Maven プリファレンスリファレンス (Anypoint Studio)

Anypoint Studio では、Maven を操作するためのプリファレンスをカスタマイズできます。

maven preferences reference 7fdf0
プリファレンス 説明 デフォルト値

Display runtime version not available warnings (ランタイムバージョンを使用できないことを示す警告を表示)

有効にすると、pom.xml ファイルで設定されたランタイムバージョンが、プロジェクトで設定されたランタイムバージョンと異なる場合に警告を表示します。

有効化

Use embedded Maven Installation (Maven 3.3.9) (埋め込み Maven インストール (Maven 3.3.9) を使用)

有効にすると、Anypoint Studio に埋め込まれた Maven インストールを使用します。

有効化

Maven Installation home directory (Maven インストールのホームディレクトリ)

ローカル Maven インストールのディレクトリ。
このプリファレンスは、[Use embedded Maven Installation (埋め込み Maven インストールを使用)] を無効にした場合のみ編集できます。

/usr/local/Cellar/maven/3.3.9/libexec

Override user settings path (ユーザ設定パスを上書き)

このオプションを選択すると、Studio のデフォルトのユーザの settings.xml パスが上書きされます。
このオプションを選択した場合、下の [Path To User Settings.xml (ユーザの Settings.xml へのパス)] 項目で、settings.xml ファイルへのカスタムパスを自分で定義する必要があります。

選択解除

Override global settings path (グローバル設定パスを上書き)

このオプションを選択すると、Studio のデフォルトのグローバルの settings.xml パスが上書きされます。
このオプションを選択した場合、下の [Path To User Settings.xml (ユーザの Settings.xml へのパス)] 項目で、グローバルの settings.xml ファイルへのカスタムパスを自分で定義する必要があります。

選択解除

Override Maven Local Repository Location (Maven ローカルリポジトリの場所を上書き)

このオプションを選択すると、Studio のローカルリポジトリのデフォルトの場所が上書きされます。
このオプションを選択した場合、Maven のローカルリポジトリへのカスタムパスを自分で定義する必要があります。

選択解除

MAVEN_OPTS environment variable (MAVEN_OPTS 環境変数)

MAVEN_OPTS には、JVM を起動するためのパラメータ、または実行前に Maven にメモリオプションを渡すためのパラメータが含まれます。

Base command line for builds (ビルド用の基本コマンドライン)

ローカルマシンで Mule プロジェクトを実行するたびに実行される Maven コマンド。

mvn clean package

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub