Anypoint Studio

Anypoint Studio は、Mule アプリケーションをデザインおよびテストするための、MuleSoft の Eclipse ベースのインテグレーション開発環境です。

Anypoint Studio の機能は、Mule アプリケーションを作成するときの生産性を高めます。

  • ローカルランタイム内部で Mule アプリケーションをすばやく実行する

  • ビジュアルエディタを使用して API 仕様ファイルと Mule ドメインを設定する

  • ローカルで実行されているアプリケーションに変更をプッシュして変更をテストする

  • Exchange と統合し、テンプレートや例からプロジェクトを作成し、Anypoint Platform 組織から定義や他のリソースをインポートする

  • 埋め込みの単体テストフレームワーク

  • CloudHub へのデプロイの組み込みサポート

プロジェクト、エクスポート形式、XML、およびスクリプト言語の構造が異なるため、Anypoint Studio 7.x では Mule 4.x プロジェクトのみがサポートされます。Mule 3.x 以前のバージョンのランタイムを Anypoint Studio 7.x に埋め込むことはできません。

エディタ

Studio のエディタは、アプリケーション、API、プロパティ、および設定ファイルの定義をデザインおよび編集するのに役立ちます。

  • Mule 設定ファイル

  • API 仕様

  • プロパティファイル

  • 連動関係を処理するための ​pom.xml​ ファイル

/src/main/mule​ でアプリケーションの XML ファイルをダブルクリックすると、Mule 設定ファイルエディタが開きます。エディタには 3 つのタブが含まれ、アプリケーションを操作するための異なる方法が提供されます。

  • [Message Flow (メッセージフロー)] タブ

    index 039ff

    フローの視覚表現を表示するキャンバスが含まれます。イベントプロセッサを [Mule Palette (Mule パレット)] からキャンバスにドラッグアンドドロップしてフローに追加できます。

キャンバスでイベントプロセッサをクリックすると、[Mule Properties (Mule プロパティ)] ビューが開き、選択したプロセッサの属性が表示され、その属性を編集できます。

  • [Global Elements (グローバル要素)] タブ

    index a2191

    モジュールのグローバル Mule 設定要素が含まれます。このタブでは、設定ファイルの作成、編集、削除ができます。

  • [Configuration XML (設定 XML)] タブ

    index ebe7d

    Mule アプリケーションを定義する XML が含まれます。ここで適用したすべての変更は、キャンバスと、[Message Flow (メッセージフロー)] タブ内のイベントプロセッサの [Properties (プロパティ)] ビューに反映されます。

ビュー

Studio のビューは、プロジェクトメタデータのグラフィック表現、または有効なエディタのプロパティです。Mule プロジェクトを開発するときにビューを移動、終了、追加します。

Anypoint Studio では次のデフォルトビューが表示されます。

Package Explorer

[Package Explorer] ビューには、Mule プロジェクトを構成するプロジェクトフォルダとファイルが表示されます。

index ee160

Mule プロジェクトフォルダの横にある矢印をクリックすると、フォルダが展開または折りたたまれます。フォルダまたはファイルをダブルクリックすると、それらが開きます。

Mule Palette (Mule パレット)

[Mule Palette (Mule パレット)] ビューは、プロジェクト内のモジュールとコネクタの管理に役立ちます。このビューに Exchange から新しい要素を追加することもできます。

mule palette concept 0bf01

モジュールおよび関連する操作と共に使用可能なイベントプロセッサ (スコープ、検索条件、フローコントロールルータなど) が表示されます。
任意のイベントプロセッサを [Favorites (お気に入り)]、または Mule 設定ファイルエディタのキャンバスにドラッグアンドドロップできます。

Mule Properties (Mule プロパティ)

[Mule Properties (Mule プロパティ)] ビューでは、キャンバスで現在選択しているモジュールのプロパティを編集できます。

index 4cdd4

このビューには DataSense エクスプローラが含まれ、ペイロードのデータ構造に関するリアルタイム情報と、使用可能なすべてのインバウンドおよびアウトバウンドのプロパティまたは変数が提供されます。

コンソール

[Console (コンソール)] ビューには、埋め込み Mule サーバのコンソールが含まれ、Mule アプリケーションの作成または実行時に Studio により報告されたイベントおよび問題 (ある場合) のリストが表示されます。

index 0b4a5

Problems (問題)

[Problems (問題)] ビューには、プロジェクトで発生したすべての問題のリストが表示されます。

index 7bcca

パースペクティブ

Studio のパースペクティブは、特定の配置のビューとエディタのコレクションです。デフォルトのパースペクティブは Mule デザインパースペクティブです。Studio には、Mule デバッグパースペクティブと API デザインパースペクティブも用意されています。

独自のパースペクティブを作成し、任意のデフォルトビューを追加または削除できます。

Anypoint Studio で現在のパースペクティブに新しいビューを追加するには、​[Window (ウィンドウ)]​ > ​[Show view (ビューを表示)]​ に移動して、追加するビューを選択します。

目的のビューがリストに表示されない場合は、[Other…​ (その他…​)] をクリックして、使用可能なビューのリスト全体を読み込みます。

特定の Mule ビュー ([Mule Palette (Mule パレット)] など) や [Mule Debugger (Mule デバッガ)] ビューは MuleSoft フォルダにあります。