rtfctl のインストール

Runtime Fabric をローカルで管理するには、rtfctl​ ユーティリティをインストールします。rtfctl​ ユーティリティは次のアクションをサポートしています。

  • Runtime Fabric の状況を取得する。

  • 実行中のアプリケーションのヒープダンプまたはスレッドダンプを実行する。

  • 実行中のアプリケーションのメモリ使用量を表示する。

  • プロキシ設定を管理する。

  • セキュアプロパティを管理する。

  • Mule ライセンスを管理する。

rtfctl のインストール

この手順を実行するには、Runtime Fabric を実行するコントローラノードへのルート権限が必要です。
  1. rtfctl​ コマンドユーティリティの最新バージョンをダウンロードします。

    1. コントローラノードでターミナルを使用して次のコマンドを実行します。

      cd /opt/anypoint/runtimefabric
      sudo curl -L https://anypoint.mulesoft.com/runtimefabric/api/download/rtfctl/latest -o rtfctl
    2. rtfctl​ バイナリのファイル権限を変更します。

      sudo chmod +x rtfctl

サポートされているコマンドのリストの表示

サポートされているすべてのコマンドのリストを表示するには、rtfctl -h​ を実行します。

特定のコマンドの詳細については、rtfctl <command> -h​ を実行します。

使用方法

  • Mule ライセンスのインストール

    1. 「Mule ライセンスキーの Base64 でのエンコード」​の手順に従って、必ずライセンスを Base64 でエンコードします。

    2. 次のコマンドを実行します。

      $ sudo ./rtfctl apply mule-license '<license-key-information>'
      Updating rtf namespace... OK

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!