デバッグモードでの Mule サーバの開始

  1. サーバをデバッグモードで開始するには、以下のパラメータを使用します。

    パラメータ 説明
    -M-Dmule.debug.enable=true

    必須。Mule のデバッグモードを設定します。このパラメータを最初に発行します。

    -M-Dmule.debug.port=<port number>

    省略可能。Studio からの受信接続のリスンポートを設定します。設定しない場合、リスンポートは 6666 になります。

    -M-Dmule.debug.suspend=true

    省略可能。Mule の「一時停止」モードを設定します。一時停止モードでは、Mule はアプリケーションの実行を開始した直後に一時停止し、デバッグポートで接続を受信するまでアプリケーションの実行を停止します。

  2. サーバにパラメータを渡すには、以下に示した 2 つの方法のいずれかを実行します。

    1. 方法 1: 次の例のように、コマンドラインでパラメータを適切な順序で Mule に渡します。

      <$MULE_HOME>/bin/mule -M-Dmule.debug.enable=true -M-Dmule.debug.port=1234

      上記のコマンドでは、Mule がフォアグラウンドで開始されます。Mule がフォアグラウンドで実行されている場合に Mule を終了するには、Ctrl+C を押します。

      Mule をバックグラウンドでデバッグモードで開始するには、次のように、mule コマンドの最初のパラメータとして start を発行します。

      <$MULE_HOME>/bin/mule start -M-Dmule.debug.enable=true -M-Dmule.debug.port=1234
    2. 方法 2: 次のように、ラッパー設定ファイル ($MULE_HOME/conf/wrapper.conf) にパラメータを含めます。

wrapper.java.additional.4=-Dmule.debug.enable=true
wrapper.java.additional.5=-Dmule.debug.port=1234

上記のコードで、設定ファイル内の有効なパラメータの番号を反映するようにパラメータ番号を置き換えます。

リモートサーバでアプリケーションにアクセスし、デバッグを開始する前に、まずアプリケーションを目的の Mule サーバにエクスポートし、デプロイする必要があります。

  1. Studio でデバッグアイコン (小さな昆虫で表されている) の横にある矢印をクリックし、[Debug Configurations (設定をデバッグ)] を選択します。[Debug Configurations (設定をデバッグ)] ウィンドウが表示されます。

  2. ウィンドウの左ペインで、[Remote Mule Application (リモート Mule アプリケーション)] をクリックします。

  3. 新規設定アイコン (黄色のプラス記号が含まれる空白ページで表されている) をクリックして、新規設定を追加します。

  4. 設定の必須パラメータを入力します。

    • Name (名前): この設定の名前。

    • Host (ホスト): リモート Mule サーバの場所を示します。

    • Port (ポート): リモート Mule サーバのリスンポートを示します。

[Remote Mule Application (リモート Mule アプリケーション)] を使用して、リモート Mule サーバのアプリケーションをデバッグできます。これを行うには、デバッグモードで Mule サーバを開始し、Studio からサーバに接続する必要があります。

  • デバッグモードで Mule を開始すると、そのサーバで開始する すべて のアプリケーションがデバッグモードで実行されます。

  • リモートデバッグはクラスタでは機能しません。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub