メタデータクラスの作成 (Anypoint Studio)

  1. メタデータエディタで [Add (追加)] ボタンをクリックします。

    dw define type2
  2. 新しいメタデータ型の ID を入力し、[Create Type (型を作成)] をクリックします。

  3. メタデータエディタで型ドロップダウンリストを使用して、データ形式を選択します。
    データの型が宣言されていない、または理解されない場合、型はデフォルトの application/java になり、警告がログに記録されます。

選択したオプションに応じて、データ構造の定義方法は異なります。形式によっては、例から構造を推定できたり、スキーマが必要になる場合があります。一部のスキーマでは、組み込みエディタの UI を使用できます。

形式 サンプル スキーマ エディタ

JSON

X

X

XML

X

X

Java

X

X

CSV

X

X

固定幅

X

X

Copybook

X

X

フラットファイル

X

Simple

X

Excel

X

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub