プロジェクトへのカスタムモジュールの追加 (Anypoint Studio)

Anypoint Studio でカスタム Mule モジュールを Mule プロジェクトに追加できます。

以下の手順は、Mule SDK を使用して Mule モジュールをコード化していること、および適切なセットアップ手順に従っていることを前提とします。
詳細は、Mule SDK の手順の概要を参照してください。

Mule モジュールは Maven プロジェクトとして開発されるため、カスタム Mule モジュールはローカルまたはオンラインの Maven リポジトリにインストールされる必要があります。

  1. Anypoint Studio プロジェクトで、Mule モジュールの groupId (グループ ID)、artifactId (アーチファクト ID)、および version (バージョン) を使用して pom.xml ファイルを編集します。
    この情報はモジュールの pom.xml で入手できます。例:

    <parent>
        <groupId>org.mule.extensions</groupId>
        <artifactId>mule-ee-core-modules-parent</artifactId>
        <version>1.1.0-SNAPSHOT</version>
    </parent>
    
    <groupId>com.mulesoft.mule.modules</groupId>
    <artifactId>mule-secure-configuration-property-module</artifactId>
    <packaging>mule-extension</packaging>
    <version>1.0.0-SNAPSHOT</version>
    
    <name>Mule Secure Configuration Property Extension</name>
    <description>Mule extension for loading encrypted properties</description>

    これは、Mule モジュールがインストールされているフォルダ構造 ($MAVEN_REPOS_HOME/groupID_path/artifactId/version) にも反映されます。

    上の例では、Anypoint Studio の pom.xml ファイルにより次の連動関係が追加されます。

    <dependency>
    	<groupId>com.mulesoft.mule.modules</groupId>
    	<artifactId>mule-secure-configuration-property-module</artifactId>
    	<version>1.0.0-SNAPSHOT</version>
    	<classifier>mule-plugin</classifier>
    </dependency>

    <classifier> 要素が「mule-plugin」(Mule プラグイン) に設定されています。これにより、Mule プラグインがプロジェクトのパレットに自動的にインストールされます。

  2. 変更を Studio プロジェクトの pom.xml ファイルに保存します。

Anypoint Studio で新しい連動関係がダウンロードされると、新しい Mule モジュールが Studio パレットに表示されます。この例では、Secure Properties Module が [Mule Palette (Mule パレット)] ビューに表示されています。
また、新しい Secure Properties Config 要素をグローバル要素エディタで使用でき、新しい XML 名前空間と XML タグを XML 設定ファイルエディタで使用できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub