API ゲートウェイの API 自動検出の概念

API 自動検出を使用して、API Manager 内の API を、デプロイされた Mule アプリケーションにペアリングします。

自動検出をセットアップすると、API Manager で API を管理できます。正しくセットアップされると、API の状況が表示されます。API の状況は、API が追跡されている場合は緑のドットとして表され、追跡されていない場合は灰色のドットとして表されます。

自動検出を設定することで、ポリシー管理と API Analytics を使用できます。これらには、API Manager 内からアクセスできます。
Mule アプリケーション内で自動検出が正しく設定されている場合、アプリケーションの API が API Manager ​ により追跡されている ​、または API Manager ​ にペアリングされている ​とみなすことができます。

Mule Runtime の API は 1 つの自動検出インスタンスにのみ関連付けることができます。2 つの自動検出を Mule Runtime 内の同じ API に関連付けることはできません。

前提条件

Mule アプリケーションの自動検出を設定するには、次の要件を満たす必要があります。

  • 基本エンドポイントまたはプロキシエンドポイントを使用して設定された API が API Manager に存在する必要があります。

  • Anypoint Platform ログイン情報を使用するように Mule が設定されている必要があります。

  • 自動検出要素を Mule アプリケーション内で設定する必要があります。この XML 要素は、ペアリング先の API Manager 内の特定の API を参照している必要があります。

プロキシエンドポイントと基本エンドポイント

プロキシエンドポイントを設定した場合、自動生成プロキシは自動検出要素を使用して適切に設定されます。1 クリックデプロイなどのプラットフォームデプロイ機能を使用するように選択した場合、API Manager のログイン情報も自動的に設定されます。
自動生成プロキシについての詳細は、​API プロキシ​セクションを参照してください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub