Runtime Fabric でのログの表示および設定

Runtime Fabric では、以下に関する情報を提供するログファイルが生成されます。

  • デプロイされた Mule アプリケーション

  • デプロイされた API プロキシ

  • Runtime Fabric サービス

  • Kubernetes サービス

ログレベル

Runtime Fabric では、ログファイルに書き込まれるメッセージの重要度のレベルを指定できます。

説明 コマンド

すべての優先度

すべてのメッセージをリストします。

なし

ERROR

例外が発生した場合のエラーメッセージのみをリストします。

priority:ERROR

FATAL

アプリケーションが失敗した場合の致命的なメッセージのみをリストします。

priority:FATAL

INFO

有益情報のメッセージをリストします。

priority:INFO

SYSTEM

アプリケーションとワーカーのスタートアップに関するメッセージをリストします。

priority:SYSTEM

CONSOLE

オブジェクトストアの設定など、コンソールイベントに関するメッセージをリストします。

priority:CONSOLE

WARN

警告メッセージをリストします。

priority:WARN

Debug (デバッグ)

デバッグメッセージをリストします。

priority:DEBUG

ログレベルは、デプロイ中に Mule アプリケーションまたは API プロキシごとに指定します。

ログレベルは、Mule アプリケーションまたは API プロキシのデプロイ時に指定します。デプロイ後にログレベルを変更することはできません。

ログの表示

Runtime Fabric で実行されているアプリケーションとサービスから出力されたログのストリームはオペレーションセンターに表示されます。ページの左にある [Logging (ログ)] に移動すると、ログインターフェースが表示されます。

アプリケーションからのログの表示

オペレーションセンターを使用すると、デプロイされたアプリケーションからのログを表示できます。ログ転送がセットアップされていない場合、これが役立つ可能性があります。

  1. オペレーションセンターの左サイドバーで [Kubernetes] をクリックします。

  2. [Pods (ポッド)] タブをクリックします。

  3. 検索入力の近くの右ドロップダウンで、アプリケーションがデプロイされた環境 ID を選択します。

  4. 対象のアプリケーションの名前で始まるポッド名を見つけます。

  5. ポッド名をクリックして [Logs (ログ)] を選択します。

対象のアプリケーションに検索条件が適用された [Logs (ログ)] タブにページがリダイレクトされます。

最新のログを表示するには、ページの右上にある [Refresh (更新)] ボタンをクリックします。

絞り込み

ログをドリルダウンして表示するのに役立つ 2 つの絞り込みレベルがあります。

  • Containers (コンテナ): コンテナの名前に基づいて絞り込みを行います。

  • Pods (ポッド): ポッドの名前に基づいて絞り込みを行います。これは、アプリケーション名の後にワイルドカード (%) を続けて指定する場合に役立ちます。

外部サービスへのログの転送

Anypoint Runtime Fabric では、アプリケーションとクラスタのログを外部のログサービスに転送できます。Runtime Fabric に組み込まれているログ転送機能を使用すると、ログデータを TCP または UDP 経由で rsyslog サーバに送信できます。

Anypoint Runtime Fabric コンポーネントと Mule アプリケーションからのログデータを外部のログソリューションに転送し、表示、保持、およびアラート処理を一元的に行うことができます。Runtime Fabric に含まれる rsyslog クライアントサービスでは、TCP または UDP 経由での rsyslog サーバへのログ転送トランスミッションが提供されます。Splunk や Logstash などのログサービスでは、rysslog クライアントからログデータを受信するためのメソッドが提供されます。

Anypoint Runtime Fabric では、ダッシュボードが提供され、パフォーマンスや可用性が低下した場合に重要なメトリクスに関するアラートが表示されます。これらは、オペレーションセンターを使用して表示および調整できます。アラートを受信するには、SMTP サーバが必要です。

手順

  1. ターミナルを使用して、コントローラ VM へのシェル/SSH 接続を開きます。

  2. log-forwarder.yaml という名前のファイルを作成します。

  3. 以下の表に基づいてカスタマイズした後、このファイルに次の内容を追加します。

    kind: logforwarder
    version: v2
    metadata:
       name: log-forwarder
    spec:
       address: 192.168.100.1:514
       protocol: udp

    環境に固有の次の値を使用します。

    Key (キー) 説明

    name

    ログ転送ルールの名前を指定します。

    address

    ログデータを転送するエンドポイントとポートを指定します。

    protocol

    データの送信先のプロトコルを指定します。サポートされるプロトコルは TCP または UDP です。

  4. コントローラ VM で次のコマンドを実行し、以前に作成したファイルを参照します。

gravity resource create log-forwarder.yaml

これで、ログは外部のログサービスに転送されます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub