Runtime Fabric でのオペレーションセンターの使用」を参照してください。

一般的なエラー

インストールプロセスでエラーが発生した場合、エラーの解決方法を示すメッセージを出力してプロセスは終了します。多くの場合、/opt/anypoint/runtimefabric/env ファイルの 1 つまたは複数の値を正しい値に更新し、init.sh スクリプトを再実行することで、エラーを解決できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub