オフラインカスタムポリシーの適用

オフラインポリシーは、API Manager 経由ではなく、ランタイムに直接適用されます。この手順では、API にオフラインポリシーを適用する方法について説明します。オフラインポリシーディレクトリにファイルを作成します。Mule がファイルの存在を検出し、ポリシーの適用を開始します。Mule が JSON および XML ポリシーファイルを ​%MULE_HOME%/policies​ の新しいディレクトリ内に生成します。

注意:​ このトピックの情報は Mule 4 での使用にのみ適用されます。

  1. Exchange でパブリッシュされたポリシーテンプレートがある場合、このステップは省略できます。それ以外の場合、ポリシーテンプレートが Exchange でパブリッシュされていないか、Anypoint Platform に接続して Exchange から取得するのを避ける場合は、オフラインポリシーを API に適用する前に、テンプレート JAR を次のディレクトリに置きます。

    %MULE_HOME%/policies/policy-templates

  2. ポリシー設定を定義する JSON ファイルを ​%MULE_HOME%/policies/offline-policies​ ディレクトリに作成します。

  3. ポリシー ID に基づいて JSON ファイルに名前を付けます。

  4. ファイルに次の設定と仕様を含めます。

    • ポリシーテンプレート情報

      オフラインポリシー定義のデプロイに使用するテンプレートの Exchange グループ ID、アセット ID、およびバージョンを指定します。

    • ポリシーを適用する API の ID

    • ポリシーを適用するリソースのリスト

    • ポリシーの順序

    • 定義されているテンプレートが handlebars 変数を使用する場合はパラメータ

      次の例は、典型的なオフラインポリシー定義を示します。

      {
       "template" : {
         "groupId" : "com.mulesoft.anypoint",
         "assetId" : "policyTemplate",
         "version" : "0.1.0"
       },
       "api": [
         {
           "id": "1"
         },
         {
           "id": "2"
         }
       ],
       "order": 1,
       "configuration" : {
         "payload" : "Payload"
       }
      }

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!