Anypoint Studio 更新サイト

Anypoint Studio の更新サイトを使用して、Studio、埋め込み Mule Runtime、コネクタ、または他の便利な開発ツールを更新またはインストールします。

更新サイトへアクセスする

  1. [Help (ヘルプ)] > [Install New Software (新規ソフトウェアをインストール)] に移動します。

  2. [Work with (操作対象)] 項目の横にあるドロップダウンメニューから以下の更新サイトのいずれかを選択します。

他の更新サイトを追加する

以下の更新サイトのいずれかが Anypoint Studio インストールに表示されない場合、そのサイトを手動で追加できます。

  1. [Help (ヘルプ)] > [Install New Software (新規ソフトウェアをインストール)] に移動します。

  2. [Work with (操作対象)] ドロップダウンメニューの横にある [Add…​ (追加…​)] ボタンをクリックします。

  3. 更新サイトを識別する [Name (名前)] を入力し、[Location (場所)] に更新サイトの URL を入力します。

  4. [OK] をクリックします。

正しくない更新サイトから更新をインストールするとエラーが発生する可能性があるため、続行する前に Studio バージョンを確認します。
Anypoint Studio のバージョンを確認するには、[Anypoint Studio] > [About Anypoint Studio (Anypoint Studio について)] に移動します。

Studio 更新サイト

Anypoint Studio アプリケーションとコンポーネント、Mule Runtime、SAP コネクタ、および RAML エディタを更新します。

http://studio.mulesoft.org/s3/updates

次を更新します。

  • DataWeave

  • Mule Runtime 4.1.n EE

Anypoint Studio 用 Mule Runtime 更新サイト

Studio 内に埋め込まれている Mule Runtime バージョンを更新します。

http://studio.mulesoft.org/s3/studio-runtimes/

次を更新します。

  • Mule サーバ Runtime 4.x.x EE

RAML エディタ更新サイト

Anypoint Studio の RAML エディタを更新します。

http://studio.mulesoft.org.s3.amazonaws.com/s2/ramleditor/

MUnit 更新サイト

Mule アプリケーションをテストするための MUnit フレームワーク

http://studio.mulesoft.org/s3/munit

ファイアウォールを介した更新サイトへの接続の許可

ファイアウォール制限のあるネットワークを使用している場合、Studio 更新サイトがブロックされ、拡張機能をダウンロードできないことがあります。次のサイトを許可するようにファイアウォールを設定します。これにより、Studio が上記の更新サイトに接続できます。

ファイアウォールで次のサイトを許可します。

  • http://studio.mulesoft.org/

  • http://repository.mulesoft.org/connectors/releases/

  • http://download.eclipse.org/technology/m2e/releases

  • http://download.eclipse.org/eclipse/updates

  • http://subclipse.tigris.org/

  • http://findbugs.cs.umd.edu/eclipse/

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub