DataSense エクスプローラ

DataSense エクスプローラは、設計時であっても、フローのさまざまな時点のメッセージデータ構造をプレビューできる、Studio の機能です。

フローの特定の要素を選択し、DataSense エクスプローラアイコンをクリックして、フローに入ったデータおよびフローから出たデータの構造を調べます。

datasense+logo

DataSense エクスプローラを使用すると、Mule イベントと Mule メッセージを操作できます。これは、フロー要素の既知の出力項目および互換性のあるコネクタの DataSense メタデータを考慮して、フローの任意の時点の Mule イベントコンテンツを予測します。認識されていない可能性がある特定のフロー要素によって暗黙的に作成された変数であっても、どの情報をどの場所で使用できるかを容易に確認できます。

datasense+explorer2-1

関連情報

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub