プロキシ設定 (Anypoint Studio)

プロキシサーバーの背後にコンピュータがあり、そのコンピュータをインターネットに接続してプラグインのダウンロードと更新のインストールを行う必要がある場合、Anypoint Studio でプロキシ設定を定義できます。
Anypoint Studio では、非認証プロキシの設定のみがサポートされます。

  1. プリファレンスビューを開きます。
    OSx では、[Anypoint Studio] > [Preferences…​ (プリファレンス…​)] に移動するか、cmd + , を押します。
    Windows および Linux では、[ウィンドウ] > [Prefereces…​ (プリファレンス)] に移動します。

  2. [General (一般)] の下で [Network Connections (ネットワーク接続)] を選択します。

  3. [Active Provider (有効なプロバイダ)] を選択します。

    • [Direct (直接)] では、Anypoint Studio はプロキシサーバを使用せずに接続を開きます。

    • [Manual (手動)] では、Anypoint Studio は、下のオプションで定義された設定を使用して、接続を開きます。

    • [Native (ネイティブ)] では、Anypoint Studio は、Anypoint Studio がインストールされている OS で検出された設定を使用して、接続を開きます。

  4. スキーマごとにプロキシエントリを選択してそのホストとポート番号を設定する場合は、[Edit (編集)] ボタンをクリックします。

必要に応じて、プロキシにバイパスを追加できます。これは、プロキシを使用してはならないホストのリストです。
[Add Host…​ (ホストを追加…​)] をクリックして、プロキシバイパスリストにホスト名を追加します。
手動プロバイダを設定する場合は、localhost と 127.0.0.1 のデフォルトのバイパスを無効にしないでください。無効にした場合、Studio の埋め込み Mule Runtime が、開発中のアプリケーションに到達できなくなります。

プロキシ設定に変更を適用した場合、Anypoint Studio は、メタデータの取得に使用される Mule インスタンスを再起動し、アウトバウンド接続をテストします。 これが失敗する場合は、[Preferences (プリファレンス)] > [Tooling (ツール)] に移動し、[Restart Instance (インスタンスを再起動)] をクリックして、インスタンスを手動で再起動します。

Studio 7 はアプリケーションを実行するときにプロキシ設定を Mule Runtime Engine に伝播します。
つまり、デプロイされたすべてのアプリケーションがプロキシ設定を継承します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!