MuleSoft ドキュメント

Anypoint Platform を使用して、再利用可能な API でアプリケーション、データ、デバイスを接続する構造化されたアプリケーションネットワークを構築します。

Anypoint Exchange の探索

アプリケーションおよびサービスを統合するために MuleSoft で構築する API は、意図的に再利用可能になっており、エンタープライズセキュリティを念頭に置いて構築されます。 これらの API に加えて、コネクタ、サンプル、テンプレートは Anypoint Exchange で見つかります。

RAML フラグメント、カスタムパッケージ、動画、ドキュメントへのリンク、その他のアセットもあります。

統合のデザインおよび構築

Anypoint Studio は Mule アプリケーションおよび API の作成に役立つ Eclipse ベースの IDE であり、Design Center はクラウドベースのツールです。

Mule アプリケーションの作成

API の作成

Anypoint Studio での Mule アプリケーションの構築

Importing an API Definition from Design Center

Design Center でのアプリケーションの構築

Design Center での API の作成

Studio 7 には、Mule アプリケーションおよび API をデプロイするランタイム環境である Mule Runtime (Mule) 4 が含まれています。 以前のバージョンの Studio には Mule Runtime が含まれています。

Mule 3

Mule 4

Anypoint Connectors (for Mule 3)

Mule 4 用コネクタ

DataWeave

Mule 4 用 DataWeave 2

About APIkit

APIkit 4

Connector DevKit

Mule SDK

Studio または Design Center から構築したアプリケーションおよび API をテストして実行できます。

Anypoint Platform 機能の管理

ドキュメントへの寄稿

このドキュメントに寄稿するには、編集するページで [Edit in Github (Github で編集)] を選択し、プル要求を git repo に送信してください。コミュニティ全体で、MuleSoft ドキュメントの改善へのご協力を歓迎します。よろしくお願いします。

アーカイブ済みドキュメント

製造中止になった製品を含めて、古いバージョンの製品のサポートが終了した場合、ドキュメントはhttps://docs.archive.mulesoft.com/[アーカイブサイト]に移動されます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!